MY STAR 仮店舗はこちら
<< On Cloudboomを履いてみた | main | 今さらながら暑さに強くなれるのか、と盲点 >>

「岩本さんの追悼特集が出てますよ」

 

ちょ、俺まだ生きてるし。。。

ってことで今日発売の月刊ランナーズで岩本ちんが12ページに渡って追悼され・・・、違うよ!

ワタクシがうっかり世に出た頃からのヒストリーを、多くのページを割いて紹介してくださっています。

 

新たに書いたのはつもの『食』連載の1ページのみで基本、過去記事オンリーの構成。

誰が名付けてくださったか「岩本理論」なる練習法&レース戦略が数ページ続きます。

 

そもそも、そんな テキトー 理論を注目してくださったひとつの出来事なんかも↓紹介されています。

そんな昔のこと知らないよ、という方のためにちょっと説明すると。。。

伝説の雑誌、FRaUが女性読者から女性挑戦者4人を選び、

7月〜9月に70日間トレーニングを積んで暑い暑いマウイマラソンでマラソンを走ってもらおう!

という企画。

そのコーチに岩本ちんがたまたま選ばれ、峠走やって、15kmビルドアップやって、ソツケン突破して、

本番のレースで1人が3h30、もう1人が3h31、あと2人もいいタイムでゴールしちゃったよ、ってヤツ。

すごいよね、いやすごいのは俺じゃなくて、走った4人・・・、

でもなく100人応募の中にたまたま奇跡のような逸材が4人も潜んでいたこと。

今なら言える→あのポテンシャルなら流しそうめんと大貧民を70日間やってるだけで同じ結果が出たよ。

今なら言える→俺じゃなくて誰が指導しても同じ結果が出てよ。

今なら言える→ほんとこの奇跡ありがとう。世に出していただきました。

 

後半部分では、↑の出来事の5年ほど前?に年イチちゃらんぽらんランナーだった我々夫婦が突然ウルトラに突入し、

「なんなの?何この世界!?」っていう頃にウルトラ生活を執筆した2ページのコラム↓。

(ワザとぼかしてあります)

 

その2年後?かな?

あらまぁ、って具合に日本代表になれて、世界選手権に行けて、走ってみたらこりゃおもしろい!

ってことで書いた2ページのコラム↓。

『24時間走に思い描く夢』

(ワザとぼかしてあります)

読み返してみたらね、熱いのよ、岩本ちんが。

あの頃はいい人だったんだなぁ、ってのがよくわかる。

じゃなくて!超ウルトラの世界、その世界の中で何があって未来はこうあれ!的なヤツ。

超ウルトラ第二世代にあたる1人として、ヘラヘラふにゃふにゃせずにちゃんと書いてるところが 笑える 不思議。

 

で、最後は異例の23ヶ月目に突入した連載、『食』のコラム。

過去、多くのレースの連載や、トレーニング法の連載をさせていただいたけど、なんかこれが一番長く続いてるんだよね。

もういいです、と言われるまでやるよ、俺。