MY STAR 仮店舗はこちら
<< 受付開始しました(追記あり) | main | ステップ第3戦 >>

柴又100km暑さ対策(追記あり)

今週末開催の柴又100km。

日陰のない河川敷でのレース、気温が高くなる予報が出ていますね。
暑いレースにはちょっとだけ出たことあるよ、俺。
ということで、参考までに情報を。。。
◆ 首を冷やす
身体にとって暑い中での運動、最大の懸念材料は血液凝固です。
ちょっと待てよ、血液が凝固するって?
はい。血液温度43℃を過ぎると血液は凝固に向かいます。
が、ご安心下さい。
実際にはそこまで血液温度は上がりません。
(とは言っても40℃くらいまでは平気で上がってますよ)
ただ・・・・・・・、脳みそは血液温度が43℃になることを過剰に恐れ、早めにRUNストップ信号を出します。
そのストップ信号とは、暑い、だるい、キツい、ツラい、の他、
「な〜にやってんだよぉ、柴又なんかなんだっていーじゃねぇかよぉ!早く帰ろぉよぉ・・・」
タンスにゴンゴンby土屋アンナ(←必見)というふうにアナタを思いっきりネガティブ思考へといざないます。
ちなみにタンスにゴンゴンのキンチョーという会社、正式な会社名は「大日本除虫菊株式会社」です。
はい、どーでもいいですね。
で、その血液温度、どこで計測されているかというと脳みその下の方、後頭部下部です。
そこに温度センサーがあるワケです。
つまり体内を巡って温度センサー付近を通る直前に血液を冷却してあげれば、温度センサーは異常値を検出しません。
よって不快なストップ信号を発信させないで快適に走らせてくれます。
だから 『 首 』 なのです。
猛暑の中、首筋を冷やすと気持ちいいですよね。
そーゆーことです。
では首の冷やし方です。
まずバンダナを用意。
安売りジーンズチェーンなどで売られている500円程度のモノは色落ちして大変なことになりますので要注意。
こういうバンダナを・・・
ん?待てよ、このバンダナ・・・
1913年7月11日に世界最高気温56.7℃を記録し、いまだ記録保持者のデスバレー物ではないか!
というのはさておき・・・
まず、こう折ります。
そしてこう丸めます。
あとはこの▽が後ろになるように首に巻いて前で結ぶ。
ここにエイドでもらった水をかけながら走ればヨシ!。
▽部分が直射日光を遮ってくれる他、そもそもがバンダナなのでほどいて氷や、場合によっては保冷剤を巻くのもアリです。
ただ、こーゆーの
もありますが、美しくないだけでなく凄まじいまでの 世捨て人感 を醸し出しますのでご利用は計画的に。 
◆ 帽子を被る
帽子着用によって水を被ればしばらくは保水されて涼しいと思います。
が、岩本はこのようにここもバンダナ利用で水を被って含ませてます。
◆ スポンジ
スタートからスポンジを持って走るのも「手」です。
エイドでもらってもいいのですが・・・、
当然参加者全員分はありませんのでエイドのスポンジは「使い回し」です。
250番目にエイドに到着したアナタが手にしたスポンジ、
アナタの前に211番目のお嬢様が額の汗を拭き、
お嬢様の前に168番目のオジさまが鼻水を拭き、
オジさまの前に85番目の岩本が脇の下を冷却したかもしれませんね。
ハイ、どうぞアナタはそのスポンジで全身をくまなく冷却して余った水分を飲み干してください。
ランナーの手を離れて路上に転がったスポンジはスタッフによって拾われ、ポリバケツの中の水で砂やホコリを落とされ、再びエイドテーブルに並びます。
相当数のランナーが通過した後、想像してみてくださいそのポリバケツの中身。
レース前は澄んだ水だったのに今となっては・・・キャラメルマキュアート♪
なので「持参」が原則。
これを持ちながらエイドのお水を補給し、次のエイドまで冷やしながら走ります。
おっと↑これは通り魔に塩酸をかけられている岩本ですね〜。
手にはスポンジ。通り魔の手にも替えのスポンジ。
(45℃を超えると全身ずぶぬれ状態を保ったままレースを続けます。後ろに見えるのはサポートカーです)
さてさて、このスポンジ、不要時はパンツのゴムに挟むか、
女子の場合はブラトップの両肩に挟んでみてください。
その辺りが冷却されるとけっこーいい感じです。
のはずです。
冷やす部位は脇の下、ヒジの内側、前モモなどです。
いずれも大きな血管が皮膚近くを通っている辺りですね。
RUNグローブ、アームカバーも実は効果あったりしますよ。
◆ サングラス
寒色系のサングラスは視覚から来る暑さを和らげます。
が、多くの皆さんのように日常的にサングラスで走っている人は効果低いかもです。
岩本の場合はですが、本命レース以外レースでも練習でも使わないことで効果をアップさせています。
あとは・・・、やっぱり当たり前ですけど水分補給ですかね。
脱水というのは身体の中の水が減るだけでなく、血液の中の水分も同じ比率で減らしています。
ということは・・・、怖いですね〜血液量自体が減るということです。
(実は夏に暑さ慣れしたランナーの血液量は体表を冷却するために水分増量でグーンと増えていますがここではスルーします)
血液量が一時的に減るということは血液の早回しが必要です。
それだけでウルトラのスピードでさえ、無酸素運動化するのですね。
だけでなく、血液濃度は上昇し、ドロドロに粘度が上がります。
あとは怖いので書きません。
ご想像を。。。
一度サウナに入っておく、ってのも手ですけど、もう今日からでは逆効果です。
お気をつけ下さい。
それでは皆さんよい週末を♪