MY STAR 仮店舗はこちら
<< 今月の通販開始しました(終了しました) | main | 本日の露出〜! >>

82歳男子 ママチャリの部と報告

 

実家に82歳になるヒロシという男がいる。

妻ヨウコに先立たれ、現在横須賀で独り暮らし。

横須賀と言えば山口百恵、

『横須賀ストーリー』(←古すぎ)

 (ヒロシ、ヨウコいずれも実名)

その歌詞の通り、横須賀は坂、坂、坂。

坂の街、横須賀では電動アシスト付き自転車が重宝する。

しかし82歳ヒロシはアシストなしのママチャリを今日も漕ぐ。

 

そんなヒロシに騙されて、愛が消えていく横須賀へ と俺が向かったのは先週。

検査結果を聞きにヒロシを病院に連れて行くため。

 

「ご家族を連れてきてください」

こう言われたのだから宣告されるのは水虫やものもらいではなかろう。

まぁそんなわけで下咽頭ガン、ステージ3という診断。

なかなかインパクトのある診断。

高校時代は陸上部とボクシング部と演劇部を兼部し、大活躍した男だけのことはある。

ヒロシ、やるときはやる男。

そんなヒロシ、抗ガン剤治療を選択、来週入院予定。

 

そしてヒロシが翌日向かった先は横須賀の隣、港町横浜にあるヨウコの墓。

多分、決戦を前に必勝の決意を報告しに行ったのだろう。

 

ヨウコの元へ交通手段はアシストなしママチャリ。

港のヨウコ、横浜⇆横須賀〜♪ ってコトね。

 

どこの世界にママチャリロング墓参りを敢行する抗ガン剤治療前の、82歳のガン患者がいるんだいったい。。。

 

 

 

 

距離、29km。

往復だから58km。

百恵氏が言う通り坂、坂、坂・・・、

ここは横須賀〜♪ だ。

バカなのか?ヒロシ。

とても死を意識しないでは済まない状況に立たされた人間の行動ではない。

 

「喪主の挨拶のつかみはこのエピソードでいいよね?」

と問うた俺に

「葬儀までにとっておきのオチを作るから待ってろ」

だ。

 

頼む、ヒロシ。

無謀なチャリ旅はこれっきり、もうこれっきりにしてくれ。

 

というワケで、3月28日に一身上の都合で出走を辞退したスパルタスロンには現地応援にも行きません。

出走のみんな、頑張ってね。

あ、ヒロシも頑張れよ。

(3月28日はクリックで間に合わなかった人に出走権が渡る最終日だったので、日本人出走枠をムダにはしてないですからね一応)

 

 



 

 

 



この記事のトラックバックURL
トラックバック