MY STAR 仮店舗はこちら

レース経験なし60歳100km初挑戦 の結果

 

珍しく宣伝じゃない記事です。

最後まで読んで「なんだ宣伝かよ」と思うであろうアナタは心が汚れています(笑)。

 

昨日、ランニングコーチ、安藤大さんのこんな発信を発見。

つまり、赤本で☆を98.5個ゲットして初100kmに挑んだもよう。

「すげぇ」と思って安藤さん経由で60歳氏に「おめでとう」をお伝えしたところ、ご本人からメールを受信。

 

なんと小学3年の徒競走以来のレースが富士五湖100km秋だったそう。

 

以下、メール丸写しです(ご本人承諾済み)

 

=========

岩本様

はじめまして。

小3の徒競走以来の富士五湖100km徒競走に出て完走致しました。

無茶だと言われラン歴1年の還暦♂

あか〜い本のサブ4.5を★98.5で終了

約14週間前から白い粉の常習者になった愛知県の木村守と申します。

 

安藤さんを通じてお祝いのメッセージを頂戴しました事、お礼申し上げます。

 

以下、ただのつぶやきです。

 

前々日から現地入り

前日はランニングシューズを履いてホテル引きこもり←当然On

水分はスイカの粉の水溶液

 

当日の朝はお餅7個食べ熱いシャワー浴びてワセリン刷り込み

いざヨーイドン!

 

最初は1人として抜かさず

80km過ぎたらぶっちぎりだぜ!

…のつもりが

 

結果は13:28'21"

 

手元のガーミンの記録だと

平均移動時間7'17"

 

赤い本やら まな板の話しやら

出来る事はやりましたが…

ひとつだけ出来なかった事があるとしたら

エイド5秒ってどおすりゃいいのでしょうか。

おシッコ5秒じゃ無理です。

 

一度も座らず、ウドンも食べず

携帯で泣きながら「もうダメ」って言ってるネェーちゃんを置き去りにし

回収バスを待つ人を石と思い近寄らずしたんですがねェ

 

約1時間20分エイドでロスしてます。コレ今後の課題です。

 

以上ただのつぶやきでした。

ここからはお礼です。

赤い本に出会わなければ無理だったと思います。

お金じゃ買えない還暦祝いを自分にプレゼント出来ました。

感謝!

 

木村

========

 

木村さんから

「ブログ掲載はぜひ岩本節で」

とのリクエストがあったのですが、この快挙はオリジナルのまま無添加でお伝えしたく記事にしてみました。

ほら、結局宣伝だったでしょ(笑)?



本日発売!『月刊 月間走行距離』

 

そんな雑誌、売れるわけないやね。

さて、今は10月。

巷ではオクトーバーランの真っ最中。

オクトーバーランとは10月1ヶ月間の走行距離を競うイベント。

もちろん参加はしていないけれど、いい機会なので月間走行距離について少し考えてみましょう。

 

以下は以前書いた記事を少しアレンジした内容です。

 

よく聞きます。

目標がサブ4なら月間走行距離は250km以上..........

今月は走り込み期で月間走行距離は400km越え.........

目標の月間走行距離200kmまであと6km...........

 

月間走行距離。

目標にする人、結果でしかない人、そもそも計算していない人。

多くは精神安定剤的な安心材料としての位置付けでしょうか。

ダイエットにとっての総摂取カロリー計算や毎朝の体重測定のような。

 

で、岩本の場合は目標でもあり、やっぱり安心材料でもあるのかな。。。

 

見聞きするに、

「月間350kmやったのにタイム落ちる一方......」

とか

「月間150kmでサブ3」

など、多ければいいと思ってるのに少なくてもいいの?悪いの?

いったいどれが正解なの?

という考え出したら出口からどんどん遠ざかるという声が多いようです。

 

膨大な人数のアクティブランナーの練習内容&量&結果を日々定点観測していた時期がありまして・・・、

(男女半々。2h23〜4h31)

そこから浮かび上がってきたデータ(というか傾向)について考えてみました。

 

納得の練習が出来てレースの結果も納得な人の共通点が浮かび上がります。

月間走行距離のうち、

「ポイント練習の合計距離」が何割で「つなぎの合計距離」

を見ていくと、

「ポイント練習の合計距離」と「つなぎの合計距離」がほぼ同じ割合が効率的なような気がします。

これはもう、多くの「うまくいったレース」をしたランナーに恐ろしく共通する比率。

 

どういうことかと言うと、例えば効率よく練習&結果な人が月間300kmだった場合、

ポイント練習の合計距離 150km

つなぎの合計距離    150km

合計       300km

となっています。

 

ポイント練習の合計距離・・・

例えば週中に1回スピード練習、週末に1回ロング走をしているとしたら、その2回の合計距離。

 

つなぎの合計距離とは・・・

例えばポイント練習翌日のジョグなど強度の低い疲労回復(向上ではなく維持)目的の合計距離。

 

 

もう少し具体的に書くと、女性で順調にサブ3.5達成。月間距離は240kmのAさんの実例。

月:オフ

火:60分ジョグ

水:15kmビルドアップ

木:45分ジョグ

金:オフ

土:峠走15km

日:60分ジョグ

 

ポイント練習距離合計

水:15km + 土:15km = 30km

 

つなぎ距離合計

火:11km + 木:8km + 日:11km = 30km

 

月間走行距離合計   240km

 

という感じ。

 

 

似たケースでは男性Bさん 月間300kmでサブ3達成の実例。

ポイント 150km + つなぎ150km = 300km

う〜ん、なるほど。

 

長くなりました。

本題です。

では、たまに目にする「月間走行距離150kmでサブ3」とう例。

「すっげ〜!」

と思いませんか?

 

実際に存在します。(これは実例ではなく)例えばCさん。

 

BさんとCさんは晴れてサブ3達成。

でも月間走行距離は300kmと150km。倍もの開き、これはいったい。。。

月間300に対し150。

でもポイント練習の合計が実は150に対し150。

 

つまり、Cさんはすべてがポイント練習でつなぎはナシというわけ。

ここで「つなぎ」の目的について・・・、

疲労回復と走力維持が目的です。

よくある例が、月間走行距離を維持するためにつなぎで20km走るなどして、逆に疲労してしまいポイント練習が出来なくなったり軽くなってしまう例。

結果、月間300km走ったのにポイント80km、つなぎ220km。

レースは結果出ず。。。

 

恐らくCさん、つなぎの代りにいい疲労回復法をお持ちなのか、疲労が抜けやすい体質をお持ちなのか、翌日には疲労が取れるような食事&睡眠をしているのか、なんなのか分かりませんが、ちゃんとキツい練習で追い込んでいてラクな練習をしていないだけなのではないかと思われます(Cさんは架空の人物だから極端だけど)

 

ふと思ったのが、けっこう話は飛びますがお酒を例えにしてみるとわかりやすいかも。

アルコール5%のビール350cc缶を飲むとしましょう。

う〜ん、酔わない...........月間350kmでポイント練習は5%の17.5kmだから?

 

アルコール43%のブランデー200ccの場合、

けっこう酔う。月間200kmに対してポイントは43%にあたる86kmだから?

 

で、人によってアルコールに対する耐性もまちまち。

まるでランナーで言えばRUNの資質のよう。

 

さて戻りましょう。

 

 

4ヶ月前 ポイント2 つなぎ8

3ヶ月前 ポイント3 つなぎ7

2ヶ月前 ポイント4 つなぎ6

1ヶ月前 ポイント5 つなぎ5

 

と、こんな傾向も浮かび上がってきました。

 

距離も大事だけど中身も大事ね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ランジはランジでもなぜジャンピングランジなのか

 

10月に入り、勝手に「オクトーバチャレンジ」始めました。

エグかったり時間がかかったり、キツかったり始める前に勇気が必要なモノは続かないのでナシ。

絶妙な初心者っぽさが初々しさをそそります(←ねーよ)。

2分で終わるぜ、これ。

 

ジャンピングランジ 20回

腹筋ローラー 20回

 

地味に地道にやることで変わるんですよいろいろ。

 

さて前置きはこれくらいにして。。。

 

ランジというと、

◎フロントランジ

直立状態から片足を前に踏み出し→戻す を左右交互に繰り返す

 

◎バックランジ

直立状態から片足を後ろに引き→戻す を左右交互に繰り返す

 

◎ウォーキングランジ

前に踏み出し身体を沈め→左右交互に繰り返し→前に進む

 

◎ジャンピングランジ

その場で上に跳んで前後に脚を開き→着地→そのままジャンプし→脚を入れ替え→着地

 

などなど、いろいろあります。

おススメはジャンピングランジ。

その他のランジはRUNにはあまり向きません。

なぜか・・・、

 

着地衝撃がないから。

 

着地衝撃があることですべての脚筋が瞬時に強く収縮します。

ゆるいランジは着地衝撃がないため、収縮速度もゆるく強度も低めです。

 

なぜ、瞬時に強く収縮する必要があるのか・・・、

 

RUNの(下半身の)収縮はすべて強く速いからです。

RUNの着地による筋収縮はなぜ起きるのかというと、関節を守り、身体の沈み込みを抑え、姿勢を安定させるため。

ゆっくり着地していたら間に合わないんです。

 

よく、筋トレで言われる、

◎使っている筋肉を意識して

◎ゆっくりゆっくり

◎吸って吐いて呼吸と連動させて

 

という方法は(RUNに)使える筋肉を作ろのではなく、見せる筋肉を作るためのもの。

◎RUNでは脚筋を意識的に使っていません

上半身(腕振り)で作られた動きに連動して無意識に作られます。

 

◎RUNではゆっくりゆっくり収縮させることはありえません

関節を守り、身体の沈み込みを抑え、姿勢を安定させる必要があるから。

 

◎RUNでは呼吸と連動した収縮はありえません

走ればわかるよね?

 

だからRUNでは、

◎使っている筋肉を意識して

◎ゆっくりゆっくり

◎吸って吐いて呼吸と連動させて

はナシ、です。

 

より強く、速く収縮させる必要があるのです。

いっちゃうと日々の、

つなぎジョグ

ポイント練習のロング走やビルドアップ

峠走やインターバル

はすべて強く速く収縮する動きに対応する筋肉を作るために(も)やっているのです。

(維持を含め)

 

ボクサーの練習風景で↓こんな場面を見ることがありませんか?

 

何を鍛えていると思いますか?

そう、腹筋です。

なぜ、皆さんが大好きな上体起こしではなくこんな痛そうなやり方をしているのでしょうか。

 

ボクサーは見せるための腹筋ではなく勝つための腹筋が必要なんです。

見せるための腹筋なら、ゆっくり、意識して、呼吸と連動 した上体起こしで十分です。

でもボクサーは勝たなきゃならない。敵のパンチから内臓を守らなければならない。

 

敵のパンチ、

不意に来ます。

速く来ます。

強く来ます。

だから強く速い収縮が必要なんです。

そのために、腹筋に不意にボールを落とすんです。

吸ったり吐いたり意識してたら内臓アウト。

ゆっくり収縮してたら間に合わない。

 

RUNの筋収縮も同じです。

 

平地ばかり走っていて、突然峠走をやってみると、翌日前ももがヤバいことになっているのは、いつものゆるい筋収縮になれた脚筋が強く速く収縮させられないがためにダメージを受けて翌日に前ももがヤバいことになるんですね。

 

前ももを鍛えるなら峠なんかに行かず↓これでよくないですか?

 

ランジで鍛える筋肉をちゃんと使ってるし。。。

 

ダメですってば!

この人のこの筋トレ、

◎使っている筋肉を意識して

◎ゆっくりゆっくり

◎吸って吐いて呼吸と連動させて

やっているはずです。

なぜなら使う筋肉ではなく見せる筋肉を構築したいから。

 

この人が(仮にRUN習慣がないとして)明日、10km走ったら間違いなく前ももヤバいはずです。

こんなに一生懸命トレーニングしてぱっと見立派な脚筋をつけているのに、です。

週に2回、5km走っているあなたの場合、どうですか?

筋肉痛にならないですよね?この黄色い人よりぱっと見貧弱な脚筋なのに。

理由はもうお判りだと思うので省きます。

 

超久しぶりに走ると、強く速い筋収縮から遠ざかっていた脚筋はもちろん、

脊柱起立筋(背骨の両脇の筋肉)や脇腹や腰の筋肉まで筋肉痛になったりしませんか?

身体の沈み込みを抑えたり、関節を守ったり、姿勢を保つために上半身もまた強く速い収縮が必要だった証拠です。

 

長々とごめんなさい。

そんなわけで、ランジはランジでもジャンピングランジなんです。

 



女性ランナーが男性よりどれだけ頑張っているかを数字でお見せしましょう

 

長ったらしいタイトルで失礼しました。

 

今、読んでいる本がほんとおもしろくてすでに3周目に突入しています。

 

 

ネタバレしない程度にきょうのテーマいきますね。

遺伝子の影響で男性は女性よりもずっとランニング(特にマラソン)に向いてるというデータの数々。

だからレースは男女別だし、表彰や記録も男女別。

 

いいですか!世の男性ランナーの皆さん!

だから女性ランナーを風除けに使うとか、

皇居でストーカーみたいにぴったり張り付いて走ったりとか、

ラスト30メートルで先行して勝ち誇ったりとか、

男子に抜かれてもなすがままなのに女性に抜かれたら意地で抜き返すとか、

そもそもライバル視したり目標にするなんてアウトな行為なんだぞ!

むしろ逆に引っ張って差し上げるとか、

走りやすいコースを開けて差し上げるとか、ラスト勝負で順位ひとつ譲って差し上げるとかするのがオトコってもんじゃね!?

ってコトを言いたいのではありません。

 

100メートルからウルトラマラソンに至るまでそのほぼ全ての種目で女子は男子よりも11%遅い訳です。

つまり平均的男性があるコースを89分で走るとしたら平均的女性は11%遅い100分で走って対等ということ。

女性より1%速いだけで勝ち誇るって違うかも・・・。

実際はその女性より10%遅いんだからなああなたは。

 

で、具体的にどんな違いがあるかというと・・・、

最も顕著なのは筋肉量。

男性の上半身は女性よりも80%も多く、走るために重要である下半身は50%も多いらしい。

つまり(筋肉量と出力が比例するとしたとして)男性は同じ労力で女性の何倍もラクに前に進むコトができる訳です。

 

筋肉量だけでなく、酸素を運ぶ赤血球だって男性の方が15〜20%も多い訳です。

つまり、男性の方が女性と比べて酸素が15〜20%も濃いコースを走っていることになります。

逆に言うと男性ランナーが快適に走っている時、隣の女性は高地トレーニング並みの負荷がかかってるんだぞ覚えといてね!

そりゃラクだわね。

 

そのほか、オモリにしかならない(であろう)脂肪も男性の方が少ない。

 

さらに骨格的にも男性に比べて女性は骨盤の左右の幅が広い。

ということは膝までの角度が大きくなって、同じコースを走るにしても重心が蛇行せざるを得ず、前方向にエネルギーを向けることが難しいとのこと。

男子、いつもそんなにラクしてるのかよお前!(俺!)

 

そしてこんな衝撃的な数字が。。。

女性に対して男性のRUN適性は「標準偏差3」(←よくわからない人はスルーね。俺もわからん)だそう。

それってどういうことかというと・・・、

街で無作為に選び出した1000人の男性の中で、女性に劣るのはわずかに2人。

つまり1000人中998人の男性は(データ上)女性より速いのが当たり前!ということでもあるわけ。

 

つまり、

いいですか!世の男性ランナーの皆さん!

だから女性ランナーを風除けに使うとか、

皇居でストーカーみたいにぴったり張り付いて走ったりとか、

ラスト30メートルで先行して勝ち誇ったりとか、

男子に抜かれてもなすがままなのに女性に抜かれたら意地で抜き返すとか、

そもそもライバル視したり目標にするなんてアウトな行為なんだぞ!

むしろ逆に引っ張って差し上げるとか、

走りやすいコースを開けて差し上げるとか、

ラスト勝負で順位ひとつ譲って差し上げるとかするのがオトコってもんじゃね!?

ってコトを言いたいのですよ俺。

(はい頑張ります俺も)

 

 

 



今月の通販開始しました(SOLD OUT)

 

終了しました。ありがとうございました。

発送は10月2日の予定です。

次回は10月25日午前6時から72時間オープンの予定です。

 

ショップはこちらです。

商品の詳細ページはこちら、またはこの記事の一番下です。

 

ビックリの

◎ リピート率81.4%

◎ 3年後継続率73.3%

という集計(2015年10月25日〜2018年11月28日現在)が出ました。

深夜の通販番組の売込みのようにならないように(笑)、送信いただいた文章を(多少体裁は整えましたが)そのまま載せています。

(逆にかなり怪しくなってます(笑))

 

Badwater135優勝!◎チャンプ石川佳彦(30歳)徳島県

24時間走世界チャンピオン、スパルタスロン優勝、Badwater135優勝

スパルタスロン後の蓄積疲労抜きを短期間で解消し24時間アジアオセアニア選手権優勝

 

◎島田順子(54歳)東京都

514kmレースを104時間でゴール。今年はスパルタスロン参戦決定。貧血、浮腫み改善

 

◎Yukki(55歳)東京都

2018年24時間走50代世界ランク7位。今年はスパルタスロン参戦予定。リピート歴7年

 

◎武田響(19歳)沖縄県

走りません

お肌のため。キメ、毛穴、皮脂、ニキビ、化粧崩れ対策

 

◎伊藤由香(45歳)愛知

フル 3時間04分

300~400km/月

体調がよく、お酒が残らなくなった

 

◎尾崎陽一(41歳)大分県

100km 8h56

さくら道 31h16

スパルタスロン 34h59

以前から悩まされていたレース翌日の歩行困難状態から脱却

 

◎ルリ(40代)東京都

フル 2:58

(現在MY☆STARで一番速い女子・岩本注)

みんなが飲み始めたら、ますます強くなっちゃいそうで…できれば教えたくないサプリです(笑)

 

◎大川紀夫(48歳)東京都

100km 8:39:15

スパルタスロン 33:03:11

レース中にも必ず摂取。スパルタスロン翌日も朝3:00にシャキッと目覚め

 

◎小椋桃子(40代)

2018さいたま国際3'26'32

8/10の両脚大腿骨の疲労骨折診断からの大量摂取が8/26北海道マラソンで復活

 

◎高橋有紀子(40代)大阪府

100km 10時間12分

他のサプリに浮気していた半年間、爪の伸びが鈍ってやっぱり出戻り

 

◎向江ポール司(43歳)沖縄県

フル 2:57

100km 8:39

スパルタスロン 26:24(2018年11位)

ポイント練習後、レース前中後、飲酒前中後に

 

◎ミケ(56歳)神奈川県

フル 約6時間

激務の息子共々、体調維持に。風邪を引きにくくなりました。

 

=== この通販は一般の方もご利用いただけます ===

(ごく稀にMY☆STARメンバー専用ですか?と聞かれるので)

10月25日6:00から72時間限定です。

(在庫がなくなり次第、終了します)

 

お店はこちらです→SHOP MYSTAR

より多くの皆様にご利用いただきたいのですが数量に限りがあるため、原末系(グルタミン、オルニチン)はお一人様6セットまでとさせていただきます。

以下、いつものようにコピーいたします。

よろしくお願い致します。

 

※ お支払いは銀行振込のみです(現在クレジットカード、代金引換はご利用いただけません)

 

【 超重要です。】

発送はヤマトのネコポスになります。
        ※できるだけ発送日までにご入金をお願いしています(ご協力ください)。
        ※最下部の【ご注意】をご確認ください。

 

商品紹介を一部加筆しました→L-グルタミンとオルニチン加筆←ぜひ読んでみてください。

以下は恒例のコピー記事です(手抜きでごめんなさい)。

今回もきょうから3日間、受注します(なくなり次第終了です)。
では、今回も先月のコピー記事で失礼します。

 

コナ系はすべて国産 純度100%です。
 原末A. L-グルタミン500g
 原末B. L-グルタミン500g + オルニチン100g
 原末C. L-グルタミン500g + オルニチン200g 
 原末D. L-グルタミン500g + オルニチン300g 
です。

 ※A〜Dそれぞれ100セット限定です。

 

ヘムライズ付きセット

ヘムライズの詳細はこちらでどうぞ。

原末A. L-グルタミン500g + ヘムライズ60g
原末B. L-グルタミン500g + オルニチン100g + ヘムライズ60g
原末C. L-グルタミン500g + オルニチン200g + ヘムライズ60g
原末D. L-グルタミン500g + オルニチン300g + ヘムライズ60g
です。

 ※A〜Dそれぞれ100セット限定です。

 

さてさて、
通販について、取り扱い商品は現在大きく分けて2のカテゴリーがあります。


1つは岩本が自分に必要だけど、原末メーカーから個人で調達するとしたらとても量が多過ぎて現実的とはいえなかったものを「共同購入」のような形で直接仕入れて分包し、皆さんにお売りした、ということがはじまりのアミノ酸系の原末
・L−グルタミン原末 500g
・オルニチン原末 100g 200g 300g

 

2つ目は長くお付き合いしているメーカーさんの商品(アリスト社など)

です。

 

L−グルタミンとオルニチンについては過去の記事で読むことが出来ます。


L−グルタミン
「今1番弱っているトコロに効く」というアミノ酸。
だから過去の記事のようなコトも起こるし、RUNやRUNで疲労した身体に有効です。
L-グルタミンが含まれたサプリメントは多々ありますが、これは原末です。


これ、岩本がレース前の鍛錬期やレース中に、より高品質な原末を探していたところたどり着いたワケですが、1kgや2kgという小さい単位で買うことが出来なかったため、チームのメンバーと共同購入したことから口コミでウワサが広がり、通販を開始するに至った、という歴史(?)を持つブツです。
現在、購入される人の8割がリピーターさんです。


反響として多いのは、疲労が抜けやすい、朝がラク、はもちろん、肌、ツメなど身体の外側の変化の他、意外なところでは口内炎、胃痛、ムクミに効く、などでしょうか。
あとは忘れてはならないのが肝臓。
お酒の前中後に、って人は多分岩本だけじゃないかと思います(笑)。


オルニチン
話題ですよね。
「しじみ◎◎個分!」というアレです。
疲労物質の除去や解毒は腎臓、肝臓が頑張っているわけだけど、主にそれらの働きを強力にアシストするようです。
ただ、「しじみ◎◎個分!」というアレは飲みやすく錠剤になっていますがコチラの原末は文字通り原末ですから・・・・要するに・・・「不味い」です。
逆に言えば100%オルニチンなので一気に摂ることが可能です。


オルニチンで有名な協和発酵バイオの原末が手に入って使ってみたらすごくよかったのでL−グルタミンと同じように通販にラインナップしました。
この原末も事前に試したモノ同様、協和発酵バイオのモノです。
扱い始めて5ヶ月経ちますが、あっという間にほとんどの人がL−グルタミン+オルニチンのセット購入になりました。


周囲からはとにかくムクミに効くという声。
ムクミっていまだに「水分の摂り過ぎ」だと思っている人がいますけど、原因は体内の疲労物質や有害物質を腎臓、肝臓で分解しきれなかったことで発生する現象。
つまり、腎臓、肝臓がキャパオーバーで仕事をやり残して朝を迎えた、または現在進行形でその作業が追いついていない、ということなんですよね。
疲労管理、生活にもRUNにも大切だと思います。


あと、同じ「L−グルタミン」、「オルニチン」として売られているモノの製品の違いについては、コチラの記事で詳しく書いています→「純度」

 

L−グルタミンは1回5gが目安です。
(5gはペットボトルのキャップに軽く1杯が目安)
そのまま口に入れて水で飲み込んでください。
朝晩、RUN後、お酒後など。


オルニチンは1回1〜2gをL-グルタミンと同じタイミングで。
同じように水で飲み込んでください。ただし、まずいっす。


◆ ファストウォーター
こんなものです!という開発秘話なんかもアリの記事がランネットにアップされています。
ぜひコチラをどうぞ。
スイカ味の経口補水ドリンク粉末です。 

 

◆ エナジージェル メダリスト
アップルとグレープフルーツ、ブドウ、コーヒーの4種類があります。
それぞれミックスのパッケージもあります。

 

◆ アミノダイレクト(BCAA粉末)
BCAAは前世界的に「不味いもの」と言われてますが、これはかなり◎です。

増量キャンペーン中です。

◆ スーパーメダリスト9000
クエン酸 3000mg
BCAA 4000mg
HMB 500mg
L-グルタミン 500mg
カフェイン 100mg
詳しくは↑のリンクからご確認を。。。

増量キャンペーン中です。

◆ メダリスト500mg
クエン酸飲料のド定番。500cc用の粉末です。
 

◆ メダリスト乳酸菌

アリスト社の新商品、取り扱い開始しました。

乳酸菌1000億個含有です。

 

詳しくはコチラを!

(凄いっすよね↑)

更新!店長日記MEDALIST乳酸菌のこと

(店長日記は岩本ではなくMY☆STARのとある女子メンバーが書いています)


【ご注意】
        ・すべての商品はヤマトのネコポスでの発送です。
         ・ネコポスの規格内におさめるため、超簡易包装になることをご容赦ください。
         ・ネコポスは戸別配達ではなく、郵便受けへの投函になります。
         ・複数点数をご購入の場合、日がずれて届く場合があります。
         ・地域によっては発送日から3日ほど要する場合があります。
         ・3日ほど経っても届かない場合、必ずご連絡をください(発送漏れの可能性があります)。
         (contact☆club-mystar.com ←☆を@に変えてください)



本日の露出とお知らせ2点

 

弾丸1泊の那覇仕事から台風から逃れ、なんとか帰京できました。

 

まず、本日の露出です。

月刊ランナーズ11月号。

連載12回目。

後ろの方に掲載されています。

けっこうタイムリーな話題なのでよろしければぜひ。

 

お知らせです。

25日開始の72時間通販の件です。

(詳細はこちら。←先月のもの)

 

◎増税時ですが今月は価格据え置き

発送は10月3日の予定ですが、メーカーから弊社への納品が9月30日なのでギリ8%につき。

 

◎定期購入について

昨年11月からの年間定期購入(毎月コース、隔月コース)の最終12回目発送が10月3日(隔月コースは最終6回目が9月3日発送済み)です。

好評につき、この定期購入を継続します。

現在定期購入をご利用の皆さんには個別にメールをお送りしますのでご確認ださい。

新たに定期購入をご希望の皆さんは10月中にこのブログでお知らせしますのでご確認ください。

 

こんな人↓はぜひご利用ください。

・気づいたら毎月25日からの72時間が過ぎていて買い忘れる

・毎月クリックするのが面倒

・毎月入金するのが面倒

こんな人↑はぜひご利用ください。

※勝手に毎月(隔月コースは奇数月)2〜4日に届きます。

 

皆さん、よい連休を♪

 

 

 

 



おもしろかった本

 

本当に色々調べて、取材して多角的視点からまとめられた本のように感じました。

おもしろかったですよ、これ。

 

まず・・・、

◎小難しそうに見えるけれど遺伝学の類の本ではない

◎結局、「遺伝子(持って生まれた資質)がすべて!」ではない

◎それを志すレベルなら「ある程度」までは必ず到達する(かも)

的な中身なので、とっつき難くはないです。

500ページ以上あるけれど、深く掘り下げ過ぎているわけではなく事例を多く取り上げてくれているってだけでスイスイ読めます。

 

以下、ネタバレしない程度に。。。

目次・・・、

 

裏表紙

 

権威ある1600kmの犬ぞりのレースがあって、でも彼には優秀な身体能力のある犬はいない。

でもその中で集団レース中も絶対に手(足?)を抜かない犬がいた、と。

(集団でそりを引かせても手綱から特定の犬がサボっていることはすぐわかるそう)

経済的に身体能力に優れた血統の犬を入手することは不可能なため、絶対にサボらないその犬の血統で集団を固めたところ優勝・・・。

気づけば犬ぞりレース界はその犬がメイン血統に。。。

 

勤勉さや一生懸命、努力なんかも後天的要素ではなく遺伝するということだそうです。

競馬なんかでも勝つ気がある馬っていますよね。

思うに、そういう馬って運動能力と一緒に「勝ちたい」とか「勝つために頑張る」遺伝子も受け継いでいるから良血なのかな、なんて思いました。

 

と同時に「なるほどね」です。

だから俺はスキあらばサボるし、いかにラクして勝つかばかり考えていて、

「勝てば手柄で負ければ人のせい」的なのも、なるほど代々遡っても周りの血縁見ても大成したアスリートは皆無。

(そこそこは結構いる)

つまり「そこそこ頑張る血統」。

はい残念(笑)!

 

で、同じ章で紹介さていたのがBadwater135で何度か同じレースを走ったパム・リードさん(アメリカ)。

Badwater135では1位、1位、2位をはじめ他のレースでも数々のリザルトを積み重ねている年上の女性。

なにしろ、練習は「やらなきゃ」ではなく「やらずにいられない」そうで、俺みたいに「仕方なく」とか「凡走恥ずかしいから」ではなく本当に練習が、というより「やらなきゃ」ではない時点で「練習」ではなく「遊び」なのだろうけど、やらずにいられないらしい。

とめなければ1日4回とか練習しちゃうらしい。

きっと、レース翌日とかも「今日ぐらいいいか」ではなく「なぜ今日走っちゃダメなの?お願い走らせて!じゃなきゃ私、死んじゃう!」なのかもです。

(↑岩本的解釈)

 

思うにリスがくるくる回るホイールの中を走るのは鍛錬でもダイエットでも練習でもなく「楽しいから」やるってのと近いかもです。

羨ましすぎる。

そりゃ目標と壊れない脚さえあれば「勝ったも同然」じゃないか。

俺なんか、レース(を含む鍛練期)ってのは他者でもコースでも時計でもなく怠心との戦いだからね。

 

その他、

メジャーリーガーのMVPプレーヤーがなぜ女子ソフトボール投手の球を打てないのか、とかチェス選手や音楽家のアマチュアとプロの間にある明確な差なんてほんとむち打ち症になるくらいうなずいちゃった。

 

強く共感できたのは、

1日5時間の同じ内容の鍛練でも「仲間と楽しく」や「遊びの中で」的なものより「孤独」や「苦痛と忍耐」がともなった方が効果がある、ってこと。

(↑俺的解釈)

サークルと体育会の差もそうだし、一人でポイント練習が出来るウルトラランナーの成長曲線なんかにも共通するのかな、となるほど納得。

 

キリがないのでこのへんにしておきます。

が、買うならついでに俺の本もよろしくね(笑)。

 

 

 



今月の通販開始しました(終了しました)

 

時間前ですが売り切れたので終了しました。

ありがとうございました。

発送は9月3日の予定です。

 

ショップはこちらです。

商品の詳細ページはこちら、またはこの記事の一番下です。

 

ビックリの

◎ リピート率81.4%

◎ 3年後継続率73.3%

という集計(2015年10月25日〜2018年11月28日現在)が出ました。

深夜の通販番組の売込みのようにならないように(笑)、送信いただいた文章を(多少体裁は整えましたが)そのまま載せています。

(逆にかなり怪しくなってます(笑))

 

Badwater135優勝!◎チャンプ石川佳彦(30歳)徳島県

24時間走世界チャンピオン、スパルタスロン優勝、Badwater135優勝

スパルタスロン後の蓄積疲労抜きを短期間で解消し24時間アジアオセアニア選手権優勝

 

◎島田順子(54歳)東京都

514kmレースを104時間でゴール。今年はスパルタスロン参戦決定。貧血、浮腫み改善

 

◎Yukki(55歳)東京都

2018年24時間走50代世界ランク7位。今年はスパルタスロン参戦予定。リピート歴7年

 

◎武田響(19歳)沖縄県

走りません

お肌のため。キメ、毛穴、皮脂、ニキビ、化粧崩れ対策

 

◎伊藤由香(45歳)愛知

フル 3時間04分

300~400km/月

体調がよく、お酒が残らなくなった

 

◎尾崎陽一(41歳)大分県

100km 8h56

さくら道 31h16

スパルタスロン 34h59

以前から悩まされていたレース翌日の歩行困難状態から脱却

 

◎ルリ(40代)東京都

フル 2:58

(現在MY☆STARで一番速い女子・岩本注)

みんなが飲み始めたら、ますます強くなっちゃいそうで…できれば教えたくないサプリです(笑)

 

◎大川紀夫(48歳)東京都

100km 8:39:15

スパルタスロン 33:03:11

レース中にも必ず摂取。スパルタスロン翌日も朝3:00にシャキッと目覚め

 

◎小椋桃子(40代)

2018さいたま国際3'26'32

8/10の両脚大腿骨の疲労骨折診断からの大量摂取が8/26北海道マラソンで復活

 

◎高橋有紀子(40代)大阪府

100km 10時間12分

他のサプリに浮気していた半年間、爪の伸びが鈍ってやっぱり出戻り

 

◎向江ポール司(43歳)沖縄県

フル 2:57

100km 8:39

スパルタスロン 26:24(2018年11位)

ポイント練習後、レース前中後、飲酒前中後に

 

◎ミケ(56歳)神奈川県

フル 約6時間

激務の息子共々、体調維持に。風邪を引きにくくなりました。

 

=== この通販は一般の方もご利用いただけます ===

(ごく稀にMY☆STARメンバー専用ですか?と聞かれるので)

4月25日6:00から72時間限定です。

(在庫がなくなり次第、終了します)

 

お店はこちらです→SHOP MYSTAR

より多くの皆様にご利用いただきたいのですが数量に限りがあるため、原末系(グルタミン、オルニチン)はお一人様6セットまでとさせていただきます。

以下、いつものようにコピーいたします。

よろしくお願い致します。

 

※ お支払いは銀行振込のみです(現在クレジットカード、代金引換はご利用いただけません)

 

【 超重要です。】

発送はヤマトのネコポスになります。
        ※できるだけ発送日までにご入金をお願いしています(ご協力ください)。
        ※最下部の【ご注意】をご確認ください。

 

商品紹介を一部加筆しました→L-グルタミンとオルニチン加筆←ぜひ読んでみてください。

以下は恒例のコピー記事です(手抜きでごめんなさい)。

今回もきょうから3日間、受注します(なくなり次第終了です)。
では、今回も先月のコピー記事で失礼します。

 

コナ系はすべて国産 純度100%です。
 原末A. L-グルタミン500g
 原末B. L-グルタミン500g + オルニチン100g
 原末C. L-グルタミン500g + オルニチン200g 
 原末D. L-グルタミン500g + オルニチン300g 
です。
 ※A〜Dそれぞれ100セット限定です。

 

ヘムライズ付きセット

ヘムライズの詳細はこちらでどうぞ。

原末A. L-グルタミン500g + ヘムライズ60g
原末B. L-グルタミン500g + オルニチン100g + ヘムライズ60g
原末C. L-グルタミン500g + オルニチン200g + ヘムライズ60g
原末D. L-グルタミン500g + オルニチン300g + ヘムライズ60g
です。
 ※A〜Dそれぞれ100セット限定です。

 

さてさて、
通販について、取り扱い商品は現在大きく分けて2のカテゴリーがあります。


1つは岩本が自分に必要だけど、原末メーカーから個人で調達するとしたらとても量が多過ぎて現実的とはいえなかったものを「共同購入」のような形で直接仕入れて分包し、皆さんにお売りした、ということがはじまりのアミノ酸系の原末
・L−グルタミン原末 500g
・オルニチン原末 100g 200g 300g

 

2つ目は長くお付き合いしているメーカーさんの商品(アリスト社など)

です。

 

L−グルタミンとオルニチンについては過去の記事で読むことが出来ます。


L−グルタミン
「今1番弱っているトコロに効く」というアミノ酸。
だから過去の記事のようなコトも起こるし、RUNやRUNで疲労した身体に有効です。
L-グルタミンが含まれたサプリメントは多々ありますが、これは原末です。


これ、岩本がレース前の鍛錬期やレース中に、より高品質な原末を探していたところたどり着いたワケですが、1kgや2kgという小さい単位で買うことが出来なかったため、チームのメンバーと共同購入したことから口コミでウワサが広がり、通販を開始するに至った、という歴史(?)を持つブツです。
現在、購入される人の8割がリピーターさんです。


反響として多いのは、疲労が抜けやすい、朝がラク、はもちろん、肌、ツメなど身体の外側の変化の他、意外なところでは口内炎、胃痛、ムクミに効く、などでしょうか。
あとは忘れてはならないのが肝臓。
お酒の前中後に、って人は多分岩本だけじゃないかと思います(笑)。


オルニチン
話題ですよね。
「しじみ◎◎個分!」というアレです。
疲労物質の除去や解毒は腎臓、肝臓が頑張っているわけだけど、主にそれらの働きを強力にアシストするようです。
ただ、「しじみ◎◎個分!」というアレは飲みやすく錠剤になっていますがコチラの原末は文字通り原末ですから・・・・要するに・・・「不味い」です。
逆に言えば100%オルニチンなので一気に摂ることが可能です。


オルニチンで有名な協和発酵バイオの原末が手に入って使ってみたらすごくよかったのでL−グルタミンと同じように通販にラインナップしました。
この原末も事前に試したモノ同様、協和発酵バイオのモノです。
扱い始めて5ヶ月経ちますが、あっという間にほとんどの人がL−グルタミン+オルニチンのセット購入になりました。


周囲からはとにかくムクミに効くという声。
ムクミっていまだに「水分の摂り過ぎ」だと思っている人がいますけど、原因は体内の疲労物質や有害物質を腎臓、肝臓で分解しきれなかったことで発生する現象。
つまり、腎臓、肝臓がキャパオーバーで仕事をやり残して朝を迎えた、または現在進行形でその作業が追いついていない、ということなんですよね。
疲労管理、生活にもRUNにも大切だと思います。


あと、同じ「L−グルタミン」、「オルニチン」として売られているモノの製品の違いについては、コチラの記事で詳しく書いています→「純度」

 

L−グルタミンは1回5gが目安です。
(5gはペットボトルのキャップに軽く1杯が目安)
そのまま口に入れて水で飲み込んでください。
朝晩、RUN後、お酒後など。


オルニチンは1回1〜2gをL-グルタミンと同じタイミングで。
同じように水で飲み込んでください。ただし、まずいっす。


◆ ファストウォーター
こんなものです!という開発秘話なんかもアリの記事がランネットにアップされています。
ぜひコチラをどうぞ。
スイカ味の経口補水ドリンク粉末です。 

 

◆ エナジージェル メダリスト
アップルとグレープフルーツ、ブドウ、コーヒーの4種類があります。
それぞれミックスのパッケージもあります。

 

◆ アミノダイレクト(BCAA粉末)
BCAAは前世界的に「不味いもの」と言われてますが、これはかなり◎です。

増量キャンペーン中です。

◆ スーパーメダリスト9000
クエン酸 3000mg
BCAA 4000mg
HMB 500mg
L-グルタミン 500mg
カフェイン 100mg
詳しくは↑のリンクからご確認を。。。

増量キャンペーン中です。

◆ メダリスト500mg
クエン酸飲料のド定番。500cc用の粉末です。
 

◆ メダリスト乳酸菌

アリスト社の新商品、取り扱い開始しました。

乳酸菌1000億個含有です。

 

詳しくはコチラを!

(凄いっすよね↑)

更新!店長日記MEDALIST乳酸菌のこと

(店長日記は岩本ではなくMY☆STARのとある女子メンバーが書いています)


【ご注意】
        ・すべての商品はヤマトのネコポスでの発送です。
         ・ネコポスの規格内におさめるため、超簡易包装になることをご容赦ください。
         ・ネコポスは戸別配達ではなく、郵便受けへの投函になります。
         ・複数点数をご購入の場合、日がずれて届く場合があります。
         ・地域によっては発送日から3日ほど要する場合があります。
         ・3日ほど経っても届かない場合、必ずご連絡をください(発送漏れの可能性があります)。
         (contact☆club-mystar.com ←☆を@に変えてください)



本日の露出〜!

 

今日は22日ということで月刊ランナーズの発売日です。

俺の連載はおいといて。。。

縄跳びトレーニングとか、けっこうおもしろいです。

 

あと柳先生の連載は足柄峠での峠走。

こうやって岩本以外のヒトが紹介してくださるって嬉しいものですね。

岩本視点からはまた違った角度からの峠走のメリットなどが書かれています。

 

で、ついでに(笑)。

岩本のRUNとはほとんど関係のない連載も早や1年。

さていつまでやるの?これ(笑)。

自分的にはネタは無限にあるからいいのだけど、続けてても大丈夫?

テキトーにストップかけてね。

あ、ストップかけるなら27日までにね。

毎月27日頃に原稿書くので。。。



82歳男子 ママチャリの部と報告

 

実家に82歳になるヒロシという男がいる。

妻ヨウコに先立たれ、現在横須賀で独り暮らし。

横須賀と言えば山口百恵、

『横須賀ストーリー』(←古すぎ)

 (ヒロシ、ヨウコいずれも実名)

その歌詞の通り、横須賀は坂、坂、坂。

坂の街、横須賀では電動アシスト付き自転車が重宝する。

しかし82歳ヒロシはアシストなしのママチャリを今日も漕ぐ。

 

そんなヒロシに騙されて、愛が消えていく横須賀へ と俺が向かったのは先週。

検査結果を聞きにヒロシを病院に連れて行くため。

 

「ご家族を連れてきてください」

こう言われたのだから宣告されるのは水虫やものもらいではなかろう。

まぁそんなわけで下咽頭ガン、ステージ3という診断。

なかなかインパクトのある診断。

高校時代は陸上部とボクシング部と演劇部を兼部し、大活躍した男だけのことはある。

ヒロシ、やるときはやる男。

そんなヒロシ、抗ガン剤治療を選択、来週入院予定。

 

そしてヒロシが翌日向かった先は横須賀の隣、港町横浜にあるヨウコの墓。

多分、決戦を前に必勝の決意を報告しに行ったのだろう。

 

ヨウコの元へ交通手段はアシストなしママチャリ。

港のヨウコ、横浜⇆横須賀〜♪ ってコトね。

 

どこの世界にママチャリロング墓参りを敢行する抗ガン剤治療前の、82歳のガン患者がいるんだいったい。。。

 

 

 

 

距離、29km。

往復だから58km。

百恵氏が言う通り坂、坂、坂・・・、

ここは横須賀〜♪ だ。

バカなのか?ヒロシ。

とても死を意識しないでは済まない状況に立たされた人間の行動ではない。

 

「喪主の挨拶のつかみはこのエピソードでいいよね?」

と問うた俺に

「葬儀までにとっておきのオチを作るから待ってろ」

だ。

 

頼む、ヒロシ。

無謀なチャリ旅はこれっきり、もうこれっきりにしてくれ。

 

というワケで、3月28日に一身上の都合で出走を辞退したスパルタスロンには現地応援にも行きません。

出走のみんな、頑張ってね。

あ、ヒロシも頑張れよ。

(3月28日はクリックで間に合わなかった人に出走権が渡る最終日だったので、日本人出走枠をムダにはしてないですからね一応)