MY STAR 仮店舗はこちら
<< 本日の露出 | main | 予約はじまりました >>

On Cloud というシューズ


さてさて!
シューズのご紹介です。

岩本は2月からずっとOnのクラウドレーサーを履いていて。

これです。

カッコいいでしょ?

・ある程度クッションがあるのに沈み込みすぎない
・だからブレない&ねじれない。つまりヒザや脚筋に負担がない
・カカトのホールドはまさにキッチリ
・超軽量。けど耐久性すごい

ってことでずっと履いてます。
でもでも、アッパーが透けるので・・・、バカボンパパの模様のソックスとか履くと、そのままバカボンパパプリントのRUNシューズになっちゃったりするので要注意。
(あと寒い(笑)。)

関連記事は・・・、



(※ ↑ ぜひ読んでみて!)
ということで前置きが長くなりました。
岩本の場合、基本的にレースも、練習もつなぎもポイント練習も同じモデルのシューズでいっちゃうんですね。
わざわざ変えない、ってことで15年くらいやってきました。

ところが、この考えは撤回します。はい、今すぐここで。

というのは、7月のメインレース、Badwater217kmで今までやらなかった「あるコト」を試し、その局面ではそれがすご〜くよかったので以降、使い分けるようになりました。

その「あるコト」ですが。。。
今年のBadwaterのコースはスタートから37km通して上り、その後同じルートを37km下って平坦路に入ります。

で、
「ちょっと待てよ。下りっぱなしの37kmってコトはクッションがよくて安定しているシューズで下った方が脚にいいのでは?」
と思い、上り切って下りに入るときに履き替えてみたんです。

このモデルに。

よかったんです、この判断。
(とは言ってもレース自体は失敗レースだったんですけど)

クラウドレーサーより更に軽いですね。
それでいてクッションはより効いている。
これ、このレベルでこの2つを両立させるって
「どーやったの?」
と下りながらずっと考えていたんです。

で、答・・・。
出ませんでした(笑)。

帰国後調べた結果、判明したのは・・・、
オキテ破りの「ミッドソールがない!」という事実。

ミッドソールというのはシューズの底の3層のうち、普通は真ん中に入っている素材。
専門的に言うとEVAという素材。
専門的に言わないとスポンジみたいなあの素材。

カンのいい方はお判りかと思うんですけど、
軽くするにはこのミッドソール(スポンジ部分)の『目』を粗くすればいいんですね。
『目』を粗くするとどうなるか、というと、
目的通り軽くなります。
あとひとつ、柔らかくなります。つまり必要以上に沈み込みます。
さらにもうひとつ、ヘタリが早く・・・、つまり言い方は悪いけどスポンジ部分がスカスカってコトなので耐久性も低くなります。

このミッドソールを排してしまった結果、
つぶれてもつぶれ切らずに止まる、って言うと解りづらいかな。
着地で脚に優しく、さらにブレたりねじれたりもなく、ある程度の反発力で地面に脚力を伝えられる、というものすご〜く優れた効果があるわけです。

で、さらに優れている点が!!バカボンパパ模様のソックスも透けない。

ただ・・・、洗ったり濡れたりするとなかなか乾かない。
のでそこは要注意。
水を吸うとやっぱり重くなりやすいはず。


岩本的な使い方として、ペースを気にしないジョグや、実は街履き。
この街履き、脚疲れない!です。
レース前後の移動なんかにも非常に役立ってます。
あと通勤。那覇から東京までの1600km・・・・・・はヒコーキだから関係ない。。。

色々重宝するシューズなので紹介してみました。
もちろんレースでも問題なく使えます。
ウルトラには尚よし!でしょう。

おっと忘れてた! 10800円はお買い得。

「買いましょう!」
とは言いません。
買わなくていいからシューズ売り場で足を入れてみてください。
「あ、こーゆーことか!」
と納得なっとくナットクなはずです。

是非!





この記事のトラックバックURL
トラックバック