MY STAR 仮店舗はこちら

アーチってそんなに大切?

 

昨日、ある方と話していて。。。

「岩本さん、扁平足(アーチがない)ですよね?」

となりました。

(この方は雑談の中で普通に純粋な興味から聞かれただけで↓に続く文章とは関係ありません)

 

ということで以前はイベントやセミナー、トークショーなんかでかなり多く聞かれたものです。

「別になにも・・・」

と答えます。

 

そしてこう聞き返します。

「あなたも扁平足(アーチない)ですか?」

と。

 

ここで返ってくるのは99%が

「はい」

です。

そりゃそうですよね。

 

そこでもう一回聞きます。

「扁平足で何か困ってますか?」

 

驚くことにほとんどが

「いいえ」

です。

 

困ってないなら別になくてもいーじゃん。

シッポだって必要なくなったから退化したんだし。

困ってないんだったらなんでそんなに悩むのかな?と思うわけです。

だからこう聞きます。

「困ってないのにアーチが欲しいの?」

と。

 

で、さらに驚くことにやはりほとんどが

「はい」

 

「なぜ?」

 

「ないよりあった方がいいですよね」

髪の毛やお金や人徳ならともかく(←ちなみに俺は全て欠落している)、

「なんでそう思うの?」

「ハンデですよね?」

「え?なくて困ってないんでしょ?それでも欲しいの?なぜ?」

「はい。なんかアーチないとダメみたいな雰囲気ありません?」

 

出た!平成最後の変語、雰囲気・・・

知らねーよw

 

 

さて、本題です。

(面倒なのでアーチの仕組みや役割については省きます)

の前に・・・、

 

これ、俺の足のスキャン画像です。

見事な扁平足でしょ?しかしカッコ悪い。。。

 

 

で、本題です。

俺や、例えばトレラン界の大御所のK氏のように生まれつきアーチがなかったら困らないんです。

ハンデでもないんです。

なぜか・・・、

人生で一度もアーチがあったことがないから(当たり前)。

 

だからアーチで悩んでいる皆さんは「アーチがある」から悩むんです。

「アーチがある」から・・・、

◎さがる

◎腫れる

◎凝る

◎痛む

◎寝てる間に蚊に刺されて痒い(アーチがなくてもそーだけど)

のです。

 

↑でも書いたようにアーチがないことがハンデだとは思ってないけど、別にアーチがあるヒトが羨ましいとかもないけど、超マイノリティー扱いがおもしろくないとかもないけど、でも濡れた足でプールサイドを歩くと足跡が極めてみっともないから(別に意地悪じゃなくて)アーチがあるヒトは同じアーチがあるヒトに助けを求めてください(←不親切ではなく解らないだけ)

 

で、結論いきます。

物心ついた頃からアーチがないアナタ、もしも(ビジュアル以外で)アーチがないことで悩んでいるとしたら、それはアーチがないせいではないので他の原因を探ってみたらどぉ?

例えば、

◎シューズのサイズ

◎シューズの形状

◎シューズの履き方

◎インソールが合ってない

◎要らぬフォーム矯正

◎誰にも言えない過去の悪事

などが原因かもよ。

 

 

以上です〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



Sさん再び快走

 

ウルトラを始めて8年目にして100kmサブ10を達成したSさん(♀)の、ウルトラ6週間後に迎えたフルのレースのお話です。

 

今日の記事で書かれていることは以下の2点。

 

◎本気で取り組んでから5年経ってもベスト更新は可能

◎ウルトラ(100km)を走るとフルが遅くなる、はウソ!

 

たまに目にする走歴5年目にして40分更新!とかっていう系、自己ベスト更新は問答無用でめだたいし素晴らしいのはもう絶対。

ただ、「走歴」の中身ってのがけっこう問題。

最初の4年は月距離100kmアンダーのヒトが5年目に質&量を上げたら、そりゃ40分縮まるよね、とか言うとまた嫌われちゃうかな(笑)。

(ファンランや練習テキトーを非難しているわけではありません。いろんな取り組み方あるしね)

 

Sさんがチームに入ってきたのが8年も前。

その瞬間から本気で取り組んでいました。

毎週水曜夜の皇居ビルドアップも週末の峠走もガチでしたしね。

初マラソンは2011年の春に3h43’

サブ3クラスの女子達からするとフツーかもだけど世の中的には一応速いよね。

 

以後、よくもまぁ頑張り続けたなぁ、と思います。

以下、年次ベスト。

2011年 3h23’

2012年 3h21’

2013年 3h23’

2014年 3h26’

 

このあたりで

「そろそろワタシ厳しい?320切りムリかな。距離も伸ばしはじめてるし、あとは『その時なりの自己ベスト』ってやつを狙って楽しむかな」

となる?かな?が、往生際が悪いSさん。320切りを諦めない。

2015年 3h23’

2016年 3h35’

う〜ん・・・、しかし天性の往生際の悪さ。まだまだ往生しない。

2017年 3h24’

まぁ、いい意味で安定感抜群。

 

そして今年、2018年の勝負レースは先週のつくばマラソン。

が、しかし、これ↓読んでから読み進んでください。

Sさん8年目のサブ10達成

 

そんなわけで、↑のその日がすでに黄色い本の2週目最終日なわけです。

100kmレースを↑こんな感じに闘ったものだから3週目はのんびり?(したのかな?知らないw)

翌週、4週目からのメニューを完全トレース。

↑の記事に書いたのだけど、ふつーはしばらくバーンナウトしてもおかしくないよね。

でもやっちゃう。

チームでRUNやってると、一定周期で必ず誰かが本気で取り組んでるし、誰かが輝いてるし、誰かが闘ってる。

近くでその空気を吸うことが出来るって絶対向かうべき方向を示唆してくれるし、背中を押してくれる。

Sさん、3週前の神宮外苑24時間走チャレンジの7位、Yukkiのハンドラーを寝ずで務めたんだから、現場で見たあれやこれやもまた自分のつくばマラソンに追い風になったと思う。

 

レース結果

大願成就。

念願の320を切れました。

50歳にして達成。すごいよね。

 

前半ハーフ 1h39’39”

後半ハーフ 1h39’38”

トータル  3h19’17”

 

1秒後半の方が速いという俺的に大好物な数字の芸術。

出来るもんなんですね本当に(偶然だったりw?)。

中間点とか30km地点とか、まだ夢は見れてるだろうけど不安あったろうなぁ。

どのあたりで「イケるかも」と思ったのかな。

どのあたりで「もう大丈夫!」と思ったのかな。

ゴールに飛び込む瞬間、やっぱり「やった〜っ!」って叫んだのかな。

見てないんだよね、俺。

見たかったな。

そーゆー一瞬一瞬の記憶って、残念だけど時間と共にどんどん薄れる。

作戦はひとつ→より多くのヒトにその「とき」のことを話して、ちゃんと文字で記録しておく。

そうすると不思議、自分で発したその「とき」がブーメランで自分に突き刺さってずーっと自分の中に特別な記憶として残るもの。

ぜひやってごらんなさいよ杉山由紀子さん・・・、あ・・・・Sさん(笑)。

 

今シーズンのメイン、別大に向けてまたも黄色いレールに乗ってるようだけどケガには充分気をつけて頑張ってね。

 

あれ?記事が完結しちゃった(笑)。

 

ということで超手短かに

◎ウルトラ(100kmやそれ以上)を走るとフルが遅くなる、はウソ!

についてはこのSさんの例を見て判る通り、スピード練習や無酸素域から逃げなければそんなことはない!わけです。

 

おしまい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



今月の通販開始しました(終了しました)

 

終了しました。

発送は12月2日の予定です。

次回は12月25日午前6時開始です。

 

=== この通販は一般の方もご利用いただけます ===

(ごく稀にMY☆STARメンバー専用ですか?と聞かれるので)

 

お店はこちらです→SHOP MYSTAR

より多くの皆様にご利用いただきたいのですが数量に限りがあるため、原末系(グルタミン、オルニチン)はお一人様4セットまでとさせていただきます。

以下、いつものようにコピーいたします。

よろしくお願い致します。

 

※ お支払いは銀行振込のみです(現在クレジットカード、代金引換はご利用いただけません)

 

トップアスリートのご利用方法NEW! 

蔵本康孝さんの場合

その1

その2

 

【 超重要です。】

発送はヤマトのネコポスになります。
   ※できるだけ発送日までにご入金をお願いしています(ご協力ください)。
   ※最下部の【ご注意】をご確認ください。

 

商品紹介を一部加筆しました→L-グルタミンとオルニチン加筆←ぜひ読んでみてください。

以下は恒例のコピー記事です(手抜きでごめんなさい)。

今回もきょうから3日間、受注します(なくなり次第終了です)。
では、今回も先月のコピー記事で失礼します。

 

コナ系はすべて国産 純度100%です。
原末A. L-グルタミン500g
 原末B. L-グルタミン500g + オルニチン100g
 原末C. L-グルタミン500g + オルニチン200g 
 原末D. L-グルタミン500g + オルニチン300g 
です。
※A〜Dそれぞれ100セット限定です。

 

ヘムライズ付きセット

ヘムライズの詳細はこちらでどうぞ。

原末A. L-グルタミン500g + ヘムライズ60g
 原末B. L-グルタミン500g + オルニチン100g + ヘムライズ60g
 原末C. L-グルタミン500g + オルニチン200g + ヘムライズ60g
 原末D. L-グルタミン500g + オルニチン300g + ヘムライズ60g
です。
※A〜Dそれぞれ100セット限定です。

 

さてさて、
通販について、取り扱い商品は現在大きく分けて2のカテゴリーがあります。


1つは岩本が自分に必要だけど、原末メーカーから個人で調達するとしたらとても量が多過ぎて現実的とはいえなかったものを「共同購入」のような形で直接仕入れて分包し、皆さんにお売りした、ということがはじまりのアミノ酸系の原末
・L−グルタミン原末 500g
・オルニチン原末 100g 200g 300g

 

2つ目は長くお付き合いしているメーカーさんの商品(アリスト社など)

です。

 

L−グルタミンとオルニチンについては過去の記事で読むことが出来ます。


◎L−グルタミン
「今1番弱っているトコロに効く」というアミノ酸。
だから過去の記事のようなコトも起こるし、RUNやRUNで疲労した身体に有効です。
L-グルタミンが含まれたサプリメントは多々ありますが、これは原末です。


これ、岩本がレース前の鍛錬期やレース中に、より高品質な原末を探していたところたどり着いたワケですが、1kgや2kgという小さい単位で買うことが出来なかったため、チームのメンバーと共同購入したことから口コミでウワサが広がり、通販を開始するに至った、という歴史(?)を持つブツです。
現在、購入される人の8割がリピーターさんです。


反響として多いのは、疲労が抜けやすい、朝がラク、はもちろん、肌、ツメなど身体の外側の変化の他、意外なところでは口内炎、胃痛、ムクミに効く、などでしょうか。
あとは忘れてはならないのが肝臓。
お酒の前中後に、って人は多分岩本だけじゃないかと思います(笑)。


◎オルニチン
話題ですよね。
「しじみ◎◎個分!」というアレです。
疲労物質の除去や解毒は腎臓、肝臓が頑張っているわけだけど、主にそれらの働きを強力にアシストするようです。
ただ、「しじみ◎◎個分!」というアレは飲みやすく錠剤になっていますがコチラの原末は文字通り原末ですから・・・・要するに・・・「不味い」です。
逆に言えば100%オルニチンなので一気に摂ることが可能です。


オルニチンで有名な協和発酵バイオの原末が手に入って使ってみたらすごくよかったのでL−グルタミンと同じように通販にラインナップしました。
この原末も事前に試したモノ同様、協和発酵バイオのモノです。
扱い始めて5ヶ月経ちますが、あっという間にほとんどの人がL−グルタミン+オルニチンのセット購入になりました。


周囲からはとにかくムクミに効くという声。
ムクミっていまだに「水分の摂り過ぎ」だと思っている人がいますけど、原因は体内の疲労物質や有害物質を腎臓、肝臓で分解しきれなかったことで発生する現象。
つまり、腎臓、肝臓がキャパオーバーで仕事をやり残して朝を迎えた、または現在進行形でその作業が追いついていない、ということなんですよね。
疲労管理、生活にもRUNにも大切だと思います。


あと、同じ「L−グルタミン」、「オルニチン」として売られているモノの製品の違いについては、コチラの記事で詳しく書いています→「純度」

 

L−グルタミンは1回5gが目安です。
(5gはペットボトルのキャップに軽く1杯が目安)
そのまま口に入れて水で飲み込んでください。
朝晩、RUN後、お酒後など。


オルニチンは1回1〜2gをL-グルタミンと同じタイミングで。
同じように水で飲み込んでください。ただし、まずいっす。


◆ ファストウォーター
こんなものです!という開発秘話なんかもアリの記事がランネットにアップされています。
ぜひコチラをどうぞ。
スイカ味の経口補水ドリンク粉末です。 

 

◆ エナジージェル メダリスト
アップルとグレープフルーツ、ブドウの3種類があります。
(アップル、グレープフルーツ半々のセットもあり)

(アップル、グレープフルーツ、ブドウ4個ずつのセットもあり)

 

◆ アミノダイレクト(BCAA粉末)
BCAAは前世界的に「不味いもの」と言われてますが、これはかなり◎です。

増量キャンペーン中です。

◆ スーパーメダリスト9000
クエン酸 3000mg
BCAA 4000mg
HMB 500mg
L-グルタミン 500mg
カフェイン 100mg
詳しくは↑のリンクからご確認を。。。

増量キャンペーン中です。

◆ メダリスト500mg
クエン酸飲料のド定番。500cc用の粉末です。
 

◆ メダリスト乳酸菌

アリスト社の新商品、取り扱い開始しました。

乳酸菌1000億個含有です。

 

詳しくはコチラを!

(凄いっすよね↑)

更新!店長日記MEDALIST乳酸菌のこと

(店長日記は岩本ではなくMY☆STARのとある女子メンバーが書いています)


【ご注意】
   ・すべての商品はヤマトのネコポスでの発送です。
    ・ネコポスの規格内におさめるため、超簡易包装になることをご容赦ください。
    ・ネコポスは戸別配達ではなく、郵便受けへの投函になります。
    ・複数点数をご購入の場合、日がずれて届く場合があります。
    ・地域によっては発送日から3日ほど要する場合があります。
    ・3日ほど経っても届かない場合、必ずご連絡をください(発送漏れの可能性があります)。
    (contact☆club-mystar.com ←☆を@に変えてください)



【お詫び】アップ予定の記事、延期で

 

 

前々回の記事で

「通販の商品の詳細を再度解りやすくアップします」

と宣告したのですが、ちょっと間に合わない感じです。

ごめんなさい。

(明日25日からの通販は予定通り午前6時頃から3日間限定でオープンします)

 

L-グルタミンやオルニチンの原末系に関しては、

実はリピーターの皆さんに色々と「使い方」や「効果」などをコメントしていただくべく承諾をいただいていたのですが、岩本の手配そのものが間に合わず、追い追いアップで、という流れです。

(よせばいいのに出走もしていない昨日行われた大田原マラソンのチーム打ち上げに参加したりでアウト)

 

そんな人たちの中には、

9月のスパルタスロン優勝の石川くんや、日本人2位のポール氏、

先日の神宮24時間走の女子5位や7位のヒトたちのほか、

全く走ってませんなヒト、もっぱらお酒を次の日の残さないためのヒト、ひたすらお肌のためだけのヒト、むくみ対策や胃痛対策のヒト、あとはずーっとリピーターだったのに一時別のサプリに浮気ののち戻ってきた(?)ヒトたちにもお願いしてたところです。

 

スパルタスロンに関しては日本人完走者のうち8人のヒトが使ってくださっていたり、神宮に至っては19人もという現実があったので、その一部の「声」をと思っていた次第です。

 

ま、そんなわけで明日は予定通りオープンします(朝このブログでおしらせします)が、世の中的にはつくばマラソン、大阪マラソンですね。

岩本もお呼ばれいただいている丹沢湖ハーフマラソンに出向きます。

 

以上でございます。。。



【今朝】海外レースどたばたエントリー

 

時間の無駄でしょうからこの記事は読まない方がゼッッッッタイに賢明。

 

 

一部で発信しましたが、これまでの海外レースを数えました。

 

46回・・・。

 

行かずに貯金しとけば家1軒建つよね、なんて思ったのも束の間、今朝チームのメンバー9人で人気レースのエントリーを試みました。

 

朝から大苦戦。

RunRegという日本でいえばRUNNETのようなエントリーサイトがあるのだけど、当然それは英語なわけで、もちろん英語はみんなけっこうできるのだけど、やはりそこは異文化圏。

そりゃぁもう、七転八倒 悪戦苦闘 支離滅裂 罵詈雑言 満身創痍 疑心暗鬼も無事終了。

慣れてる僕からすると、一心不乱かつ一進一退、ゆえ一喜一憂の一挙一動一部始終一時が万事、抱腹絶倒のどたばた劇だったわけです。

 

あ、これもしかしたらおもしろいかも、と思ってどーでもいいこんな記事をアップしてみます。

 

そのレースというのはBadwater Salton Seaといって、僕が愛してやまないBadwater135の姉妹レース。

Badwater135と較べたら距離も130kmだし、暑さもそれほどでもなく、難易度も低く、なんちゃってBadwater135としてホンモノの雰囲気を味わうには超楽しいレースなわけです。

2人、または3人1組でスタートからゴールまで一緒に走る、というもの。

もちろんBadwater135のようにサポートカーとサポートクルーがついて、酷暑でもないのに噴霧器でクーリングなんていう経験もできちゃう、っていうレースです。

前回(今年の4月)に里奈と西くんと3人チームで走った時の様子はこの記事

 

↓はレース画像。

 

まぁ、エグいけど悲壮感がない程度のエグさです。

22時間で終わったし。

 

まぁ、こういうレースなのだけど、やはりチームに帰ってこの手のレースの話をすると

「出たい」

「出たくないけどサポートクルーやりたい」

という声が噴出するわけです。

 

そんなわけで来年の4月後半にこのレースに出てみたいメンバー(クルー)を募ってチームを作ってみた結果、4チーム(9人)、クルーが同じくらいの数、という希望者がありまして、それで今朝、まさにクリックタイムを迎えたわけです。

 

4チームとはいえ、参加する9人全員がクリックしなければならないシステム。

不慣れな人もいるので一部始終をLINEでやり取りしながら午前7時ジャストにそれぞれがRunRegに向かったわけです。

 

僕も当然自分のエントリーをしなければならないのだけど、一応何回かやったことあるので問題なかったのだけど、不慣れなメンバーの動きがおもしろくてもう大変。

人気レースゆえ、自分だけ漏れたら大変!という焦りもあったのでしょうね。

けっこうドタバタです。

これはもしかすると身内だからおもしろいだけかもだけど、LINEに残っている残骸を解説を交え、アップしていきます。

(忙しいヒトは時間の無駄ですから読み進めないでください。読んでも速くなるヒントは1個もありません)

 

もう一回繰り返しますが、速くなるヒントはないので読まない方がいいです。

(読んだ後、「つまんねぇ」とか言われても自分知りませんからね)

 

では唐突に・・・

 

ムネカタ(ウルトラ)氏、早くもログイン画面からパニック。

失礼なはずが早くも失意しています。

 

ねもっつ氏はこのレースのクルー経験者であるだけでなく、Badwater135のクルーも2010年からずっとやっている総監督。

主催者クリスとも今回のこのエントリーで日本人9人が訳わからずエントリーするから、と逐一連絡を取り合って不慣れなメンバーを無事エントリー完了に誘い、クリスを安心させる、という任務があります。

さっそくムネカタ(ウルトラ)氏、自分の国籍も職業も知らないらしい。

 

〜〜中略〜〜

 

ねもっつ氏、優しい。

 

RINA氏、経験豊富ゆえ一等賞。

自分のイニシャルさえ知らない神宮24h 7位のYukki氏(♀)

何がどうダメだったか、とにかくダメだっぽいサブ10のSHU氏(♀)、諦めたか?

RINA氏、自分が完了したからって郵便番号を入れなくでいいというデマを流す。

SHU氏(♀)が微妙に英語訛り(入れくれ・・・)

 

 

皆さん郵便番号で四苦八苦

サブ3のRURI氏(♀)、自分の郵便番号【1410032】を他の人にも強要するありさま。

Yukki氏(♀)は振り出しに戻ってしまうが、このYukki氏はアメリカ生活10年というのは内緒。

「大丈夫!」と自分が完了したからって相変わらず無責任極まりない RINA氏。

国籍も職業も知らないムネカタ(ウルトラ)氏もまた振り出しに戻ったもよう。

Yukki氏(♀)、いまだに自分のイニシャルを思い出せず。YukkiなのにTと言い出す始末。

繰り返すがYukki氏(♀)はアメリカ生活10年というのは内緒。

 

RURI氏(♀)、Yukki氏(♀)のイニシャルを教えてあげる(優しい)。

そして「RWと入れた」と自慢しつつ、Yukki氏を混乱に陥れる作戦に出る。

Yukki氏、まだイニシャルが入らず「りとらいさます」日本語までおかしくなったもよう。

ねもっつ総監督は裏で主催者クリスとやり取りし、4人が無事に終わったことを告げ、さりげなく残りの5人にプレッシャーをかける。

 

ダメだったっぽかったはずのSHU氏、出来たっぽい。

RURI氏、レースでペーサーを置き去りに走り去る性格がそのままガッグポーズに出る。

かいしゅうくん(坊さん♂)は「これで終わり?」と意外とあっけなくかついとも簡単にクリアしたことをさりげなく自慢し、ペーサーを置き去りにするRURI氏の何倍もの底意地の悪さを発揮。

ムネカタ(ウルトラ)氏、ついに周回遅れ状態。

 

ムネカタ(ウルトラ)氏、レース出たいくせにお金払いたくないらしい。

それをたしなめるクルーMakoto Minamihara氏

それでも優しい総監督ねもっつ氏

 

関門がとっくに閉鎖されているのにゴールに進もうとするムネカタ(ウルトラ)氏

懐具合まで心配してくれる総監督ねもっつ氏

相変わらずヒトごと感いっぱいな高みの見物Makoto Minamihara氏が

今更郵便番号を蒸し返す(全員そこ突破してるから)

 

 

Makoto Minamihara氏がいう「ウチの姐さん」はYukki氏のこと

心配していないようでいて心配していない

総監督ねもっつが西くんとやすこ(Onジャパンの中のヒト)の身を案じ始める

そもそも二人とも起きてないんじゃないか疑惑

岩本も思わず口出し。。。

総監督ねもっつが8人目のエントリーをクリスから確認。

どうやら西くんとやすこのうち、どちらかは寝たふりをしながら完了していたもよう。

 

 

総監督ねもっつ、あとひとりに気を揉む。

Yukki氏、無事終わった様子。ここに来て英語をひけらかす「だん」。

岩本はやすこが寝ていると予想してみた。

Yukki氏、最後に子供でも知っているHave a nice dayという英語をひけらかし外出。

 

クリスから西くん以外にもHiroがいることを告げられる総監督ねもっつ。

かいしゅうくん(坊さん)の本名がヒロトモと判明。

つまり宗教名と人間名があるらしい。

総監督ねもっつによって誰がエントリー出来たかが知らされる。

案の定、やすこは寝ている。

 

 

最後まで総監督ねもっつに迷惑をかけつつやすこはまだ就寝中



本日の露出と(全然重要でない→)お知らせ少々

 

きょう発売の月刊ランナーズ1月号に例の連載でお邪魔しております。

 

 

 

よろしければぜひ。

 

(全然重要でない)お知らせ1

明日、このブログで毎月(25日から3日間)の通販についてちょっと書きます。

いや、商品の説明など古いし、しかも「継ぎ足し&切り貼り」で読みにくいことこの上ない、というお声が多々ありまして。

よって一度ちゃんと整理しようと想います。

 

 

(全然重要でない)お知らせ2

前回のブログで募集したパーソナル指導ですが予想に反して非常に多くの反響があり、現段階で

「ではあらためてメールしますので少しお待ち下さい」というメールを全ての方にお送りした段階で作業がストップしてしまっています。

多くて2人か3人の予定ですのでほとんどの方に「ごめんなさい」になってしまうことを今のうちにお伝えしておきます。

 

 

 



ちょっと募集。。。(受付終了)

 

多数のお問い合わせありがとうございます。

すべての方に返信させていただきましたのでご確認ください。

今回、多くても3名程度と考えていますのでご縁がなかった場合、ごめんなさい。

 

 

5年ぶりの東京生活も4ヶ月が過ぎようとしています。

今のところ来月とか再来月にまた突然どこかに移り住む、ということはなさそうです。

 

東京にいると色々聞かれます。

その中で特に多いのが、

 

◎club MY☆STARの募集はしないの?

◎パーソナル指導はしないの?(←今日の本題)

 

というふたつ。

 

club MY☆STARについては普通に無料のクラブチームです。

「入りたければどーぞ」という感じです。

(得られるものがあるかどうかは別ですが。。。)

超ウルトラについてだけはノウハウや環境、経験、(手前味噌ですが実績)は間違いなく「スゴいはず」(←イワモトではなくメンバーが)と自負していますのでヌルい緩いじゃ満足できない人のための募集はもしかしたら今後あるかもです。

繰り返しますが「スゴいはず」はイワモトが、ではなくチームのメンバーが、です。念のため。

ただ、組織に属して「超ウルトラのリザルトが欲しい」的なヒトが世にどれだけいるかとうと多分そんなに多くはないでしょうから、現実的ではないかもですね。

 

 

で、今回の記事はパーソナル指導について、です。

 

東京にいるならやってください。

と言われますが、実は沖縄に行く前もずーっと長い間パーソナル指導はほぼやってないないんですよ。

時代的に情報は氾濫しているし、いつ誰とでも繋がれるじゃないですか。

(いいか悪いかは別だけど)

そんな環境下でも迷いなく

「さぁこっち向いて!あそこに向かって突き進もう!」

なんて中高生の部活のように大の大人をそんなふうにコントロールするのもアレかな、と思ったので。

 

でもしてみよう、と思ったわけです。

なぜするのかですが、えーと、この辺興味ないヒトは下↓の★★★★★まで読み飛ばしてください。

 

5年間沖縄にいました。

最初に住んだ所から400mの所にアールビーズ沖縄事業所があったんですね。

で、せっかくご近所様になったのだから週イチでクラス持ちませんか?となったわけです。

その名も「岩本塾」(笑)。

この手の業務も実は沖縄に移るかなり前にに卒業していたのですが、いい意味で沖縄のホビーランナーさんたちは伸びしろいっぱいだったものだから、そのクラスをやってみたくなり持つことになりました。

2ヶ月後のNAHAマラソンに向けた週イチの座学30分+実走30分というもの。

緩くいきました。東京のシステムを持っていったら翌週半分来なかったかもです(笑)。

無事、2ヶ月が過ぎNAHAマラソンも大半が完走し、制限時間ギリギリセーフが何人かと、途中アウトが何人かでクラス終了。

のはずが、ここで終わりにしたらまた来年同じレベルで同じことをして同じ結果になると思いまして。。。

つまり、この2ヶ月間がなかったことと同じになるわけです。

 

で、そのクラスのメンバーを中心にして10人くらいの沖縄支部を作りましたclub MY☆STARの。

チーム内のSNSや合宿で内地のメンバーと交流できれば、確実に化けるのは分かっていたので。

速い遅い関係なく、施したことは意識改革とシステム化された練習メニュー。

なんか凄そうだけど、逆に言えばこれだけでした。

怖いですよね、環境。

内地メンバー並みの結果を出すメンバーが出始めました。

40代女子: 3h08 大阪国際女子出場

還暦女子:100kmサブ10間近の10h18

ポール:スパルタスロン26時間台11位

例によってイワモトは練習会にも顔を出さないし、ほぼ野放しですから彼らがすごーく頑張ったんですね。

岩本塾の頃には想像もできない所まで到達してしまった。

一緒に走るでもないのに、彼らの夢に乗って喜びや恐怖やワクワクやドキドキを共有できることがものすご〜くおもしろかったのですね。

 

長くなりましたがこれらがあって「ではもう一度」となったわけです。

つまりそーゆーことです。

 

★★★★★

今回、若干名パーソナル、若干名募集します。

以下、超ザックリな要項です。

 

◎レベル

問いません。

km10分かかるけど年明けから走り始めたい、とか完走狙いでも、痩せたいでも、サブ4狙いでも、ウルトラ狙いでも、東京2020狙いでも(←ここウソ)可。

 

 

 

◎料金

月1円でも10円でも100万円でも適当に決めてください。

もしもあなたが年収100億あるなら月1000万円ください。

ヒリヒリに困窮していたら1円でどうぞ。

 

◎年齢性別

もちろん問いませんがお子様はムリです。

扱い方知らないし。対等にケンカしそうだし俺。

 

◎内容

お任せします。

ユルさ、強さ、ご相談ください。

遠隔ありです。

ご本人が先月Facebookでカミングアウトしたので書きますが、黄色い本の10ページに登場する金沢在住のCさんは週に3〜10往復ほどのメールだけでした。

もちろん開始時に東京でお会いはしましたが。

 

ということで興味がおありの方は

contactclub-mystar.com(を半角@に変えて)までメールください。

 

 



レースがいっぱい(脂肪燃焼のお話)

 

週末、ロード、トレイル、時間走・・・

色々なレースが日本中で開催されましたね。

僕は山北で走った後、チームから3人が参加した神宮外苑24時間チャレンジの応援に行ってきました。

4回目の24時間走のてっちゃん245kmで6位。

速すぎてカメラ対応できず。。。

2013年259km

2014年252km

2017年220km

で、今年245kmにアップだから凄いな50代男子。

 

2回目のyukki。197kmで7位。

速すぎてカメラ対応できず。。。

去年は204kmだったから本人的にはちょっと不満なのかな。

それでも凄いぞ50代。

 

もう一人の50代、マックの画像がない。(←ごめん!)

 

いいですよね、超ウルトラ。

その時の話はまた忘れた頃に。。。

 

さてレースの翌日、特にエグいトレイルレースや暑くなったフルマラソン、ウルトラのレース後に多発する声が・・・、

 

「体脂肪5%減りました〜!」

的な嬉しい叫び。

僕も何度もありました。

今でも海外のレース後、現地で暴飲暴食をひと通り経て帰国、体重計に乗るととっくに元に戻っているはずが現地での暴飲暴食がなかったことだったかのような数値に驚くことがあります。

 

今日はレース後のそんな疑問に対するヒント的なことをつらつらといきましょう。

 

このレース後の体脂肪率激減、それも数日減り続けるあれ、残念ながらそれは半分ウソ。

というより、家庭用体重計の特性からくる誤計算。

 

体重60kgの人が100kmを走り、体脂肪20%から15%へと

 

体脂肪5%減!

 

というコト。。。体重計にはそのように表示されるのですが、残念ながらないです。

 

では実際のところどのくらい体脂肪は減っているのでしょう。

の前に・・・、体重計は体脂肪率をどのように計測しているのでしょうか。

 

体脂肪率は体重計の両足裏に触れる部分の電極から流れる微弱電流によって計測されます。

片方の電力から発せられる微弱電流が身体を通って、逆の足裏の電極にどれだけ戻るかで算出する仕組みだそうです。

体脂肪と、骨、筋肉などそれ以外の組織の抵抗値の差を利用して数字が出てくる、というワケです。

 

例えば普段より長時間または長距離を走った翌日は普段より体脂肪は高温で柔らかいため、電流が通り易くなるそうで、それが誤計算につながるそうです。

 

真冬、お風呂でいっぱい暖まった後に計測すると入浴前に測るよりも1〜2%低く出るのも同じ理由ですよね。

 

では実際に100kmを走った体重60kg 体脂肪率20%の人を例にとって説明してみましょう。

60kgの人が体脂肪率20%ということは、文字通り60kgの全体重の20%が脂肪ということ。

つまり60kgの5分の1が体脂肪です。

ということは全身に12kgの体脂肪を有しているということになります。

 

もしも100kmレースを走ったことで本当に5%の体脂肪が減ったとしたら、その5%の脂肪は3kgにもなるという計算です。

それが真実だとしたら500ccのペットボトルにして約6.5本分。。。

 

では、実際100km走るとどのくらい体脂肪は減るのでしょうか。

一般的な計算式として・・・、

 

体重 × 走った距離 = 消費カロリー

 

と言われています。

つまり↑の人は体重が60kgですから、

 

60kg × 100 = 6000kcal

 

6000kcalもの消費です。

(ややこしくなるので基礎代謝量は含まず)

体脂肪1gは約7.2kcalという計算が主流ですので、

 

6000kcal ÷ 7.2 = 833g

 

つまり、もしも消費したエネルギーがすべて体脂肪だとしたら833gに相当します。

が、実際に全消費エネルギーのうち体脂肪が使われるのは半分くらい?ではないでしょうか。

そうなると・・・、

 

833 ÷ 2 = 416.5g

 

ペットボトル1本弱、ってところでしょうか。

 

ということで何%体脂肪が減ったかというと・・・。

 

実際には約0.7%という計算になります。

20%から約19.3%になったのだからまぁヨシですよね。

 

 

で、ふとこの週末自分はどれだけの体脂肪を使ったかというと・・・、

ちょ・・・、16kmしか走ってない。

 

今から燃焼してきます〜。

 

 



近況 テキなコト。

 

 

すでに3ヶ月半ほど東京に居りまして。

その結果、色々と活動を強いられる流れです。

(イヤではありません、もちろん)

 

今、どんな?

とか

あれはどうなった?

とか

聞かれるのでちょっと報告。

 

マンガの新著のこと。

(一応トレーニング本)

これは以前お知らせしたように、

「10分以上活字を読むのがツラい」(本当か?これ)

という声に応えてという試み。

 

先日編集担当者に呼び出され、

企画もとっくに通っているし、こっちはそのつもりなので

「とにかく進めろ!」と恫喝され、再開しようかと重い気持ちで軽い腰を持ち上げたところです。

(「そのつもり」がどんなつもりなのかは未確認状態)

 

マンガとはいえ、一応「原作」っぽいモノがないとムリで、その原作っぽいモノを書き始めたわけです。

11ヶ月ほど前に。

(史実に基づいたエピソード)

で、1章は完成。

その後がね、ダメなんです自分。

「10分以上活字を書くのがツラい」んです。

まぁ、そんなワケで2章以降に着手するつもりです。

でもこの11ヶ月放置という期間のせいで、発売は来年の10月初旬にまで押しやられる感じ。

来年10月といえばすでに平成ではないワケで、つまり新しい元号になってから平成時代のエピソードを出版してもいいものだろうか、とか真剣に躊躇するのですが、なんかそのつもりです。

(今のところ)

 

 

年内に予定していた24時間走について。

某国某所で12月に開催される予定だった24時間レースです。

この夏の世界同時多発的に発生したハリケーンの影響でコースが相当なダメージを受けたようで、現在エントリーストップ、というか開催されるのか否かも(多分ムリ)アナウンスされていません。

 

そんな宙ぶらりんな状況下ですでに来年の海外レースが(順調にいけば)2個決まりました。

結果、開催不確定なレースに向かうのもかなりアレなので回避決定。

 

お陰で今はのんびり(かつ計画的に)走っています。

主に隅田川テラスなどでこの10月は地味に200kmほど。

 

 

あと、来年早々に開始だと思うのですが、ある雑誌でウルトラの連載をやります。

フルマラソンの雑誌企画には、例えばサブ3狙いとかサブ3.5、サブ4などキッチリした目標設定モノが大量にあるのになぜかウルトラ(主に100km)だけいまでも「完走」狙い的な記事ばかりですよね。

 

ということで、そろそろ完走とか、フルの3倍の時間をかけるゴール目標ではなく、一生に一度くらい潜在能力を最大限に引き出した「真の自己ベスト」を出してみません?

というテイストです。

よって少々エグめのモノになるかと思います。

もちろん練習メニューや理論だけだとこれまで出した著書の中身と変わらないので色々と画策中です。

 

こんなところでしょうか。

 

おっと!

大事なコトを忘れていました。

6月15日から取り組んでいたモノが効果を発揮し始めました。

いや、筋トレとか写経とかではなく

 

「ハゲ治療」ね。

 

とはいってもクスリを飲むだけなのだけど。

最低でも6ヶ月は続けないといけない、というやつなのですが4ヶ月半が過ぎた今、やっといてマジよかった、と思っております。

 

 

もう2個ほど重大な企みがあるのですが、進捗が見られたら報告したいと思います。

 

ではこのへんで。

皆さまごぎげんよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



今月の通販開始しました(終了しました)


終了しました。

発送は11月3日です。

次回は11月25日から3日間です。

 

=== この通販は一般の方もご利用いただけます ===

(ごく稀にMY☆STARメンバー専用ですか?と聞かれるので)

 

お店はこちらです→SHOP MYSTAR

より多くの皆様にご利用いただきたいのですが数量に限りがあるため、原末系(グルタミン、オルニチン)はお一人様4セットまでとさせていただきます。

以下、いつものようにコピーいたします。

よろしくお願い致します。

 

※ お支払いは銀行振込のみです(現在クレジットカード、代金引換はご利用いただけません)

 

トップアスリートのご利用方法NEW! 

蔵本康孝さんの場合

その1

その2

 

【 超重要です。】

発送はヤマトのネコポスになります。
  ※できるだけ発送日までにご入金をお願いしています(ご協力ください)。
  ※最下部の【ご注意】をご確認ください。

 

商品紹介を一部加筆しました→L-グルタミンとオルニチン加筆←ぜひ読んでみてください。

以下は恒例のコピー記事です(手抜きでごめんなさい)。

今回もきょうから3日間、受注します(なくなり次第終了です)。
では、今回も先月のコピー記事で失礼します。

 

コナ系はすべて国産 純度100%です。
原末A. L-グルタミン500g
 原末B. L-グルタミン500g + オルニチン100g
 原末C. L-グルタミン500g + オルニチン200g 
 原末D. L-グルタミン500g + オルニチン300g 
です。
※A〜Dそれぞれ100セット限定です。

 

ヘムライズ付きセット

ヘムライズの詳細はこちらでどうぞ。

原末A. L-グルタミン500g + ヘムライズ60g
 原末B. L-グルタミン500g + オルニチン100g + ヘムライズ60g
 原末C. L-グルタミン500g + オルニチン200g + ヘムライズ60g
 原末D. L-グルタミン500g + オルニチン300g + ヘムライズ60g
です。
※A〜Dそれぞれ100セット限定です。

 

さてさて、
通販について、取り扱い商品は現在大きく分けて2のカテゴリーがあります。


1つは岩本が自分に必要だけど、原末メーカーから個人で調達するとしたらとても量が多過ぎて現実的とはいえなかったものを「共同購入」のような形で直接仕入れて分包し、皆さんにお売りした、ということがはじまりのアミノ酸系の原末
・L−グルタミン原末 500g
・オルニチン原末 100g 200g 300g

 

2つ目は長くお付き合いしているメーカーさんの商品(アリスト社など)

です。

 

L−グルタミンとオルニチンについては過去の記事で読むことが出来ます。


◎L−グルタミン
「今1番弱っているトコロに効く」というアミノ酸。
だから過去の記事のようなコトも起こるし、RUNやRUNで疲労した身体に有効です。
L-グルタミンが含まれたサプリメントは多々ありますが、これは原末です。


これ、岩本がレース前の鍛錬期やレース中に、より高品質な原末を探していたところたどり着いたワケですが、1kgや2kgという小さい単位で買うことが出来なかったため、チームのメンバーと共同購入したことから口コミでウワサが広がり、通販を開始するに至った、という歴史(?)を持つブツです。
現在、購入される人の8割がリピーターさんです。


反響として多いのは、疲労が抜けやすい、朝がラク、はもちろん、肌、ツメなど身体の外側の変化の他、意外なところでは口内炎、胃痛、ムクミに効く、などでしょうか。
あとは忘れてはならないのが肝臓。
お酒の前中後に、って人は多分岩本だけじゃないかと思います(笑)。


◎オルニチン
話題ですよね。
「しじみ◎◎個分!」というアレです。
疲労物質の除去や解毒は腎臓、肝臓が頑張っているわけだけど、主にそれらの働きを強力にアシストするようです。
ただ、「しじみ◎◎個分!」というアレは飲みやすく錠剤になっていますがコチラの原末は文字通り原末ですから・・・・要するに・・・「不味い」です。
逆に言えば100%オルニチンなので一気に摂ることが可能です。


オルニチンで有名な協和発酵バイオの原末が手に入って使ってみたらすごくよかったのでL−グルタミンと同じように通販にラインナップしました。
この原末も事前に試したモノ同様、協和発酵バイオのモノです。
扱い始めて5ヶ月経ちますが、あっという間にほとんどの人がL−グルタミン+オルニチンのセット購入になりました。


周囲からはとにかくムクミに効くという声。
ムクミっていまだに「水分の摂り過ぎ」だと思っている人がいますけど、原因は体内の疲労物質や有害物質を腎臓、肝臓で分解しきれなかったことで発生する現象。
つまり、腎臓、肝臓がキャパオーバーで仕事をやり残して朝を迎えた、または現在進行形でその作業が追いついていない、ということなんですよね。
疲労管理、生活にもRUNにも大切だと思います。


あと、同じ「L−グルタミン」、「オルニチン」として売られているモノの製品の違いについては、コチラの記事で詳しく書いています→「純度」

 

L−グルタミンは1回5gが目安です。
(5gはペットボトルのキャップに軽く1杯が目安)
そのまま口に入れて水で飲み込んでください。
朝晩、RUN後、お酒後など。


オルニチンは1回1〜2gをL-グルタミンと同じタイミングで。
同じように水で飲み込んでください。ただし、まずいっす。


◆ ファストウォーター
こんなものです!という開発秘話なんかもアリの記事がランネットにアップされています。
ぜひコチラをどうぞ。
スイカ味の経口補水ドリンク粉末です。 

 

◆ エナジージェル メダリスト
アップルとグレープフルーツ、ブドウの3種類があります。
(アップル、グレープフルーツ半々のセットもあり)

(アップル、グレープフルーツ、ブドウ4個ずつのセットもあり)


◆ アミノダイレクト(BCAA粉末)
BCAAは前世界的に「不味いもの」と言われてますが、これはかなり◎です。

増量キャンペーン中です。

◆ スーパーメダリスト9000
クエン酸 3000mg
BCAA 4000mg
HMB 500mg
L-グルタミン 500mg
カフェイン 100mg
詳しくは↑のリンクからご確認を。。。

増量キャンペーン中です。

◆ メダリスト500mg
クエン酸飲料のド定番。500cc用の粉末です。
 

◆ メダリスト乳酸菌

アリスト社の新商品、取り扱い開始しました。

乳酸菌1000億個含有です。

 

詳しくはコチラを!

(凄いっすよね↑)

更新!店長日記MEDALIST乳酸菌のこと

(店長日記は岩本ではなくMY☆STARのとある女子メンバーが書いています)


【ご注意】
  ・すべての商品はヤマトのネコポスでの発送です。
   ・ネコポスの規格内におさめるため、超簡易包装になることをご容赦ください。
   ・ネコポスは戸別配達ではなく、郵便受けへの投函になります。
   ・複数点数をご購入の場合、日がずれて届く場合があります。
   ・地域によっては発送日から3日ほど要する場合があります。
   ・3日ほど経っても届かない場合、必ずご連絡をください(発送漏れの可能性があります)。
   (contact☆club-mystar.com ←☆を@に変えてください)