MY STAR 仮店舗はこちら

エミューの卵を調理してみた 1

 

くがに市場で買ってきたエミューの卵。

(食用のタマゴは「卵」ではなく「玉子」と表記するのが慣例だが、ちょっと待てこれは「玉子」というより「卵」ではないか?ということであえて「卵」)

 

ここ沖縄本島には人間よりも先にエミューが存在し、わずか400年ほど前まではどの動物よりも強く、そして多く繁栄し琉球列島食物連鎖の頂点に君臨していたそうだ。

しかし今ではその数をぐっと減らし、郊外の空き地などでは頻繁に見ることができるが那覇中心部では交通量がグッと減るお盆や正月以外、ほとんど見かけることはない。

(多分ウソ)

 

エミュー↓

 

買ってきてしまった。エミューの卵。

税込800円。デカい。そして色がキレイ。

 

生産者は南風原町の新垣恵子さん。

そう、あの新垣結衣(ガッキー)のお母さんだ。

内地でガッキーはあまりに有名だが、ここ沖縄では逆に「ガッキーは恵子さんの娘」と呼ばれていてお母さんの方が有名だ。

(ウソ)

賞味期限は2016.12.23とある。まだ2週間は大丈夫。

 

 

ではこの卵はいつ誕生したのかというと 12/8 とある。

ジョン・レノンの命日であり、真珠湾攻撃の日であり、長与千種と稲垣吾郎の誕生日に生まれたのは偶然ではないはずだ。

(いいえ偶然)

 

さて、あらためてなぜエミューの卵を買おうと思ったのか、なぜ調理してみようと思ったのかを説明しておこう。

「ブログアクセスが増えるぞ!」

とか

「twitterでリツイートされるぞ!」

とか

「facebookで『いいね!』がいっぱいつくぞ!」

などという邪な考えがあったわけでは決してなく、、、、まぁ似たようなもんだから省略。

 

ひと言で表現するなら疼いたのだ。

俺の奥深くに眠る何かが疼いたのだ。

皆さんならどうだろうか。

市場に行った。エミューの卵を見つけた。驚いた。手に取る。匂いを嗅ぐ。値段を見る。。。欲しい!。

となるはずだ。

(なるか・・・?)

ただ、多くの皆さんには理性がある。だからその理性が働き、「面白そうだけど現実的じゃないな」という流れで写メって売り場をあとにするだろう。

しかし、だ。

岩本には理性が欠如している。

もうテッテーテキに欠如している。

亡き母が泣き泣き理性を求めたのが昨日のことのようだ。

というより理性の対極にある本能がいかんせん強すぎる。

それが証拠に  岩”本能”史  だ。

(お母さん!名前つけたのあんたじゃん。そりゃ理性って無理っしょ)

 

おっとそれた。。。

つまりは、24時間走や、スパルタスロンやBadwater135を走ってしまう人に共通する、

2%の挑戦と、1%のロマンと、97%の非日常的バカバカしさを追求した結果購入に至った、とごく自然な流れなのだ。

妻の岩本里奈も24時間走やスパルタスロンな人だから、止めることはなく、というより見た瞬間乗り気で、

「エミューってアタマちっちゃいよね。きっと脳ミソこんなちっちゃいんだろうね」

とみずからのアタマを指してつぶやくのだった。

 

 

さて、このエミューの卵、多分皆さんが写真で見る以上にデカく迫力がある。

それをお伝えしたく、色々と測定してみようと思う。

まずは普通の玉子との比較。

こんな感じ。。。では測定に移ろう。

 

 

重さ、なんと約590g

岩本通販で月に一度 【L-グルタミン500gとオルニチン100g】のセットをお買い上げいただくそこのあなただったら、そのセットとほぼ同じ重さだということでおおよそ想像できるだろう。

では岩本通販で月に一度 【L-グルタミン500gとオルニチン100g】のセットを買ってくれないそこのあなた、、、、

買いましょう。

 

ちなみに普通の玉子は約63g

普通の玉子の約9.4倍の重さがあるわけです。

 

 

では次に周長いきましょう。28cm!

岩本のシューズのサイズが26.5cmだから・・・・比較しないな普通。

 

 

高さ14.5cm

 

 

直径8cm

なぜ、そこまでディテールにこだわるのか。それは調理のために体積を知る必要があるからだ。

 

 

ではここで数字的な大きさではなく、家にあったらこのくらい、という尺度で見てみよう。

ビール350cc缶と比べるとこんな感じね。

あ・・・ごめん、不覚にもエミューの卵に親近感を覚え始めたよ俺。抱卵して孵化させちゃう?俺?

おっといけねぇ、里心がつくところだった。先を急ごう。

 

 

そしてこれ、同じくがに市場で売っていたドラゴンフルーツとの比較。

沖縄の方はとっくにご存知だとは思うが、一応言っておくと、エミューの卵は無精卵で有精卵だとドラゴンフルーツになります。

(出典:ウソペディア)

 

 

お待たせしました。

次に体積の計算です。

楕円球の体積は↓の公式で簡単に導き出せます。

 

そのために先ほど周長、高さ、直径を調べたわけですね。

では計算開始! ↓

 

 

 

とゆーことで485.89966375522cc  でした。

なんてことはない、約500cc。ペットボトル1本分ということでした。

 

 

そうこうしているうちに日も傾き始めたのでいよいよ調理にかかりましょう。

何を作るか。。。

巨大オムレツ?

巨大出し巻き卵?

う〜ん・・・それって原型をとどめないので大量の普通の玉子でOKだからつまらないよね。

ということはアレかアレしかないか。

目玉焼きかゆで卵。

 

絵的には巨大目玉焼きなんかけっこう面白いのだけど、ごめん岩本里奈と2人で一度に食べきれる?

玉子9個分だよ。

 

じゃあこうしよう!ってことで選ばれた栄えある調理法はというと・・・、

ゆで卵。

 

絵的にも笑えるし、真っ二つにして黄色と白のコントラストにうっとりしてみたいし、ってことと、当然余ることを考えて残りはタルタルを作ってエミューの肉を買ってきてエミュー南蛮に!という戦略。

 

どーです?

すでにお腹いっぱい?

 

だよね。

調理は続編で♪

 

 

 

 

 

 

 



【お願い2】ご協力を。。。

 

先日ウルトラ攻略本発刊に向けたお願い(←これ)の詳細です。

 

たっくさんのデータをいただこうと思ったのですが、DUVサイトでけっこうな数字が揃ってしまうことに気づきました。

例えば100kmや24時間走、その他メジャーレースのタイムはDUVサイトで充分揃います。

なので、そこで拾いきれない情報をいただけたらな、という感じです。

 

ほら、「あのレースは観光だったんだよ」とか「ペーサーで走っただけ」なんかもあるだろうし。。。

 

もちろん、

「何も考えずにただ走るだけ〜」という人や、

「タイムなどは関係なく楽しく走れればいい」な人も多数いらっしゃると思うので

「多分、私のデータは参考にならない」と思われる人は(多分他の人のデータも)興味があまりないでしょうからスルーでどうぞ。

 

以下、コピペでcontact☆club-mystar.com(←☆を@に変えて)お送りいただければと思います。

 

わかる範囲で(空欄いっぱいでも)OKです。

 

ーーーーーーーーーーーキリトリセンーーーーーーーーーー

お名前:

性別:

年齢:

 

フルベスト:     (20  年  レース名:       )

 

100kmベスト:    (20  年  レース名:      )

 

100kmレース実績(何レースでも←テキトーにチョイスしてください)

 

・20  年  レース名:   タイム:    何km地点から歩きが入ったか  km地点

月間走行距離  3ヶ月前:   km   2ヶ月前:   km  1ヶ月前からレース前日:   km

最長練習距離    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前) 

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

備考:(何かあればどうぞ)                               

 

・20  年  レース名:   タイム:    何km地点から歩きが入ったか  km地点

月間走行距離  3ヶ月前:   km   2ヶ月前:   km  1ヶ月前からレース前日:   km

最長練習距離    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前) 

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

備考:(何かあればどうぞ)

 

・20  年  レース名:   タイム:    何km地点から歩きが入ったか  km地点

月間走行距離  3ヶ月前:   km   2ヶ月前:   km  1ヶ月前からレース前日:   km

最長練習距離    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前) 

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

備考:(何かあればどうぞ)

 

 

24時間走(何レースでも←テキトーにチョイスしてください。空欄があっても全然OK)

 

・20  年  レース名:   タイム:    何時間から歩きが入ったか  km地点

月間走行距離  3ヶ月前:   km   2ヶ月前:   km  1ヶ月前からレース前日:   km

最長練習距離    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前) 

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

補給:総カロリー 摂取タイミング  具体的に何を摂取したか など

備考:(何かあればどうぞ)

 

・20  年  レース名:   タイム:    何時間から歩きが入ったか  km地点

月間走行距離  3ヶ月前:   km   2ヶ月前:   km  1ヶ月前からレース前日:   km

最長練習距離    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前) 

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

補給:総カロリー 摂取タイミング  具体的に何を摂取したか など

備考:(何かあればどうぞ)

 

・20  年  レース名:   タイム:    何時間から歩きが入ったか  km地点

月間走行距離  3ヶ月前:   km   2ヶ月前:   km  1ヶ月前からレース前日:   km

最長練習距離    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前) 

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

補給:総カロリー 摂取タイミング  具体的に何を摂取したか など

備考:(何かあればどうぞ)

 

 

スパルタスロン、さくら道国際ネイチャーランについて

 

・20  年  レース名:   タイム:    何kmから歩きが入ったか  km地点

月間走行距離  3ヶ月前:   km   2ヶ月前:   km  1ヶ月前からレース前日:   km

最長練習距離    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前) 

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

補給:総カロリー 摂取タイミング  具体的に何を摂取したか など

備考:(何かあればどうぞ)

 

・20  年  レース名:   タイム:    何kmから歩きが入ったか  km地点

月間走行距離  3ヶ月前:   km   2ヶ月前:   km  1ヶ月前からレース前日:   km

最長練習距離    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前) 

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

補給:総カロリー 摂取タイミング  具体的に何を摂取したか など

備考:(何かあればどうぞ)

 

・20  年  レース名:   タイム:    何kmから歩きが入ったか  km地点

月間走行距離  3ヶ月前:   km   2ヶ月前:   km  1ヶ月前からレース前日:   km

最長練習距離    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前) 

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

その他ロング走    km(回数  回) タイム(  h : : ) (時期:レース  週前)

補給:総カロリー 摂取タイミング  具体的に何を摂取したか など

備考:(何かあればどうぞ)

 

 

ーーーーーーーーーーーキリトリセンーーーーーーーーーー

 

13日くらいをメドにお願いします。

追っかけ取材をお願いすることが大きく予想されますのでその際はよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

      



NAHAマラソン

 

 

 

 

我が家の前が0.3km地点。

家にいるとNAHAマラソンがスタートしたことがランナーが起こす地響きで判ります(←ウソ)。

 

最高気温28.2℃は12月の気温としては観測史上最高だったとのこと。

当然過去32回のNAHAマラソンでは最高温。

 

完走率 53%

これはきっと5時間半を超えるような人が数字を引き下げたと予測。

だって、

「NAHAマラソンの前に最後に走ったのはいつ?」

の問いに、

「去年のNAHAマラソン」

の回答が約1割だもん(←ホント)

 

マヂ?と思われるかもだけど、実際練習開始がレースの10日前、1週間前という人がワンサカですから。

だから53%はフツーの数字なのです。

 

ちなみに申し込んだのに実際にスタートしない人の数は全参加者の1割以上、約3400人。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、沖縄では走る人を「ランナー」とは言わず「ジョガー」と言います。

大会キャッチフレーズは「太陽と海とジョガーの祭典」です。

テレビでもラジオでも新聞でもランナーではなく「ジョガー」で統一。

この緩さが人気の秘密かと思います。

 

だから「暑い」とか、「坂が」とか、文句を言う人はつくばなどの高速コースを走ればいいのよ。

「暑さ」も「坂」も全部ひっくるめてNAHAマラソンなんだから。

え?自分?出ないよ。

 

理由?

暑いし坂だらけだから(笑)。

 

 

レース翌日には全完走者の結果が新聞に載ります。

なんと・・・、順位ではなく「50音順」です。

順位二の次です。それでいーんです。

そーゆーレースがNAHAマラソン。

だから例えば金城さんを探すとすると金城金城金城金城さん・・・今年はJust600人!あっぱれ!

 

この↓ちょうど6倍です。。。

 

 

 

そして同じ日、我が国最高峰のレース、福岡国際マラソンも開催されています。

もちろん両方ともテレビ中継されます。

視聴率、いうまでもなくNAHAマラソン圧勝!

 

みなさん、お疲れ様でした!

 

 

 



丹沢湖ハーフマラソンを終えて

 

日曜日、丹沢湖ハーフマラソンにゲストとして参加しました。

 

 

 

丹沢湖は山北町にあります。

山北といえば高校3年間お世話になっただけではなく、父と母が生まれ育った町でもあります。

丹沢湖は高校時代に周囲の強豪校との合同合宿があったり、高校駅伝の神奈川大会が行われた場所でもあります。

(山北高校は超強豪だったけど、岩本の高校時代は超落ちこぼれ)

 

そんな訳で僕自身も非常に楽しみにしている大会。

その楽しみのひとつが懐かしい人たちとの再会。

それにしても今回はすごかったです。

 

高校時代の恩師、吉田信男先生は大会の役員をされながら10kmの部に出場。

先生、現在70歳。すごいです。

何がって人生通算走行距離が27万km、これ地球約7周分!

(そんな恩師のとてつもない野望はコチラ

 

高校時代の陸上部の同期、古澤くんもハードラーだったのにいつの間にか市民ランナーになっていて前日は小田原駅から丹沢湖まで送ってくれました。

(古澤くん、現在は小田原少年院の鬼教官・・・)

 

さらに若い頃は(多分)まったく運動をしていなかった来年還暦を迎える従兄弟のターちゃん。

「ホント、親戚中で能史だけはどーなっちゃうのか心配だったんだよ」

と親戚一同誰もが口にするありがたい(?)ひと言をここでもいただきました。

 

もっとびっくりは・・・、

あ、会場で地元の書店さんがサイン会チックな岩本本の即売会ブースを出されていて、そこに座っていたんですね、自分。

「僕も大津中だったんですよ〜」とある男性が来られてました。

(岩本はヨコスカの大津中学出身です)

「そーなんですか!? 学年的にかぶってますかね? 何年卒業ですか?」

その男性、今年定年退官を迎えられた、なんと理科の松沢先生。

35年ぶりにお会いした先生は白衣の理科の先生ではなくカッコいいランナーになってました。

「会えるのを楽しみにしてたんだよ。来年はどこかで100kmデビューしようと思ってね」

・・・・・・定年後に100kmデビュー、先生すごすぎ(笑)。

(先生、中学時代のことも書いている青い本、お買い上げありがとうございました)

 

いい再会に溢れた、楽しい1日でした。

参加された皆さん、大会関係の皆さん、ありがとうございました。

 

 

最後にもう一回、恩師の野望←読んでみて。超越してるから(笑)。

 



【お願い】「ウルトラ攻略本を出します」に向けて

 

来年春、ウルトラ攻略本を出します。

(タイトル未定)

 

発端は最新刊「限界突破マラソン練習帳(講談社)」がなんかもの凄くお陰さまになっておりまして、読んでいただいた多くの皆さんから「ウルトラバージョン」も!というお声が多発したためなのですが。。。

※最新刊はAmazonに在庫なし(出版社にも)の状況なのでぜひ街のリアル書店さんで。。。

 

 

ここでウルトラランナーの皆さんお願いがありましてこの記事を書いています。

お願いの内容はちょっと置いておいて。。。

 

なぜウルトラ攻略本なのか・・・、をはじめに。。。

ウルトラ界はまだまだ確立された練習方法や理論、情報、書籍などが少ないわけです。

 

=中略=

 

という訳で出すコトになりました(笑)。

ウルトラと言っても多くの種目がありますが、今回具体的な練習方法や攻略法を取り上げるのは、

100km

100マイル(トレイル)

250kmクラス&24時間走

 

です。

(100マイルについては超専門的になさっている大御所さんたちがいらっしゃるので、フルマラソンをある程度(少なくとも5年とか)やり切りつつも的な人が対象)

 

 

中身については徹底的にデータを数値化して様々な係数を割り出し、迷える皆さんが電卓をはじくだけで目標タイム、目標距離、ポイント練習方法、レースマネジメント(ペース、補給、装備など)を導き出してご提供しよう、というモノになります。

 

ほんの一例(100km)ですが・・・、

フルベストに係数をかけると100km目標タイムが割り出され、

その100km目標タイムを係数をかけるとスタートからのレースペースが割り出され、

そのレースペースを練習量(質)から導き出した係数をかけると◎◎kmまでそのペースを維持するか(できるか)が割り出され、

そこからゴールまでの距離にある係数をかけるとゴールまでのペースが割り出され、

さらにこの係数をかけるとレース前、レース中の補給物の内容と量が割り出され、

 

もちろん、コースによって難易度が違うので・・・、

例えばサロマを◎◎時間で走った人は野辺山なら、富士五湖なら、飛騨高山なら、の目標タイムやペースが、

例えば◎◎のレースを◎◎時間で走ったら、24時間走だったら目標距離、ペースはこうで、でも練習量によってこの係数をかけて修正して、

え?スパルタスロンに出る?その場合は、100kmタイムにこの係数をかけて、さらに月間走行距離にこの係数をかけると・・・。

Badwaterは?24時間走は?

 

=ごめんなさい。飛行機の時間があるので慌てて書いています=

とカンペキ混乱してきたので意図をくんでください(笑)。

 

練習内容もレースのことも、今後の目標も電卓をはじいて空欄に書き込むだけで完全オーダーメイドあなただけのウルトラプログラムが出来上がるようになっています。

(もちろん、「練習が◎割しかできなかった!」場合の「だったらこうしたら?」係数もね)

 

で、やっとここからが本題。。。

こんな数学的なコトをウルトラランナーとして実績も「ちょっとなぁ・・・」、経験も「う〜〜ん・・・」、指導歴も「・・・・」な岩本が無責任に割り出したところでそりゃけっこうヤバいワケです。

(とは言っときながらもけっこう的は射れていると自負←自信過剰とも言う)

 

そこで多くの名ランナー、一般ランナーさんたちに協力していただく予定です。

 

まず、小谷修平くんに監修という形で係数や補給のコトについてきっちりご協力いただきたいと思っています。

小谷くん、日本代表なのは有名なお話だけど最高学府で統計を専門的に勉強していた、筋金入りの係数マニア(失礼!)です。

彼の導き出す数値に世の中に数多存在するデータを加味し、より確度を高めようと思っています。

 

今の時代DUVのウェブサイト(←興味ある人は検索してみて)で唸るほどのデータを拾うコトができますが、もちろん使えるものとそうでないものが多々混在、その辺りも精査してもらってきっちり数字を出してもらおうと思っています。

 

このあたり↑皆さんにぜひご協力を!です。

具体的にどんな数字をご提供いただきたいか、は追ってこのブログで発信します。

読者参加型で一冊に作り上げたいと思っています。

 

ちなみに小谷くんのデータっぷりはこちら

おもしろいでしょ?でも難解だよね(笑)。

その辺、電卓ひとつであなたの数字が導き出せるように数学ダメダメな岩本がシンプルに整えます。

 

 

あと、岩本はclub MY☆STARの人でして、というか一応代表なんですね。

そもそもclub MY☆STARはウルトラのチーム。

猛者が多々います。

24時間走の日本代表経験者も240kmオーバーもゴロゴロ、スパルタスロンのヒトケタゴール者もゴロゴロ、100km優勝者もゴロゴロ。。。

もちろん、↑の人たちとは違うフツーの人でフル×2.7=100kmゴールのサブ10ランナーもゴロゴロ。

 

そのあたりの、言ってしまうと信用のおけない岩本なんかよりよっぽど(社会的にも人格的にも)マトモな実績や経歴や経験の持ち主にも多々登場いただいて秘策やら何やらをいっぱい披露してもう予定です。

 

 

ということで走り書き(←遺書ではない)的な記事になってしまいましたが、次かその次の記事あたりでご協力いただく内容をお知らせしますのでぜひよろしくお願い致します。

 

支離滅裂&乱筆乱文申し訳有りません。。。



【スタッフより】今月の通販を開始しました(SOLD OUT)

締め切りを待たずに予定数に達したため終了しました。

ありがとうございます。

発送は12月3日の予定です。

次回は12月25日からの3日間となります。

 

いつもご利用いただきありがとうございます。いよいよ今年最後の通販となりました。

今月も本日から3日間通販のご注文をお受けいたします。

発送は12月3日です。

お店はこちらです→SHOP MYSTAR

マラソンシーズン真っ盛り!でもあるのですが、風邪が流行る時期でもあります。

L-グルタミン&オルニチンで免疫力をUP⤴! 冬を乗り切りましょう。

 

より多くの皆様にご利用いただきたいのですが数量に限りがあるため、原末系(グルタミン、オルニチン)はお一人様4個までとさせていただきます。

 

以下、岩本の記事をコピーいたします。

よろしくお願い致します。

 

 

【 超重要です。】

送料無料を継続するためにヤマトのDM便を使っています。

着荷日の目安は発送日から3〜1週間を目安にしてください。

万が一1週間経っても届かない場合にメールをいただきたく思います。

 

お店はコチラです。

 

昨日、商品紹介を一部加筆しました→L-グルタミンとオルニチン加筆←ぜひ読んでみてください。

 

以下は恒例のコピー記事です(手抜きでごめんなさい)。

 

今回もきょうから3日間、受注します(なくなり次第終了です)。
では、今回も先月のコピー記事で失礼します。

引き続き、ファストウォーター、その他メダリスト商品は1袋増量キャンペーン中です。

※地域によっては発送からお届けまで1週間ほど要することがあります。
※できるだけ発送日までにご入金をお願いしています(ご協力ください)。
※最下部の【ご注意】をご確認ください。

コナ系は、
A. L-グルタミン500g
B. L-グルタミン500g + オルニチン100g
C. L-グルタミン500g + オルニチン100g + オルニチン100g
D. L-グルタミン500g + オルニチン100g + オルニチン100g + オルニチン100g
です。
※今回用意できたのはA〜Dそれぞれ60セットです。

※オルニチン100g + オルニチン100g は100gが2個の場合と200gが1個の場合があります。

※オルニチン100g + オルニチン100g + オルニチン100gは100が3個の場合と300gが1個、または200g + 100gの場合があります。

 

さてさて、
通販について、取り扱い商品は現在大きく分けて2のカテゴリーがあります。

1つは岩本が自分に必要だけど、原末メーカーから個人で調達するとしたらとても量が多過ぎて現実的とはいえなかったものを「共同購入」のような形で直接仕入れて分包し、皆さんにお売りした、ということがはじまりのアミノ酸系の原末
・L−グルタミン原末 500g
・オルニチン原末 100g

 

2つ目は長くお付き合いしているメーカーさんの商品(アリスト社など)

 

です。

L−グルタミンとオルニチンについては過去の記事で読むことが出来ます。

今月は手抜きせずにちょっと加筆します。
◎L−グルタミン
「今1番弱っているトコロに効く」というアミノ酸。
だから過去の記事のようなコトも起こるし、RUNやRUNで疲労した身体に有効です。
L-グルタミンが含まれたサプリメントは多々ありますが、これは原末です。

これ、岩本がレース前の鍛錬期やレース中に、より高品質な原末を探していたところたどり着いたワケですが、1kgや2kgという小さい単位で買うことが出来なかったため、チームのメンバーと共同購入したことから口コミでウワサが広がり、通販を開始するに至った、という歴史(?)を持つブツです。
現在、購入される人の8割がリピーターさんです。

反響として多いのは、疲労が抜けやすい、朝がラク、はもちろん、肌、ツメなど身体の外側の変化の他、意外なところでは口内炎、胃痛、ムクミに効く、などでしょうか。
あとは忘れてはならないのが肝臓。
お酒の前中後に、って人は多分岩本だけじゃないかと思います(笑)。

◎オルニチン
話題ですよね。
「しじみ◎◎個分!」というアレです。
疲労物質の除去や解毒は腎臓、肝臓が頑張っているわけだけど、主にそれらの働きを強力にアシストするようです。
ただ、「しじみ◎◎個分!」というアレは飲みやすく錠剤になっていますがコチラの原末は文字通り原末ですから・・・・要するに・・・「不味い」です。
逆に言えば100%オルニチンなので一気に摂ることが可能です。

オルニチンで有名な協和発酵バイオの原末が手に入って使ってみたらすごくよかったのでL−グルタミンと同じように通販にラインナップしました。
この原末も事前に試したモノ同様、協和発酵バイオのモノです。
扱い始めて5ヶ月経ちますが、あっという間にほとんどの人がL−グルタミン+オルニチンのセット購入になりました。

周囲からはとにかくムクミに効くという声。
ムクミっていまだに「水分の摂り過ぎ」だと思っている人がいますけど、原因は体内の疲労物質や有害物質を腎臓、肝臓で分解しきれなかったことで発生する現象。
つまり、腎臓、肝臓がキャパオーバーで仕事をやり残して朝を迎えた、または現在進行形でその作業が追いついていない、ということなんですよね。
疲労管理、生活にもRUNにも大切だと思います。

あと、同じ「L−グルタミン」、「オルニチン」として売られているモノの製品の違いについては、コチラの記事で詳しく書いています→「純度」

取り扱い商品は以下です。

◆ L-グルタミン500g (国産 純度100%)
(国産 純度100%)

◆ L-グルタミン500g + オルニチン100g
(国産 純度100%)

◆ L-グルタミン500g + オルニチン100g + オルニチン100g
(国産 純度100%)

◆ L-グルタミン500g + オルニチン100g + オルニチン100g + オルニチン100g
(国産 純度100%) ※このセットは2個に分けて発送されます。

※今回用意できたのはA〜Dそれぞれ60セットです。

L−グルタミンは1回5gが目安です。
(5gはペットボトルのキャップに軽く1杯が目安)
そのまま口に入れて水で飲み込んでください。
朝晩、RUN後、お酒後など。

オルニチンは1回1〜2gをL-グルタミンと同じタイミングで。
同じように水で飲み込んでください。ただし、まずいっす。

◆ ファストウォーター
こんなものです!という開発秘話なんかもアリの記事がランネットにアップされています。
ぜひコチラをどうぞ。
スイカ味の経口補水ドリンク粉末です。 

◆ エナジージェル メダリスト
アップルとグレープフルーツの2種類があります。
(半々のセットもあり)

 

◆ アミノダイレクト(BCAA粉末)
BCAAは前世界的に「不味いもの」と言われてますが、これはかなり◎です。

増量キャンペーン中です。

◆ スーパーメダリスト9000
先月新発売です。
クエン酸 3000mg
BCAA 4000mg
HMB 500mg
L-グルタミン 500mg
カフェイン 100mg
詳しくは↑のリンクからご確認を。。。

増量キャンペーン中です。

◆ メダリスト500mg
クエン酸飲料のド定番。500cc用の粉末です。

◆ オルガニッ24本入り
詳しくはこちら

【ご注意】
・すべての商品はDM便での発送です。
・DM便の規格内におさめるため、超簡易包装になることをご容赦ください。
・DM便は戸別配達ではなく、郵便受けへの投函になります。
・複数点数をご購入の場合、日がずれて届く場合があります。
・地域によっては発送日から中1週間ほど要する場合があります。
・1週間経っても届かない場合、必ずご連絡をください(発送漏れの可能性があります)。
(contact☆club-mystar.com ←☆を@に変えてください)

 

 

 

 



雪といえば・・・。2003年富士五湖100km(積雪30cm)

 

東京、11月の降雪は54年振りだそうですね。

 

雪のたびに思い出すレースがあります。

(このブログでも何度か振り返った事はありますが・・・)

2003年の富士五湖ウルトラ100km。

 

2000年にウルトラデビューしたのがこの富士五湖100kmでした。

だから僕にとっては今でも富士五湖は特別なレースのまま。

 

その2003年と言えばウルトラ4年生ですから

「このまま永遠に記録が伸び続ける?」

「いつか世界を獲れちゃう?」

とかおめでたいことを考えていた頃です。

しかも、大雪に見舞われたこの富士五湖100kmはちょうど僕の誕生日。

そりゃイヤでも上がりますよね(笑)。(←若かったなぁ)

 

スタート直前から降り始めたんですよね、雪。

でも予報では「昼には上がるでしょう」というもの。

だから当然フツーにスタート。

ところがどんどん雪の勢いは増し、瞬く間に積もり始め、道行く車はチェーンをガチャガチャ言わせながら通り過ぎるほどに。

「昼には上がる」んでしょ(笑)?

 

20kmも行くと前を走るランナーの足跡の上に着地するしかないような路面状況に。

35km地点では早くも30cm突破。

その頃、とっくに47km地点で打ち切りとなることが決定していて、各エイドでランナーに知らせていたそう。

でも、

「エイド3秒!わたしゃレース中!」

を肝に銘じながら走っていた僕の耳にはその「中止」の報せは届くはずもなく、ガンガン前のランナーを拾いつつ進んでいきました。

 

「え?おしまい???」

47km地点打ち切り。あっけなかったですねホント。

バスでスタート&ゴール地点に戻ってみると乗ってきた愛車は駐車場で冷凍保存状態。

とても脱出することなどもできず、泣く泣く置いて長距離バスで帰ったのでした。

雪も溶けた2日後、愛車を取りに行くといまだ引き取り手のないクルマが大量に。。。

ナンバーをみると「三河」「浜松」「大阪」「岐阜」・・・・このコたち、いったいいつ頃自宅に戻れたのでしょう。。。

 

 

この年のスパルタスロンは今でも最高順位だし、翌年春の24時間走も今でもベスト記録。

もしこの富士五湖100kmが・・・・・・・・・・・いいえ、マラソンに「たられば」はナシですよね。。。

 

みなさん、足元お気をつけて♪

 

 

 

※ Amazonの在庫、補充完了しました!

※ 明日、25日ですので通販開始します!



それ言っちゃう?(←オーバープロネーションなどなど)

 

おととい、ヨコハマに行ってきた。

ヨコハマのOn Japanのオフィスに。

場所は馬車道。相変わらずオシャレな街でホント  ムカつく   羨ましい。

 

 

On Japan の4人が働くオフィス、しかしスサマじい。

RUNシューズは見本、展示品、私物が所狭しとカオス化、トライアスロンバイクは点々。

社員が話す言語は理解不能 → 耳で拾える単語は「コナ」「ハセツネ」「Badwater」・・・。

 

これ、会社か(笑)?

 

=中略=

 

その後、作戦会議。。。

写る全員の安静時心拍数平均は推定40/m

左はほとんどアメリカでしか会わないcrewヤスコ(虫ではない)。

 

 

=どう本題につなげようか思案中=

 

 

 

 

 

さて本題です。

きょうはこのOn Japanのカシラ、駒田ヒロキが書いた記事のご紹介。

(画像クリック↓で記事へ)

 

いろいろ興味深いですよね。

「過去30年以上にわたって、ランニングに関する怪我は減っていない」

 

「足や足首の動きだけを見ていても怪我は減らない」

 

メーカーの謳い文句や『シューズエキスパート』のセールストークは無視しなさい。

 

 

この記事、岩本なりの解釈で解説してみたいな、と思ったのだけどここはあえて皆さんなりに読み解いてみてください。

おもしろい発見があるかもしれませんよ。

 

 

 

 

 



付け焼き刃トレーニング

 

 

まず、昨日各地で行われたハーフやフル、ウルトラなどレースを走られた皆さん、お疲れ様でした!

岩本の拠点である沖縄本島でも那覇スタート → 本島1周 → 那覇ゴールという400kmレースが開催されました。

制限時間は72時間。。。

すっごいですよね。岩本的にはゴールした人はもちろん、参加した人も充分尊敬に値します。

お疲れ様でした!

 

やっぱりこーゆーレース、いつか出てみたいな!と・・・・・・思いません(笑)。

いや、頑張った&苦しんだ分だけの見返り(おカネじゃなくてショウサンとか)があればまた話は別かもですが。。。

 

「じゃ、何か?お前は人に『すごいね!』と言ってもらうために走ってるのか?」

というお声が聞こえてきそうですが、

はい。ズバリ大正解(笑)!

 

 

おっとそれました。

 

付け焼き刃トレーニングについて、です。

今週末、山北町で行われる丹沢湖ハーフマラソンにゲストとしてお呼ばれしていまして、参加者の皆さんに向けた直前のトレーニング法の発信を大会サイトに寄稿しております。

「ヤバい!練習できてない!今からでも大丈夫かな?」

と、どちらかというと不安いっぱいの人向けのモノですので、「え?私?順調順調♪」という人やすでにレース前のルーティーンが確立されている人はスルーでいいかな、と。。。

(でも強い脚作りのためのちょっとしたヒントがあるかも、です)

 

前置きが長い?

ですよね〜! 

「歩行練習」つまり歩き倒しのススメです。

(最初の10行程度はいつも書いている峠走関連のことなので軽く流してください)

 はい→こちらです。

 

 

 

 



Mt.Gaoligong Ultra

 

第一回のMt.Gaoligong Ultra(←何と読むのかな)

あと10分ちょっとでスタートします。

 

「出るぞ〜!」と言っておきながら結局回避したことは先日お伝えしたけれど、西くんが走ります。

リザルト&トラッキングはこちら(または↓画像クリック)

 

 

 

 

あと、西くんを追う場合は↓をクリックで。。。

 

今回初めて開催される中国の雲南省の秘境で行われる100マイルのレースです。

 

珍しくちょっと大きなお仕事に首を突っ込んでしまった岩本の次のレースは3月になりました。

のんびり準備しようと思います。

 

それまでけっこう国内をあっちこっちお邪魔するかと思います。。。

よろしくお願いします。

 

 

きょうから10日間、東京です。