MY STAR 仮店舗はこちら
<< OXYSHOT | main | 突然ですがメンバー募集 >>

L-グルタミンとオルニチン加筆(明日の通販参戦予定の人向け)

 

明日の通販開始に向け、先行して加筆しました。

 

扱っているL-グルタミンはL-グルタミン(500g入)に

・オルニチン(100g入)なし

・オルニチン(100g入)1個付き

・オルニチン(100g入)2個付き

・オルニチン(100g入)3個付き

のセットがあります。

 

ここにきて、

・オルニチン(100g入)なし

・オルニチン(100g入)3個付き

の二極化がが進みつつある感じ。

 

岩本的には、そりゃ利益を上乗せして通販やっているわけだからいっぱい売れた方がいいのです。

なので、この記事は「ぜひオルニチンも試してみては?」という内容になっています。

 

 

加筆部分はここからです。

ここ最近のリピーターさんの傾向をちょっと挙げてみます。

岩本とラジオに一緒に出てたスパルタを完走した埼玉医科大のS先生のことは以前も書いたのだけど、ここにきて虎ノ門病院のU先生も3個付きをクリックし始めたわけです。

あさってサロマ100km参加の葛飾の開業医、A先生が前回やはりオルニチン3個付きもクリック。

 

いや、いろんな職業や状況の人も色々クリックするのだけど、さすがにこの↑は「急になぜだ!?」と思い、U先生に聞いてみるしかないな、ということで聞いてみました。ここから先はU先生とのやり取りです。

 

 

まだ続くのですが、補足です。

ここに出てくる協和発酵バイオの「オルニュート」はお薬だけあってグルタミンもオルニチンもさすがに高純度です。

余談ですがこのメッセージを読んだ時、

「欧米のアスリートも使っている?俺ってちゃんと自分の感覚で模索している割にはいい所にたどり着いてるじゃん」

と思わず自画自賛しました(笑)。

※オルニュートはお医者さんで手に入れられますが「食品」の扱いです。

 

で、ちょっとそれるのですが以前アスリートの間で話題になっていたアバンドというお薬。

実はこれ、グルタミンとU先生の文中にも出てくるアルギニンで出来たもの。↑ちゃんとお薬です。

が・・・、やはりアスリート用サプリ(なんと名前もパッケージも変えず!!!)アバンドとしてメーカーがこんな風にも紹介しています(宣伝してどーするw!)。

実は数年前、ここにもたどり着いていました(と一応主張(笑)。

※アバンドもお薬ですが「食品」扱いです。

 

続きます。。。

 

 

なかなか頼もしいコトバが連発です。

脚や心肺だけでなく、内臓にも負担をかけるRUNにおいてはアルギニンの状態よりも負担の少ないオルニチンで摂った方がよさそうですね。

(肝臓、腎臓の疲弊は走っている時の「怠さ」として自覚できます。というよりRUNでの「怠さ」や「カラダの重さ」の大きな原因でもあります)

オルニチン、このサイトかなり詳しく出ています。

 

一番最後に出てきた「筋肉増強、美肌、若返り、ダイエット」というコトバ、気になって調べてみたら。

あら!オルニチンではなく、グルタミンにも?→すごいじゃないか(←参考サイト。知らないコトだらけだ)

まったく走らない人がクリックするのはこういう理由もあったのか。。。

 

で、最後に岩本がよく使っている「純度」というコトバについて。

これすごく大事。純度が低くてもよければ安いものが本当にいっぱい売られています。

 

ただ、岩本自身、純度って実際のところなんなの?そんなに違いがあるわけ?と思っていた時期があって。。。

だから直接「純度の大御所」じゃなかった!「アミノ酸原末の大御所」に話を聞きに行きました。

 

仮にその人をAさんとしましょう。

Aさんは現在70歳代で50年以上、アミノ酸原末の道ひと筋。

元協和発酵バイオのOBで、現在は皆さんも一度は口にしたコトがあるであろう某サプリメントを作っている創業者でもあります。

 

岩本「ズバリ、純度ってなんなのでしょうか」

Aさん「簡単にいうと、成分含有率のことで高ければ高いほど(高純度)いいと言われている)

岩本「では例えば純度100%のモノ1g分を純度10%のモノで摂るとしたら10倍の10g必要だと?」

Aさん「そうなると『率』ではなく『量』になってしまうよ」

岩本「・・・・・・・・・?」

Aさん「純度とは他に混ざりがないか、の率なんだよ。他に混ざったものを文字通り『不純物』という」

岩本「なるほど!要らんモノまで入ってしまっているワケだから効きが悪いんですね?」

Aさん「効きが悪いだけなら摂っても問題ないのだけど、その『不純物』が逆に身体に悪い」

岩本「具体的に低純度の原末に入っている『不純物』ってなんなんですか?」

Aさん「ヒ素とか重金属類とか・・・・・・・・・・・・・・・」

 

もちろんご存じの方も多かったかもしれませんがつまりそーゆーことだそうです。

さらに・・・、

 

岩本「でも純度100%と謳っているモノっていっぱいあるし、それが異常に安かったりしますよ」

Aさん「検査のときだけいいものを使うコトもあるし、〜以下略〜」

 

なんか重くなってきたので話題を変えましょう。

グルタミン、同じ500gで売られているモノで、1万円くらいするものがあって、

でもアメリカに行ったとき、同じ商品が同じ量で定価$39.95で売られていてビッッックリしたことがありましたとさ。

 

と商売っ気全開の岩本ですが、きょうは昨日やった夜間走のセット練で自宅マンションの非常階段をグリグリと往復します。

 

 

 

 

 

 

 

 



この記事のトラックバックURL
トラックバック