MY STAR 仮店舗はこちら
<< 通販開始しました(sold out) | main | 4月1日 そのウソ、ほんと? >>

Monument valley ultraレースを軽くリポート

モニュメントバレーウルトラトレイルに参加してきました。

もしかしたら日本からのツアーを、ということでの視察的な仕事なんだけどね。

道中スッタモンダがありましたが、一応無事に帰って来ました。

(スッタモンダについては後日テキトーに振り返りましょう)

どんなレースについては→過去記事で。

人気レースです。

アメリカの国立公園なので、つまりアクセスが激しく悪いのですが、北米のみならず南米や欧州からも参加者があります。

今年はフランスの人たちのグループが集団RUNをしていました。

一緒に行った面々。。。(岩本は写っていない)

パワーが強い地だけに髪も葉加瀬太郎→楳図かずお→リッ◎先生状態の岩本。

ホテルからコース方面。。。

スタート前(スタート地点)

スタート。走りやすいコース。

だんだん曇ってきてしまったのは残念だったけど。。。

お約束の山登り。あの上までね。走れません。

上からはこんな感じ。

ナバホが馬に乗ってたり

道中の何割かはなかなか進まないビーチな感じの砂道。

とてもいいコースでいい運営でした。

何度か書いている通り、このレースはシリーズ戦になっていて年間6本あります。

そのうちの3本はすでに走っているのだけど、とにかく楽しいレースばかり。

ま、そんなわけで今回もとても楽しめました。

おもしろいぞ!と思う点をいくつか・・・、

ゴール後、すぐに完走証(ナバホ族が作ったマグカップ)を受け取り、さらにビーサンもくれる。ちゃんと5サイズ、5カラーから選べるそこそこちゃんとしたもの。

皆さんも経験あると思うけど、レース後ってシューズから脚を解放してあげたくなりますよね。もちろん僕も例外ではなく、この日もちゃんとビーサン持参でした。

でもこーゆーサービスがあると嬉しいですよね。サンダル持っていかなくて済むし。

さて、ゴール後の話が続きます。

ビーサンに履き替えた後、ゼッケンについているミールクーポンで「ピザ」食べられます。

といってもそこらのピザではなく、まずアルミプレートと生地を渡され、その上に自分でオリジナルの「具」を乗せて、スタッフに渡すとすぐさま石窯でこんがりと焦げ目がついた焼きたて状態にして出してくれます。トマトソース、チーズ数種、いろんな葉っぱ系野菜、トマト、マッシュルームなど、自由に乗せてオリジナルを焼いてもらえます。

そして焼きあがると今度はジュース。

ジュースの「具?」とベースを選び、これまたオリジナルを作ります。

「具」は例えばラズベリー、イチゴ、バナナ、リンゴなどの果物、ベースはオレンジジュース、ココナッツミルク、アーモンドミルクなど、それぞれ選びジューサーの容器に。

で、どうやって作るかというと・・・、

具とベースが入ったジューサーの容器を自転車の荷台に取り付けます。

ここからが激しい→→→ゴールして脚ボロボロのランナー本人が必死で自転車を漕ぎます。時間にしておよそ5分、乳酸マックスになるくらい必死に漕いでジュースを作るってやり方。

里奈どん必死。荷台に乗ってるジューサーの容器が高速回転中。

まぁゴール後数分間でこれだけ面白い趣向が凝らされています。

その他、ゼッケンも非常に小さく、スポンサー名やロゴなどはなくてちゃんとオシャレ。

だから持って帰って記念に飾るのにもカッコ悪くない。

このあたりは国内レースでも導入できる点だと思うのでぜひ採り入れてもらえたらもう少しレース自体もオシャレになるのかな、なんて思ったり。

あとは参加賞Tシャツなのだけど、基本参加賞Tシャツって賛否ありますよね?

袋から出さずに溜まる一方、とかよくてパジャマ代わり、ひどいと雑巾代わりになっちゃったりだけど、一応デザイン的にも素材的にもちゃんと着れるレベルです充分に。

参加者の名前で文字ができているのね。

で、コースなんだけどこれはレースの公式サイトで動画や画像を見てもらった方がいいかも、です。

圧巻。その言葉しか出てきませんでした。

基本ひとりで走っているのだけど「すげぇ」とか「マジこれ?」とかね、独り言が勝手に口をつくワケです。

馬に乗ったナバホ族に遭遇したり、野生の馬が草を食んでたり、ウサギやコヨーテなんかとも遭遇できます(岩本はレース中コヨーテには遭遇しなかったけど)。

とても走って上れないような急斜面が1箇所(3kmくらい)、砂浜?ってくらい足が取られて進まない砂地(砂漠)がけっこう長く続いたりするけれど、基本走れるコースです。

まぁそんな感じ。

楽しかったですよ。



この記事のトラックバックURL
トラックバック