MY STAR 仮店舗はこちら
<< 【4/21】トークイベントに安室奈美恵さんを | main | お答えしました一問一答。。。 >>

あなたを導きましょう(富士五湖の実例)

 

宗教?

 

う〜ん・・・・まぁそう言われてもけっこうw。

きょうはウルトラレースを前に迷える子ヒツジな皆さんに大きなヒントを差し上げます。

実際の例だから文句言わないでね。

 

(以下、宣伝です)

 

最新著、完全攻略ウルトラマラソン練習帳の 『係数』 に関するオハナシです。

 

◎ フルのタイムで100kmの潜在的自己ベストを導き出します

→フル×2.7は本当か? 本当ですよ。

ただしちゃんと練習してレースペースを守れば、ですけど。

 

◎ 最も記録が出やすいサロマ湖100kmを1.00として各地のレースの難易度を導き出します

→例えば、サロマ湖が1.00だとしたら富士五湖100kmは1.06 など。

ただしちゃんと練習してレースペースを守れば、ですけど。

 

で、

ただしちゃんと練習してレースペースを守れば、ですけど。

とは→→ちゃんと練習 は質にもよりますがやっぱり月300kmは最低必要かと。。。

レースペースを守れば とは90km辺りまでは絶対にイーブン(起伏に合わせるのは言うまでもなく)。エイドはさっさと出る。前後半のタイム差も理想は10分前後。

 

これがウルトラ完了ではなくウルトラ完走

ただ、完了が悪くて完走がよい、とはヒトコトも言っていません。

どちらを選ぶのもあなた次第。

そのとき、そのレースで毎回あなたのウルトラ観で選べばいいと思います。

年に1回くらいは完了ではなく完走を目指す、などもいいと思うし、

徹底的にファンランや旅RUN、ビフォー&アフターレースを楽しむのも、

タイム関係なく制限時間を目一杯使ってひたすら完走回数を積み上げるのももちろんいいと思います。

あと、「数字にとらわれず自分のカンカクで潜在能力を引き出したい」というのももちろんいいと思います。

(事実チームには時計をつけずに走って富士五湖100kmを優勝したコもいます)

さらに、「イケるところまでガンガンいってあとは運を天に任せる」とかもドキドキしていいと思います。

でも、ここまで読み進めている以上、きっとあなたは 『どうせやるなら潜在能力を顕在化したい』 と思っているのでは?

(ちなみに岩本は100km、24時間走、スパルタスロン、Badwater、完了ではなく完走と胸を張って言えるのはわずかに7回だけ)

 

さて、ここからが重要。実例です。

出来たてのホヤホヤ、5日前の富士五湖100kmのオハナシです。

40代某氏。

フルマラソンのベストは3h03’。

(フルのタイム「速いじゃん」とか「遅いじゃん」とかは論点がズレてます。ここでのポイントは↑で触れた2つの係数なので)

 

◎ まず、100kmの潜在的自己ベストを導き出しましょう。

3h03’ × 2.7 = 8h16'

 

そしてその潜在的自己ベストに

 

◎ 富士五湖の難易度(1.06)を加味しましょう。

8h16' × 1.06 = 8h43’

つまりこの某氏、フルのタイムから算出すると富士五湖は8h43’でゴールできる、という計算。

 

 

結果↓

 

8h43’18” 

誤差18秒。まぁこんな感じです。

80kmからの10kmがスタートの区間を除いて最速というのもいい。

前後半50kmずつのタイム差も少なくていいですね。

(速い遅いではなく)いいレース。

きっと誰でも完了ではなく完走を味わえるこんなレースが出来ると思うのです。

ただしちゃんと練習してレースペースを守れば、ですけど。

あと、本気で望んで本気で臨めばだけど(たまにはね)。

 

「でもこの人、超ヒマで走る時間有り余ってるんじゃないの?」

はい、いい質問です。

那覇在住でカツ丼屋を3店舗経営、10歳〜0歳の子供4人を奥さんと2人で育てている、けっこー多忙(←ホントかよw)という人。

某氏が多忙か否かは皆さまご自由にご判断ください。

(岩本が見るにはフツーのヒマ人に見えます。。。)

 

 

「この富士五湖、偶然じゃないの?」

はい、いい質問です。

では彼が半年前に走った沖縄100kmの実例にまいりましょう。

 

◎ もう一度まず、100kmの潜在的自己ベストを導き出しましょう。

3h03’ × 2.7 = 8h16'

 

そしてその潜在的自己ベストに

 

◎ 沖縄100km(1.09)の難易度を加味しましょう。

8h16' × 1.09 = 8h58

 

8h58と出ましたが・・・、

結果↓

 

8h57’56” 申し訳ない。4秒ずれた。。。

 

この2つの係数、誰がどう導き出したのか・・・、

「100kmはフルの2.7倍」という話は15年前から言い続けてきたけれど、出版前に皆さんがせっせとアンケート調査に答えてくれたものを小谷修平くんが数値化してくれたものです。

つまり、

ただしちゃんと練習してレースペースを守れば、ですけど。

というこのブログの膨大な読者の皆さんによる体験から導き出したものなのですね。

 

5月にはエグいと言われている野辺山100kmがありますよね。

普通の100kmより1時間は余計にかかる、と都市伝説的に言われていませんか?

果たしてそうでしょうか?

それはあなたがご自分で確かめてね。

ただしちゃんと練習してレースペースを守らないと、ですけど。

 

 

 

 

【加筆】

40代某氏について。。。

3年3ヶ月もの間、我が家から335メートルしか離れていないところに住みつき、週に8日も岩本を飲みに連れ出し、2015年に始まった那覇岩本塾に参加の折には「僕のために沖縄に来てくれてありがとう」とまでのたまった某氏。

きっと今がRUN人生のピークです。

そして彼のカツ丼はポークです。

 

なんとかいいところを探して褒めようと思ったんだけどごめん、ない。ムリ(笑)。



この記事のトラックバックURL
トラックバック