MY STAR 仮店舗はこちら

エナジージェルMEDALISTコーヒー味(カフェイン入り)完成! 

 

ずーっと前から

「カフェイン入りのジェルを」

の声に応えるべく、試作を繰り返してきました。

 

かれこれ5年以上も前から試行錯誤を続け・・・。

ついに完成→発売に至りました。

エナジージェルMEDALISTコーヒー味(カフェイン入り)

ロング練習中やレース中の「ここぞ!」に効きます。

昨日から全国のショップに並び始めたので皆さん是非ご利用くださいね。

味はまんまコーヒーゼリーで、しっかり咀嚼感があります。

ジェル特有の「ねっとり感」が苦手なヒトや、レース後半で食欲が減退している局面でも確実に美味しいと思ってもらえるはずです。

 

 

さて、久しぶりなのでMEDALISTジェルストーリーを振り返ってみましょう。

今では圧倒的シェアを誇るMEDALISTのエナジージェルですが、そもそもの始まりは2012年でした。

レース中、胃腸の機能が停止してしまう理由のひとつが、よかれと思って摂ったジェルに含まれるあまり嬉しくない原料。

その、あまり嬉しくない原料をヒトの身体は「取り込みたくない」ワケで、その結果胃腸の働きを止めちゃう。

そうなると本当に必要なモノ(水分、電解質、アミノ酸、糖質など)まで吸収を妨げてしまう。

それが原因でガス欠、脱水、痙攣、嘔吐・・・。

結果、レース(や身体)にありがたくない影響がおよぶ。

 

だったら!

あまり嬉しくない原料を排除し、天然由来の原料だけを使って胃腸(つまり身体)が嫌がらず、ちゃんと機能し続けられるジェルを作ろう!

となったワケです。

 

偉そうに岩本能史プロデュースなどと謳われていますが、作るのは岩本ではなくMEDALISTのアリスト社。

(岩本は試作品を味見したり、ロングで使ったりしてアレコレと口を出すだけ)

そんな中、2012年に完成したのがリンゴジェルでした。

その後、グレープフルーツ、ぶどう、とすべて天然由来の成分でリリースし、今回のコーヒー味が新たに加わったという流れです。

 

コーヒー味のリリースになぜこんなに時間がかかったのかというと、単にコーヒーフレーバーで味付けしたり、人工的なカフェインを使うことなく本物の素材にこだわったから。

思うような味にならなかったり、劣化が早かったり、と色々とクリアしなければならない問題が発生し続け、ひとつひとつ対処した結果、なのでした。

原料はちゃんとコーヒーとはちみつだし、カフェインも天然のコーヒー由来で作ることが出来ました。

 

ロング練習やレースにポケットに入れておけばきっと頼りになるアイテムですよ。

 

今月25日からの月イチ通販でも扱いますのでお楽しみに〜。



赤い本で初ウルトラに向かう皆さんへ

 

例えばチャレンジ富士五湖で100kmデビューを考えている皆さんの場合、今週が【第4週目】のメニューになりますよね。

そんな読者の皆さんからチラホラと↓のような声が届きます。

 

「13週間では不安なので2週余裕を見て15週前からスタートしていますが・・・(続く)」

 

ちょ、おい!13週でやろう!というレールなのだからちゃんとトレースしなさいよっ!というのは置いといて、それってもしかしたらありかも、なんて不覚にも「その手あるよな!」感いっぱいです(笑)。

だって雪!とか体調!とか巣作り!(←ねーよ)とか色んな障害が考えられますからね。

(でもちゃんと13週で終わったらレースまでの2週はどーするの?)

で、問題はそこではなく、

 

「(続き)・・・昨日やった5週目の40km走がとてつもなく苦しかったです。レースペースとありましたがとても無理で後半ズルズルと(中略)、フルマラソンで経験済みの距離なのにあまりの疲労と脚の重さに(中略)、これでもまだレースの40%で残り60kmなんて本当に走りきれる気がまったくしないし、(中略)来週の峠走30kmを挟んでその次の週は50kmに(中略)、昨日の40kmが終わったあと、もう1ミリも前に進めなかったし・・・(後略)」

 

と続きます。

ちょっと前のワタクシなら

「ツベコベ言わずに◎※☆▼%っ!」

と斬り捨てておりましたが、ちょっと最近変わってきまして自分。

 

今年ウルトラ歴20周年なんですね。

で、20年前の気持ちに戻ってちょっとした挑戦を企てていて、それに向けて原点回帰し、諸々取り組んでいるんです。

そうしたらね、↑の声と同じ声が聞こえてくるんです。

どこからか?って?

自分の中から聞こえるんです自分発信の声が。

「これでホントにレースの距離分走れるようになるの?俺?」って。

 

「まだ」

とか

「もう」

とか

「今は」

とか

「既に」

とか

「自分にだけは」

とか

思うものなんです。

不安な時、自信がない時、思うんです、「無理」って。

 

20年目です。

変わりました。いろいろ。

年齢、脚、疲労の抜け、髪の毛の抜け(うるせぇよ!)・・・。

 

20年目でも変わっていないものもあります。

練習ダイアリーね。

20年間、まったく同じものを使っていて、今年もそれ買いました。

 

20年前の1月から4月のチャレンジ富士五湖100kmに向けて走り出しました。

その時のダイアリー、見ちゃったよ俺、昨日。

 

「100kmってこの倍の距離・・・。できる気がしない。」

「60kmまでは走れた。でもまだあと皇居8周って。。。全歩きか?歩けるのか?」

とか色々と泣き言の数々。

 

で、

「現実を直視するのをやめよう!」

とおかしな開き直り的トンチンカンな打開策を見出したかと思えば、

「現実から逃げてはダメ!」

と一見ポジティブだが身も蓋もないZARD坂井泉水感を漂わせたり。。。

 

結論いきますね。

無理かもだけどやるだけやってみないとわからないじゃん。

 

誰に言ってるのか?って?

赤い本を前にうつむき勝ちなあなたと、あと自分に。

 

 

 

 

 



連絡事項と今日の露出。。。

 

トラブルで一部の皆さまとのメールのやり取りがなぜか出来ない状態が続いています。

携帯メール、LINE、その他でご連絡いただければ幸いです。

 

すっかり告知を忘れていましたが22日発売の月刊ランナーズ3月号にお邪魔しています。

RUN絡みの食のあの連載です。

今回は沖縄のRUNと沖縄のアレを取り上げています。

よろしければご覧ください。

 



【完売】今月の通販開始しました(リピーター感想文1名追加)

時間前ですがが完売につき終了しました。

ありがとうございました。、

発送は2月2日の予定です。

 

 

ショップはこちらです。

商品の詳細ページはこちらまたはこの記事の一番↓です。

 

ビックリの

◎ リピート率81.4%

◎ 3年後継続率73.3%

という集計(2015年10月25日〜2018年11月28日現在)が出ました。

今回はリピーターの皆さんの中から数人の方にお願いし、使用法や使用感などを掲載しました(今月1名追加。Yukkiさん)。

深夜の通販番組の売込みのようにならないように(笑)、送信いただいた文章を(多少体裁は整えましたが)そのまま載せています。

(逆にかなり怪しくなってます(笑))

 

New!→)◎Yukki(55歳)東京都

2018年24時間走50代世界ランク7位。今年はスパルタスロン参戦予定。リピート歴7年

 

◎石川佳彦(30歳)徳島県

24時間走世界チャンピオン、スパルタスロン優勝

スパルタスロン後の蓄積疲労抜きを短期間で解消し24時間アジアオセアニア選手権優勝

 

 

◎武田響(19歳)沖縄県

走りません

お肌のため。キメ、毛穴、皮脂、ニキビ、化粧崩れ対策

 

 

◎伊藤由香(45歳)愛知

フル 3時間04分

300~400km/月

体調がよく、お酒が残らなくなった

 

 

◎尾崎陽一(41歳)大分県

100km 8h56

さくら道 31h16

スパルタスロン 34h59

以前から悩まされていたレース翌日の歩行困難状態から脱却

 

 

◎ルリ(40代)東京都

フル 2:58

(現在MY☆STARで一番速い女子・岩本注)

みんなが飲み始めたら、ますます強くなっちゃいそうで…できれば教えたくないサプリです(笑)

 

 

◎大川紀夫(48歳)東京都

100km 8:39:15

スパルタスロン 33:03:11

レース中にも必ず摂取。スパルタスロン翌日も朝3:00にシャキッと目覚め

 

 

◎小椋桃子(40代)

2018さいたま国際3'26'32

8/10の両脚大腿骨の疲労骨折診断からの大量摂取が8/26北海道マラソンで復活

 

 

◎高橋有紀子(40代)大阪府

100km 10時間12分

他のサプリに浮気していた半年間、爪の伸びが鈍ってやっぱり出戻り

 

 

◎向江ポール司(43歳)沖縄県

フル 2:57

100km 8:39

スパルタスロン 26:24(2018年11位)

ポイント練習後、レース前中後、飲酒前中後に

 

 

◎ミケ(56歳)神奈川県

フル 約6時間

激務の息子共々、体調維持に。風邪を引きにくくなりました。

 

 

=== この通販は一般の方もご利用いただけます ===

(ごく稀にMY☆STARメンバー専用ですか?と聞かれるので)

12月25日6:00から72時間限定です。

(在庫がなくなり次第、終了します)

 

お店はこちらです→SHOP MYSTAR

より多くの皆様にご利用いただきたいのですが数量に限りがあるため、原末系(グルタミン、オルニチン)はお一人様4セットまでとさせていただきます。

以下、いつものようにコピーいたします。

よろしくお願い致します。

 

※ お支払いは銀行振込のみです(現在クレジットカード、代金引換はご利用いただけません)

 

【 超重要です。】

発送はヤマトのネコポスになります。
     ※できるだけ発送日までにご入金をお願いしています(ご協力ください)。
     ※最下部の【ご注意】をご確認ください。

 

商品紹介を一部加筆しました→L-グルタミンとオルニチン加筆←ぜひ読んでみてください。

以下は恒例のコピー記事です(手抜きでごめんなさい)。

今回もきょうから3日間、受注します(なくなり次第終了です)。
では、今回も先月のコピー記事で失礼します。

 

コナ系はすべて国産 純度100%です。
原末A. L-グルタミン500g
 原末B. L-グルタミン500g + オルニチン100g
 原末C. L-グルタミン500g + オルニチン200g 
 原末D. L-グルタミン500g + オルニチン300g 
です。
※A〜Dそれぞれ100セット限定です。

 

ヘムライズ付きセット

ヘムライズの詳細はこちらでどうぞ。

原末A. L-グルタミン500g + ヘムライズ60g
 原末B. L-グルタミン500g + オルニチン100g + ヘムライズ60g
 原末C. L-グルタミン500g + オルニチン200g + ヘムライズ60g
 原末D. L-グルタミン500g + オルニチン300g + ヘムライズ60g
です。
※A〜Dそれぞれ100セット限定です。

 

さてさて、
通販について、取り扱い商品は現在大きく分けて2のカテゴリーがあります。


1つは岩本が自分に必要だけど、原末メーカーから個人で調達するとしたらとても量が多過ぎて現実的とはいえなかったものを「共同購入」のような形で直接仕入れて分包し、皆さんにお売りした、ということがはじまりのアミノ酸系の原末
・L−グルタミン原末 500g
・オルニチン原末 100g 200g 300g

 

2つ目は長くお付き合いしているメーカーさんの商品(アリスト社など)

です。

 

L−グルタミンとオルニチンについては過去の記事で読むことが出来ます。


◎L−グルタミン
「今1番弱っているトコロに効く」というアミノ酸。
だから過去の記事のようなコトも起こるし、RUNやRUNで疲労した身体に有効です。
L-グルタミンが含まれたサプリメントは多々ありますが、これは原末です。


これ、岩本がレース前の鍛錬期やレース中に、より高品質な原末を探していたところたどり着いたワケですが、1kgや2kgという小さい単位で買うことが出来なかったため、チームのメンバーと共同購入したことから口コミでウワサが広がり、通販を開始するに至った、という歴史(?)を持つブツです。
現在、購入される人の8割がリピーターさんです。


反響として多いのは、疲労が抜けやすい、朝がラク、はもちろん、肌、ツメなど身体の外側の変化の他、意外なところでは口内炎、胃痛、ムクミに効く、などでしょうか。
あとは忘れてはならないのが肝臓。
お酒の前中後に、って人は多分岩本だけじゃないかと思います(笑)。


◎オルニチン
話題ですよね。
「しじみ◎◎個分!」というアレです。
疲労物質の除去や解毒は腎臓、肝臓が頑張っているわけだけど、主にそれらの働きを強力にアシストするようです。
ただ、「しじみ◎◎個分!」というアレは飲みやすく錠剤になっていますがコチラの原末は文字通り原末ですから・・・・要するに・・・「不味い」です。
逆に言えば100%オルニチンなので一気に摂ることが可能です。


オルニチンで有名な協和発酵バイオの原末が手に入って使ってみたらすごくよかったのでL−グルタミンと同じように通販にラインナップしました。
この原末も事前に試したモノ同様、協和発酵バイオのモノです。
扱い始めて5ヶ月経ちますが、あっという間にほとんどの人がL−グルタミン+オルニチンのセット購入になりました。


周囲からはとにかくムクミに効くという声。
ムクミっていまだに「水分の摂り過ぎ」だと思っている人がいますけど、原因は体内の疲労物質や有害物質を腎臓、肝臓で分解しきれなかったことで発生する現象。
つまり、腎臓、肝臓がキャパオーバーで仕事をやり残して朝を迎えた、または現在進行形でその作業が追いついていない、ということなんですよね。
疲労管理、生活にもRUNにも大切だと思います。


あと、同じ「L−グルタミン」、「オルニチン」として売られているモノの製品の違いについては、コチラの記事で詳しく書いています→「純度」

 

L−グルタミンは1回5gが目安です。
(5gはペットボトルのキャップに軽く1杯が目安)
そのまま口に入れて水で飲み込んでください。
朝晩、RUN後、お酒後など。


オルニチンは1回1〜2gをL-グルタミンと同じタイミングで。
同じように水で飲み込んでください。ただし、まずいっす。


◆ ファストウォーター
こんなものです!という開発秘話なんかもアリの記事がランネットにアップされています。
ぜひコチラをどうぞ。
スイカ味の経口補水ドリンク粉末です。 

 

◆ エナジージェル メダリスト
アップルとグレープフルーツ、ブドウの3種類があります。
(アップル、グレープフルーツ半々のセットもあり)

(アップル、グレープフルーツ、ブドウ4個ずつのセットもあり)

 

◆ アミノダイレクト(BCAA粉末)
BCAAは前世界的に「不味いもの」と言われてますが、これはかなり◎です。

増量キャンペーン中です。

◆ スーパーメダリスト9000
クエン酸 3000mg
BCAA 4000mg
HMB 500mg
L-グルタミン 500mg
カフェイン 100mg
詳しくは↑のリンクからご確認を。。。

増量キャンペーン中です。

◆ メダリスト500mg
クエン酸飲料のド定番。500cc用の粉末です。
 

◆ メダリスト乳酸菌

アリスト社の新商品、取り扱い開始しました。

乳酸菌1000億個含有です。

 

詳しくはコチラを!

(凄いっすよね↑)

更新!店長日記MEDALIST乳酸菌のこと

(店長日記は岩本ではなくMY☆STARのとある女子メンバーが書いています)


【ご注意】
     ・すべての商品はヤマトのネコポスでの発送です。
      ・ネコポスの規格内におさめるため、超簡易包装になることをご容赦ください。
      ・ネコポスは戸別配達ではなく、郵便受けへの投函になります。
      ・複数点数をご購入の場合、日がずれて届く場合があります。
      ・地域によっては発送日から3日ほど要する場合があります。
      ・3日ほど経っても届かない場合、必ずご連絡をください(発送漏れの可能性があります)。
      (contact☆club-mystar.com ←☆を@に変えてください)



【なぜ?】乾燥すると風邪をひく【と対策】

 

この時期本当に多い「風邪ひいちゃって」というセリフ。

勝負レースに向けてせっかく頑張っているのに1度の風邪で◎△※、というレース結果はなんとも残念。

 

「なぜ空気が乾燥すると風邪を引きやすいのか」が解れば対策もある程度可能。

 

 

では「なぜ空気が乾燥すると風邪を引きやすいのか」

 

1. 湿度が高ければ、誰かのセキやクシャミで空気中に飛散した何万ものウィルスが水分とともにすぐに地面に落ちますが、湿度50%を切ると30分も空気中を漂うこともあります。

 

2. 風邪のウィルスはノドから侵入しますが、空気が乾燥するとノドまで乾燥して簡単に炎症を起こします(セキが頻繁に出る状態はすでに炎症中)。

炎症とノド粘膜の乾燥によってウィルスが簡単に入ってきてしまいます。

 

ウィルスに感染せず、ノドが炎症を起こしただけの状態をセキ風邪とか風邪の初期症状などと呼ばれますが、この状態でも走りには影響するので要注意。

 

最近、異常乾燥注意報発令の日々。

ノドにきている人も多いのはそんな理由か。

部屋を加湿することと、喉を乾かさない工夫(のど飴、飲み物など)を忘れずに。

 

あと、よく聞くのがせっかく万全で乗り込んだのに前泊のホテルでノドをやられて・・・、というもの。

もちろん加湿器が備え付けられていたりフロントで貸し出してもらえるならそれで!

 

ホテルの部屋、とにかく乾燥がすごいですよね。

(原因は気密性や外気温との差などですが詳しくは省きます)

 

◆エアコンの設定は20℃で

→ここら辺を境に一気に乾燥が加速します。

 

◆バスタブに出来るだけ熱いお湯を張る

→底から数センチでオッケーです。

→換気扇は使わない。

→浴室のドアは開けたまま。

 

◆エアコン吹き出し口に濡れタオルを。

→天井にビルトインの場合、吊るす。

→床置きの場合、乗せる。

(この場合、吹き出し口を塞がないように。たたんで丸めた状態でオッケー)

 

◆ベッドの周囲にお湯を置く。

→もちろん冷めれば水。それでもオッケー。

 

こんな感じですが、驚くほど効果があります。

あと・・・、その日着用して洗っておきたい衣類などを手洗いして室内に干すなどもアリ。

 

まぁそんな感じです。

 

 



2019年の目標・・・F.U.R.O.

 

一応、今年の目標を決めました。

F.U.R.O.

 

今年は風呂に入る人間になろうと思います。

え?今まで入らなかったの?ですって?

入りませんよそんなもの。

 

世界中で日常的に風呂に入っている人ってどのくらいいると思います?

70億人中たったの1.2億人ですから。

1.7%だけです。

(※日常的に風呂に入るのは日本人だけ説を元に算出)

 

風呂に入らないで疲労は取れるの?

RUNに影響ないの?

と聞かれます。たまにね。

 

では問いたい。

歴代オリンピック男女マラソン金メダリスト、37人のうち、日常的に風呂に入っていた人が何人いたと思います?

2人ですよ、2人。

残りの35人は風呂に入らない人。

ほら、これを見る限り風呂に入ったから有利に働くとはとても断言できない。

 

オリンピックじゃなくてお前はどーなの?

はいはい。

では歴代スパルタスロンのデータを紐解いてみましょう。

1983年から35回を数えるスパルタスロン、のべ715人の日常的に風呂に入る国の人がゴールしています。

そのうち風呂に入らないのは(推定)1人。

風呂に入るのべ714人で入らない1人より速くゴールしている人は13人。

残りののべ701人は後ろ。。。

 

ほら、だから風呂に入るか入らないかは大きな問題ではないのです。

 

ということで風呂に入る必要なし!

ええもちろんこれまでもこれからもね!

 

あれ?

ま、いいか。

やっぱり目標撤回でお願い。

 

 

強いて目標・・・、うーん・・・、

「現状維持」

かな。

 

あ、もう一個。

これは多分無理かもだけど、けっこういるかもだけど、

「真人間になる」

 

今年もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 



【SOLD OUT】今月の通販開始しました(リピーター感想文掲載)

 

12月分終了しました。ありがとうございました。

発送は本日(12/28)です。来月は1月25日より3日間です。

 

 

ショップはこちらです。

商品の詳細ページはこちら、またはこの記事の一番↓です。

 

ビックリの

◎ リピート率81.4%

◎ 3年後継続率73.3%

という集計(2015年10月25日〜2018年11月28日現在)が出ました。

今回はリピーターの皆さんの中から数人の方にお願いし、使用法や使用感などを掲載しました。

深夜の通販番組の売込みのようにならないように(笑)、送信いただいた文章を(多少体裁は整えましたが)そのまま載せています。

(逆にかなり怪しくなってます(笑))

 

◎石川佳彦(30歳)徳島県

24時間走世界チャンピオン、スパルタスロン優勝

スパルタスロン後の蓄積疲労抜きを短期間で解消し24時間アジアオセアニア選手権優勝

 

 

◎武田響(19歳)沖縄県

走りません

お肌のため。キメ、毛穴、皮脂、ニキビ、化粧崩れ対策

 

 

◎伊藤由香(45歳)愛知

フル 3時間04分

300~400km/月

体調がよく、お酒が残らなくなった

 

 

◎尾崎陽一(41歳)大分県

100km 8h56

さくら道 31h16

スパルタスロン 34h59

以前から悩まされていたレース翌日の歩行困難状態から脱却

 

 

◎ルリ(40代)東京都

フル 2:58

(現在MY☆STARで一番速い女子・岩本注)

みんなが飲み始めたら、ますます強くなっちゃいそうで…できれば教えたくないサプリです(笑)

 

 

◎大川紀夫(48歳)東京都

100km 8:39:15

スパルタスロン 33:03:11

レース中にも必ず摂取。スパルタスロン翌日も朝3:00にシャキッと目覚め

 

 

◎小椋桃子(40代)

2018さいたま国際3'26'32

8/10の両脚大腿骨の疲労骨折診断からの大量摂取が8/26北海道マラソンで復活

 

 

◎高橋有紀子(40代)大阪府

100km 10時間12分

他のサプリに浮気していた半年間、爪の伸びが鈍ってやっぱり出戻り

 

 

◎向江ポール司(43歳)沖縄県

フル 2:57

100km 8:39

スパルタスロン 26:24(2018年11位)

ポイント練習後、レース前中後、飲酒前中後に

 

 

◎ミケ(56歳)神奈川県

フル 約6時間

激務の息子共々、体調維持に。風邪を引きにくくなりました。

 

 

=== この通販は一般の方もご利用いただけます ===

(ごく稀にMY☆STARメンバー専用ですか?と聞かれるので)

12月25日6:00から72時間限定です。

(在庫がなくなり次第、終了します)

 

お店はこちらです→SHOP MYSTAR

より多くの皆様にご利用いただきたいのですが数量に限りがあるため、原末系(グルタミン、オルニチン)はお一人様4セットまでとさせていただきます。

以下、いつものようにコピーいたします。

よろしくお願い致します。

 

※ お支払いは銀行振込のみです(現在クレジットカード、代金引換はご利用いただけません)

 

【 超重要です。】

発送はヤマトのネコポスになります。
    ※できるだけ発送日までにご入金をお願いしています(ご協力ください)。
    ※最下部の【ご注意】をご確認ください。

 

商品紹介を一部加筆しました→L-グルタミンとオルニチン加筆←ぜひ読んでみてください。

以下は恒例のコピー記事です(手抜きでごめんなさい)。

今回もきょうから3日間、受注します(なくなり次第終了です)。
では、今回も先月のコピー記事で失礼します。

 

コナ系はすべて国産 純度100%です。
原末A. L-グルタミン500g
 原末B. L-グルタミン500g + オルニチン100g
 原末C. L-グルタミン500g + オルニチン200g 
 原末D. L-グルタミン500g + オルニチン300g 
です。
※A〜Dそれぞれ100セット限定です。

 

ヘムライズ付きセット

ヘムライズの詳細はこちらでどうぞ。

原末A. L-グルタミン500g + ヘムライズ60g
 原末B. L-グルタミン500g + オルニチン100g + ヘムライズ60g
 原末C. L-グルタミン500g + オルニチン200g + ヘムライズ60g
 原末D. L-グルタミン500g + オルニチン300g + ヘムライズ60g
です。
※A〜Dそれぞれ100セット限定です。

 

さてさて、
通販について、取り扱い商品は現在大きく分けて2のカテゴリーがあります。


1つは岩本が自分に必要だけど、原末メーカーから個人で調達するとしたらとても量が多過ぎて現実的とはいえなかったものを「共同購入」のような形で直接仕入れて分包し、皆さんにお売りした、ということがはじまりのアミノ酸系の原末
・L−グルタミン原末 500g
・オルニチン原末 100g 200g 300g

 

2つ目は長くお付き合いしているメーカーさんの商品(アリスト社など)

です。

 

L−グルタミンとオルニチンについては過去の記事で読むことが出来ます。


◎L−グルタミン
「今1番弱っているトコロに効く」というアミノ酸。
だから過去の記事のようなコトも起こるし、RUNやRUNで疲労した身体に有効です。
L-グルタミンが含まれたサプリメントは多々ありますが、これは原末です。


これ、岩本がレース前の鍛錬期やレース中に、より高品質な原末を探していたところたどり着いたワケですが、1kgや2kgという小さい単位で買うことが出来なかったため、チームのメンバーと共同購入したことから口コミでウワサが広がり、通販を開始するに至った、という歴史(?)を持つブツです。
現在、購入される人の8割がリピーターさんです。


反響として多いのは、疲労が抜けやすい、朝がラク、はもちろん、肌、ツメなど身体の外側の変化の他、意外なところでは口内炎、胃痛、ムクミに効く、などでしょうか。
あとは忘れてはならないのが肝臓。
お酒の前中後に、って人は多分岩本だけじゃないかと思います(笑)。


◎オルニチン
話題ですよね。
「しじみ◎◎個分!」というアレです。
疲労物質の除去や解毒は腎臓、肝臓が頑張っているわけだけど、主にそれらの働きを強力にアシストするようです。
ただ、「しじみ◎◎個分!」というアレは飲みやすく錠剤になっていますがコチラの原末は文字通り原末ですから・・・・要するに・・・「不味い」です。
逆に言えば100%オルニチンなので一気に摂ることが可能です。


オルニチンで有名な協和発酵バイオの原末が手に入って使ってみたらすごくよかったのでL−グルタミンと同じように通販にラインナップしました。
この原末も事前に試したモノ同様、協和発酵バイオのモノです。
扱い始めて5ヶ月経ちますが、あっという間にほとんどの人がL−グルタミン+オルニチンのセット購入になりました。


周囲からはとにかくムクミに効くという声。
ムクミっていまだに「水分の摂り過ぎ」だと思っている人がいますけど、原因は体内の疲労物質や有害物質を腎臓、肝臓で分解しきれなかったことで発生する現象。
つまり、腎臓、肝臓がキャパオーバーで仕事をやり残して朝を迎えた、または現在進行形でその作業が追いついていない、ということなんですよね。
疲労管理、生活にもRUNにも大切だと思います。


あと、同じ「L−グルタミン」、「オルニチン」として売られているモノの製品の違いについては、コチラの記事で詳しく書いています→「純度」

 

L−グルタミンは1回5gが目安です。
(5gはペットボトルのキャップに軽く1杯が目安)
そのまま口に入れて水で飲み込んでください。
朝晩、RUN後、お酒後など。


オルニチンは1回1〜2gをL-グルタミンと同じタイミングで。
同じように水で飲み込んでください。ただし、まずいっす。


◆ ファストウォーター
こんなものです!という開発秘話なんかもアリの記事がランネットにアップされています。
ぜひコチラをどうぞ。
スイカ味の経口補水ドリンク粉末です。 

 

◆ エナジージェル メダリスト
アップルとグレープフルーツ、ブドウの3種類があります。
(アップル、グレープフルーツ半々のセットもあり)

(アップル、グレープフルーツ、ブドウ4個ずつのセットもあり)

 

◆ アミノダイレクト(BCAA粉末)
BCAAは前世界的に「不味いもの」と言われてますが、これはかなり◎です。

増量キャンペーン中です。

◆ スーパーメダリスト9000
クエン酸 3000mg
BCAA 4000mg
HMB 500mg
L-グルタミン 500mg
カフェイン 100mg
詳しくは↑のリンクからご確認を。。。

増量キャンペーン中です。

◆ メダリスト500mg
クエン酸飲料のド定番。500cc用の粉末です。
 

◆ メダリスト乳酸菌

アリスト社の新商品、取り扱い開始しました。

乳酸菌1000億個含有です。

 

詳しくはコチラを!

(凄いっすよね↑)

更新!店長日記MEDALIST乳酸菌のこと

(店長日記は岩本ではなくMY☆STARのとある女子メンバーが書いています)


【ご注意】
    ・すべての商品はヤマトのネコポスでの発送です。
     ・ネコポスの規格内におさめるため、超簡易包装になることをご容赦ください。
     ・ネコポスは戸別配達ではなく、郵便受けへの投函になります。
     ・複数点数をご購入の場合、日がずれて届く場合があります。
     ・地域によっては発送日から3日ほど要する場合があります。
     ・3日ほど経っても届かない場合、必ずご連絡をください(発送漏れの可能性があります)。
     (contact☆club-mystar.com ←☆を@に変えてください)



お邪魔しました&お邪魔しております

 

3日間沖縄にお邪魔してきました。

 

沖縄のどこに行っても誰に会ってもまず↓のような会話から始まります。

「沖縄寒いでしょ?」

「えっ?東京は吐く息が白いっすからこっちは天国」

「いやぁ、昨日あたりから本当に寒くなったんですよ」

「これを寒いといったらバチ当たりますって」

「よく短パンで寒くないですね。まるで観光客」

「東京ではヒートテック&ダウン着てますから。あ、俺観光客だから」

これ、まんま逆の立場でこれまで5年間やってた会話。

 

元居住者として、また訪沖者として断言できるのは

「沖縄は冬に行け」

ですね。

今日なんか27℃予報ですから。

 

さて本日発売の月刊ランナーズ2月号、p91にお邪魔しています。

例の連載です。

 

あと、今月号は里奈どんも書いています(p59)。

今年のレースレポと来年の参戦レースについて、です。

 

それにしても各誌、ウルトラランナーが多く登場するようになりましたね。

時代、変わったなぁ。。。

 

皆さん、楽しい連休をお過ごしください。

 



アーチってそんなに大切?

 

昨日、ある方と話していて。。。

「岩本さん、扁平足(アーチがない)ですよね?」

となりました。

(この方は雑談の中で普通に純粋な興味から聞かれただけで↓に続く文章とは関係ありません)

 

ということで以前はイベントやセミナー、トークショーなんかでかなり多く聞かれたものです。

「別になにも・・・」

と答えます。

 

そしてこう聞き返します。

「あなたも扁平足(アーチない)ですか?」

と。

 

ここで返ってくるのは99%が

「はい」

です。

そりゃそうですよね。

 

そこでもう一回聞きます。

「扁平足で何か困ってますか?」

 

驚くことにほとんどが

「いいえ」

です。

 

困ってないなら別になくてもいーじゃん。

シッポだって必要なくなったから退化したんだし。

困ってないんだったらなんでそんなに悩むのかな?と思うわけです。

だからこう聞きます。

「困ってないのにアーチが欲しいの?」

と。

 

で、さらに驚くことにやはりほとんどが

「はい」

 

「なぜ?」

 

「ないよりあった方がいいですよね」

髪の毛やお金や人徳ならともかく(←ちなみに俺は全て欠落している)、

「なんでそう思うの?」

「ハンデですよね?」

「え?なくて困ってないんでしょ?それでも欲しいの?なぜ?」

「はい。なんかアーチないとダメみたいな雰囲気ありません?」

 

出た!平成最後の変語、雰囲気・・・

知らねーよw

 

 

さて、本題です。

(面倒なのでアーチの仕組みや役割については省きます)

の前に・・・、

 

これ、俺の足のスキャン画像です。

見事な扁平足でしょ?しかしカッコ悪い。。。

 

 

で、本題です。

俺や、例えばトレラン界の大御所のK氏のように生まれつきアーチがなかったら困らないんです。

ハンデでもないんです。

なぜか・・・、

人生で一度もアーチがあったことがないから(当たり前)。

 

だからアーチで悩んでいる皆さんは「アーチがある」から悩むんです。

「アーチがある」から・・・、

◎さがる

◎腫れる

◎凝る

◎痛む

◎寝てる間に蚊に刺されて痒い(アーチがなくてもそーだけど)

のです。

 

↑でも書いたようにアーチがないことがハンデだとは思ってないけど、別にアーチがあるヒトが羨ましいとかもないけど、超マイノリティー扱いがおもしろくないとかもないけど、でも濡れた足でプールサイドを歩くと足跡が極めてみっともないから(別に意地悪じゃなくて)アーチがあるヒトは同じアーチがあるヒトに助けを求めてください(←不親切ではなく解らないだけ)

 

で、結論いきます。

物心ついた頃からアーチがないアナタ、もしも(ビジュアル以外で)アーチがないことで悩んでいるとしたら、それはアーチがないせいではないので他の原因を探ってみたらどぉ?

例えば、

◎シューズのサイズ

◎シューズの形状

◎シューズの履き方

◎インソールが合ってない

◎要らぬフォーム矯正

◎誰にも言えない過去の悪事

などが原因かもよ。

 

 

以上です〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



Sさん再び快走

 

ウルトラを始めて8年目にして100kmサブ10を達成したSさん(♀)の、ウルトラ6週間後に迎えたフルのレースのお話です。

 

今日の記事で書かれていることは以下の2点。

 

◎本気で取り組んでから5年経ってもベスト更新は可能

◎ウルトラ(100km)を走るとフルが遅くなる、はウソ!

 

たまに目にする走歴5年目にして40分更新!とかっていう系、自己ベスト更新は問答無用でめだたいし素晴らしいのはもう絶対。

ただ、「走歴」の中身ってのがけっこう問題。

最初の4年は月距離100kmアンダーのヒトが5年目に質&量を上げたら、そりゃ40分縮まるよね、とか言うとまた嫌われちゃうかな(笑)。

(ファンランや練習テキトーを非難しているわけではありません。いろんな取り組み方あるしね)

 

Sさんがチームに入ってきたのが8年も前。

その瞬間から本気で取り組んでいました。

毎週水曜夜の皇居ビルドアップも週末の峠走もガチでしたしね。

初マラソンは2011年の春に3h43’

サブ3クラスの女子達からするとフツーかもだけど世の中的には一応速いよね。

 

以後、よくもまぁ頑張り続けたなぁ、と思います。

以下、年次ベスト。

2011年 3h23’

2012年 3h21’

2013年 3h23’

2014年 3h26’

 

このあたりで

「そろそろワタシ厳しい?320切りムリかな。距離も伸ばしはじめてるし、あとは『その時なりの自己ベスト』ってやつを狙って楽しむかな」

となる?かな?が、往生際が悪いSさん。320切りを諦めない。

2015年 3h23’

2016年 3h35’

う〜ん・・・、しかし天性の往生際の悪さ。まだまだ往生しない。

2017年 3h24’

まぁ、いい意味で安定感抜群。

 

そして今年、2018年の勝負レースは先週のつくばマラソン。

が、しかし、これ↓読んでから読み進んでください。

Sさん8年目のサブ10達成

 

そんなわけで、↑のその日がすでに黄色い本の2週目最終日なわけです。

100kmレースを↑こんな感じに闘ったものだから3週目はのんびり?(したのかな?知らないw)

翌週、4週目からのメニューを完全トレース。

↑の記事に書いたのだけど、ふつーはしばらくバーンナウトしてもおかしくないよね。

でもやっちゃう。

チームでRUNやってると、一定周期で必ず誰かが本気で取り組んでるし、誰かが輝いてるし、誰かが闘ってる。

近くでその空気を吸うことが出来るって絶対向かうべき方向を示唆してくれるし、背中を押してくれる。

Sさん、3週前の神宮外苑24時間走チャレンジの7位、Yukkiのハンドラーを寝ずで務めたんだから、現場で見たあれやこれやもまた自分のつくばマラソンに追い風になったと思う。

 

レース結果

大願成就。

念願の320を切れました。

50歳にして達成。すごいよね。

 

前半ハーフ 1h39’39”

後半ハーフ 1h39’38”

トータル  3h19’17”

 

1秒後半の方が速いという俺的に大好物な数字の芸術。

出来るもんなんですね本当に(偶然だったりw?)。

中間点とか30km地点とか、まだ夢は見れてるだろうけど不安あったろうなぁ。

どのあたりで「イケるかも」と思ったのかな。

どのあたりで「もう大丈夫!」と思ったのかな。

ゴールに飛び込む瞬間、やっぱり「やった〜っ!」って叫んだのかな。

見てないんだよね、俺。

見たかったな。

そーゆー一瞬一瞬の記憶って、残念だけど時間と共にどんどん薄れる。

作戦はひとつ→より多くのヒトにその「とき」のことを話して、ちゃんと文字で記録しておく。

そうすると不思議、自分で発したその「とき」がブーメランで自分に突き刺さってずーっと自分の中に特別な記憶として残るもの。

ぜひやってごらんなさいよ杉山由紀子さん・・・、あ・・・・Sさん(笑)。

 

今シーズンのメイン、別大に向けてまたも黄色いレールに乗ってるようだけどケガには充分気をつけて頑張ってね。

 

あれ?記事が完結しちゃった(笑)。

 

ということで超手短かに

◎ウルトラ(100kmやそれ以上)を走るとフルが遅くなる、はウソ!

についてはこのSさんの例を見て判る通り、スピード練習や無酸素域から逃げなければそんなことはない!わけです。

 

おしまい!