MY STAR 仮店舗はこちら

通販開始しました(72時間限定)

ご利用ありがとうございました。

次回は5月25日から72時間でオープンします。

(原末以外はいつでもOKです)

 

=== この通販は一般の方もご利用いただけます ===

(ごく稀にMY☆STARメンバー専用ですか?と聞かれるので)

 

今月の通販を開始します。時間は72時間です。(予定数に達した場合はそこで閉店します)

5月3日に発送予定です。

お店はこちらです→SHOP MYSTAR

より多くの皆様にご利用いただきたいのですが数量に限りがあるため、原末系(グルタミン、オルニチン)はお一人様4セットまでとさせていただきます。

以下、いつものようにコピーいたします。

よろしくお願い致します。

 

トップアスリートのご利用方法

その1

その2

 

【 超重要です。】

送料無料を継続するためにヤマトのDM便を使っています。

着荷日の目安は発送日から3〜1週間を目安にしてください。

万が一1週間経っても届かない場合にメールをいただきたく思います。

 

お店はコチラです。

商品紹介を一部加筆しました→L-グルタミンとオルニチン加筆←ぜひ読んでみてください。

以下は恒例のコピー記事です(手抜きでごめんなさい)。

今回もきょうから3日間、受注します(なくなり次第終了です)。
では、今回も先月のコピー記事で失礼します。


※地域によっては発送からお届けまで1週間ほど要することがあります。
※できるだけ発送日までにご入金をお願いしています(ご協力ください)。
※最下部の【ご注意】をご確認ください。

 

コナ系は、
A. L-グルタミン500g
B. L-グルタミン500g + オルニチン100g
C. L-グルタミン500g + オルニチン100g + オルニチン100g
D. L-グルタミン500g + オルニチン100g + オルニチン100g + オルニチン100g
です。
※今回用意できたのはA〜Dそれぞれ60セットです。

※オルニチン100g + オルニチン100g は100gが2個の場合と200gが1個の場合があります。

※オルニチン100g + オルニチン100g + オルニチン100gは100が3個の場合と300gが1個、または200g + 100gの場合があります。

 

さてさて、
通販について、取り扱い商品は現在大きく分けて2のカテゴリーがあります。


1つは岩本が自分に必要だけど、原末メーカーから個人で調達するとしたらとても量が多過ぎて現実的とはいえなかったものを「共同購入」のような形で直接仕入れて分包し、皆さんにお売りした、ということがはじまりのアミノ酸系の原末
L−グルタミン原末 500g
オルニチン原末 100g 200g 300g

 

2つ目は長くお付き合いしているメーカーさんの商品(アリスト社など)

です。

 

L−グルタミンとオルニチンについては過去の記事で読むことが出来ます。

今月は手抜きせずにちょっと加筆します。
L−グルタミン
「今1番弱っているトコロに効く」というアミノ酸。
だから過去の記事のようなコトも起こるし、RUNやRUNで疲労した身体に有効です。
L-グルタミンが含まれたサプリメントは多々ありますが、これは原末です。


これ、岩本がレース前の鍛錬期やレース中に、より高品質な原末を探していたところたどり着いたワケですが、1kgや2kgという小さい単位で買うことが出来なかったため、チームのメンバーと共同購入したことから口コミでウワサが広がり、通販を開始するに至った、という歴史(?)を持つブツです。
現在、購入される人の8割がリピーターさんです。


反響として多いのは、疲労が抜けやすい、朝がラク、はもちろん、肌、ツメなど身体の外側の変化の他、意外なところでは口内炎、胃痛、ムクミに効く、などでしょうか。
あとは忘れてはならないのが肝臓。
お酒の前中後に、って人は多分岩本だけじゃないかと思います(笑)。


オルニチン
話題ですよね。
「しじみ◎◎個分!」というアレです。
疲労物質の除去や解毒は腎臓、肝臓が頑張っているわけだけど、主にそれらの働きを強力にアシストするようです。
ただ、「しじみ◎◎個分!」というアレは飲みやすく錠剤になっていますがコチラの原末は文字通り原末ですから・・・・要するに・・・「不味い」です。
逆に言えば100%オルニチンなので一気に摂ることが可能です。


オルニチンで有名な協和発酵バイオの原末が手に入って使ってみたらすごくよかったのでL−グルタミンと同じように通販にラインナップしました。
この原末も事前に試したモノ同様、協和発酵バイオのモノです。
扱い始めて5ヶ月経ちますが、あっという間にほとんどの人がL−グルタミン+オルニチンのセット購入になりました。


周囲からはとにかくムクミに効くという声。
ムクミっていまだに「水分の摂り過ぎ」だと思っている人がいますけど、原因は体内の疲労物質や有害物質を腎臓、肝臓で分解しきれなかったことで発生する現象。
つまり、腎臓、肝臓がキャパオーバーで仕事をやり残して朝を迎えた、または現在進行形でその作業が追いついていない、ということなんですよね。
疲労管理、生活にもRUNにも大切だと思います。


あと、同じ「L−グルタミン」、「オルニチン」として売られているモノの製品の違いについては、コチラの記事で詳しく書いています→「純度」


取り扱い商品は以下です。

 

◆ L-グルタミン500g 

(国産 純度100%)
◆ L-グルタミン500g + オルニチン100g
(国産 純度100%)
◆ L-グルタミン500g + オルニチン200g 
(国産 純度100%)
◆ L-グルタミン500g + オルニチン300g 
(国産 純度100%) ※このセットは2個に分けて発送されます。


※今回用意できたのはA〜Dそれぞれ100セットです。

 

L−グルタミンは1回5gが目安です。
(5gはペットボトルのキャップに軽く1杯が目安)
そのまま口に入れて水で飲み込んでください。
朝晩、RUN後、お酒後など。


オルニチンは1回1〜2gをL-グルタミンと同じタイミングで。
同じように水で飲み込んでください。ただし、まずいっす。

 

◆ 新開発オルガニックジェル

なにそれ?という方、関連記事はコチラです。

更新!オルガニックについての店長日記!

(店長日記は岩本ではなくMY☆STARのとある女子メンバーが書いています)


◆ ファストウォーター
こんなものです!という開発秘話なんかもアリの記事がランネットにアップされています。
ぜひコチラをどうぞ。
スイカ味の経口補水ドリンク粉末です。 

 

◆ エナジージェル メダリスト
アップルとグレープフルーツ、ブドウの3種類があります。
(アップル、グレープフルーツ半々のセットもあり)

(アップル、グレープフルーツ、ブドウ4個ずつのセットもあり)

◆ アミノダイレクト(BCAA粉末)
BCAAは前世界的に「不味いもの」と言われてますが、これはかなり◎です。

増量キャンペーン中です。

◆ スーパーメダリスト9000
先月新発売です。
クエン酸 3000mg
BCAA 4000mg
HMB 500mg
L-グルタミン 500mg
カフェイン 100mg
詳しくは↑のリンクからご確認を。。。

増量キャンペーン中です。

◆ メダリスト500mg
クエン酸飲料のド定番。500cc用の粉末です。

◆ オルガニッ24本入り
詳しくはこちら

 

◆ メダリスト乳酸菌

アリスト社の新商品、取り扱い開始しました。

乳酸菌1000億個含有です。

詳しくはコチラを!

(凄いっすよね↑)

更新!店長日記MEDALIST乳酸菌のこと

(店長日記は岩本ではなくMY☆STARのとある女子メンバーが書いています)


【ご注意】
・すべての商品はDM便での発送です。
・DM便の規格内におさめるため、超簡易包装になることをご容赦ください。
・DM便は戸別配達ではなく、郵便受けへの投函になります。
・複数点数をご購入の場合、日がずれて届く場合があります。
・地域によっては発送日から中1週間ほど要する場合があります。
・1週間経っても届かない場合、必ずご連絡をください(発送漏れの可能性があります)。
(contact☆club-mystar.com ←☆を@に変えてください)



【お知らせ】ORGANIQ(オルガニック)ジェルメールセミナー

 

おはようございます。

この週末は各地でウルトラが多数開催されましたね。

その中でも最長の『さくら道国際ネイチャーラン』には我がチームから4人が参戦しました。

僧侶、研究者、翻訳家、その他、の4人。

 

その4人のうち、僧侶(今回2位)、研究者(前回2位)、翻訳家(過去優勝者)は最新刊(赤い本)の最終章に登場し、独自の練習法やウルトラに対する考え方などを披露していますのでよければご覧ください。

 

その最終章に登場する10人のうち、↑の3人は40代男子なのですが、抜けて若い20代の若者がおりまして、その彼小谷修平くんは最終章だけではなく、数値面、補給、メンタルなどについても色々とお手伝いいただきました。

 

で、小谷くんが今回、

『 ORGANIQ(オルガニック)ジェルメールセミナー 』

なるメール配信をスタートさせます。

内容としてはこんな感じなのですが、詳細を読ませてもらいました。

ヒジョーにいい感じ。

 

まずは↑をご覧いただき、そのままの勢いでページ内のフォームで登録が可能です。

 

 

新しい1週間、GWも間近!

元気にまいりましょう!



【トークイベント】5/22(月)19時〜

 

5月21日(日)が湘南、22日(月)が代官山です。

先に代官山の詳細が出たのでアップしておきます。

詳しくは↑をクリック。

なんとTarzanの大田原 透編集長 にご登壇いただけることになりました。

ありがとうございます。

 

あと・・・、あんな人、こんな人、乱入あるかも!

 

皆さんぜひ♪

 



トークショーのお知らせ

 

出稼ぎ商人、岩本です。

新刊のトークショーを行います。

Amazonページはこちら

 

引っ込み思案&口下手、人見知り&無口ゆえ、この手のイベントは1ヶ月前から眠れないくらい苦手でして、だから全国3,000ヶ所でと言われたのですが湘南と都内の2ヶ所で行います。

 

5月21日(日)湘南 11:30〜

5月22日(月)都内 19:00〜

 

前述した通り、岩本1人ではまったくおもしろくないのでとっても有名なあの方やあの方などにお手伝いいただいてお茶を濁そうかな、と企てている次第です。

来週あたり、詳細をお知らせできるかと思います。

(日時は確定です。多分)

 

あ、本の方はお陰様でいい感じの滑り出しです。

今回の本は「要領よく」「効率的に」とか言ってません。

ちゃんと距離踏んで苦しい準備をしないとね、無理です。

だってウルトラですから。。。

 

あと、Onクラウドフラッシュ試し履きDay、今日からです。

詳細はこちら



本日発売です

新著、講談社より発売されました。

ウルトラマラソンに特化した本です。

完全攻略ウルトラマラソン練習帳

徹底的にマジRUNにこだわった本です。

もちろんFUN RUNを否定する気はまったくなく・・・、というより僕自身レースも練習もFUN RUN大好きですし。

でも、FUN RUNは教わらなくても、本読まなくても出来るから、という理由でマジRUNに特化しました。

だからかなり偉そーで(自分には甘いくせに)テッテーテキに厳しいテイストになっております。

13週間、準備を積み上げて、

「ちゃんと(速い遅い関係なく)レースにしよう」

というもの。

レースが終わって、帰り道で仲間と別れ、1人になったとき、

「おめでとう、俺」

と自分に言えるような準備もたまにはいいかも、ってことで!



えびす・だいこく100kmマラソンに出店します

5月28日(日)に行われるえびす・だいこく100kmマラソンの前日受付会場にMY☆STARショップを出します。

貧乏ショップなので岩本が店長&店員です。

取り扱い商品は「あっ!」と驚くアレとアレ(←と言いつつまだ決まってない)。

レースが近づいたらまた告知します。



【告知】Onクラウドフラッシュ 試し履きDayのお知らせ(追記あり)

【追記】

クラウドフローはサイズサンプル到着が間に合わないため今回はクラウドフラッシュのみとなりました。

 

 

 

 

昨日知らせした通り、あす4月6日に世界同時発売されるOnクラウドフラッシュの試し履きDay inOkinawaの詳細が決まりました。

 

◎日時

4月19日(水) 17:00〜21:00 クラウドフラッシュ

4月20日(木) 17:00〜21:00 クラウドフラッシュ

4月21日(金) 17:00〜21:00 クラウドフラッシュ 

4月22日(土)   9:00〜16:00 クラウドフラッシュ 

 

◎場所

アールビーズ沖縄事業所1階

〒900-0004 沖縄県那覇市銘苅1丁目3−13

098-943-0022(当日のご連絡)

(クリックすると↑アクセスサイトに飛びます)

 

◎試し履きの流れ

・お好きなお時間においでください(もちろん無料です)

・クラウドフラッシュ、クラウドフローの全サイズをご用意しておりますので足入れ、また隣接する新都心の走路での試走も可能です

・フィッティングは必要に応じて岩本が対応します(現在生涯累積走行距離11万キロ超なので確かかと)

・ご購入希望の場合、お送り先ご住所等、サイズなどをご注文書にご記入いただきます

・後日ご購入者にクラウドフラッシュをお送りします

・代金は当日お支払い、後日お振込みのいずれかをお選びいただけます(クレジットカードは利用できません)

 

◎お買上げ特典(当日差し上げます)

・岩本オススメRUNアイテム(SUPER MEDALIST、オルガニックジェル、ニューハレニーダッシュ)

・岩本オリジナル L-グルタミン原末、オルニチン原末セット(各5g)

※ご使用法などはその場でご説明差し上げます。

 

◎その他

・お問い合わせはメールアドレスcontact☆club-mystar.com(☆を半角@に変えてください)までどうぞ。

・当日、場所がわからない等のお問合せはアールビーズにお電話ください。098-943-0022

・Onの取扱店がない所でもご希望があれば開催可能です。お問い合わせください。

 

 

 



Onクラウドフラッシュ インプレッション

 

お待たせしました。

4月6日に全世界一斉発売のOnクラウドフラッシュのインプレッションです。

(記事の最後に試し履きイベントについて軽く告知しています。詳細は明日のブログで)

すでに一斉発売に先駆けて東京マラソンEXPOではワールドプレミアとして、数百足が世界中のどこよりも早く日本人の手(足?)に渡りました。

が、EXPOに足を運べなかった人から「どんなシューズですか?」の問い合わせが多数ありました。

ということで岩本的視点から大解剖(実際には分解していない)してみたいと思います。

 

まず、『岩本的視点』よりも『世の中的視点』が重要でしょ?という人のために・・・、

これらの記事↓に飛んでみてもいかと思います。

ISPOプロダクト・オブ・ザ・イヤー受賞の記事

Onジャパン駒田博紀氏によるOnクラウドフラッシュについて その1

Onジャパン駒田博紀氏によるOnクラウドフラッシュについて その2

 

 

それではさっそくインプレッション。

まず、既存モデルのクラウドレーサー↓はトライアスロン界では数々のメジャータイトルを獲得したモデルとして知れ渡っていまが、

 

岩本的に「クラウドレーサー(以下レーサー)の後継モデルがクラウドフラッシュ(以下フラッシュ)?」と思いました。

実は昨年末、横浜のOnジャパンオフィスを訪ねた時、まったく未公開段階のフラッシュがあって手に取ったことがありました。

足入れはしなかったので、やはりレーサーの後継モデルか、上級モデル?と思ったものです。

つまりアシックスでいうところの、

レーサーがターサー、フラッシュがソーティーに該当する系譜かな、と。

 

でも履いて走ってみて印象はガラリとかわりました。

「むしろフラッシュの方が足にやさしくないか?」というのが第一印象。

これには岩本的見知ですが、2個理由があって、1個はアウターソールのヒールリップ部。

このヒールリップ部、フラッシュはカカトの突端までアウターソールがラウンドしていて、

レーサーは着地時のブレーキとスライドロス(←ストライドロスではない)を考慮して敢えて存在していないことが見てわかると思います。

どっちがレーシーでどっちがファンランで、という視点ではなく、乗り味の優しさにおいてはフラッシュのすごい所かな、と思いました。

2個目に関してはシューズの内部を見た瞬間、「お〜っ!!!?」となる部分があって、それが正に着地衝撃を緩和しながらも、地面にチカラを伝える働きの邪魔をしないあるパーツが搭載されています。

このパーツ、敢えてここでは紹介しないことにします。

ぜひ、店頭で足入れしてみてください。

見て「お〜っ!!!?」ですが履いたらもっと「お〜っ!!!?」ですから。

 

さて、次こそが岩本が最も気に入った点です。

これまでシューズは乗り味の優しさを追求することでスピードや路面に伝えるチカラをロスさせてしまっていました。

(そのあたりは各メーカーも課題として充分認識しているので最近は研究や改善が急速に進んでいます)

 

このフラッシュの↓この部分

この黒い部分が一枚のプレートで、外から丸見えなのだけどミッドソールとアウターソールにサンドされるようにつま先からカカトまでソール形状そのものの高反発プレートになってます。

このプレートがグニャッと曲がったあと、元の真っ平らな形状に戻ろうと反発してくれることで地面を押すアシストをしてくれます。

だから足指や土踏まず、ふくらはぎなどの使っていてはエネルギーだけ消耗して限界点の低い小さな筋肉を使うことなくスピードを維持し続けることを助けてくれるのですね。

まぁ、グジャグジャ書いた所で履いてもらわなければわからないだろうからここの説明はこの辺にして次にいきましょう。

 

 

Onのラインナップで弱点と言えたのが雨天時の路面との相性。

道路の材質によっては滑ることもあって、ヒヤリとすることがあったのだけど、

滑りにくい素材(右のフラッシュの黒い部分)が採用されています。

あ、直接シューズのポテンシャルとは関係ないけれど、このアウターソール、軽快に走れている時は高いくてプラスチッキーな着地音がします。

個人的にはこれ、速くなったようで非常に楽しいです(笑)。

 

さて、あと見逃せないポイントがあって・・・、

以前も紹介したけれど、レーサーに穴を自分でグリグリあけて追加するカスタマイズ。

スイス本社からもオフィシャルカスタマイズということで認めてもらったのだけど、フラッシュにはこの「岩本ホール」(←勝手に今命名w)が採用されています。

小さなことだけどRUN中にシューズの中でカカトが浮くことがなくなるので、↑で紹介したプレートのパワーがロスすることなく発揮されます。

(だからしっかりフィットさせてね!)

 

 

最後に!

これでレース走ってきました。

Monument Valley Ultra(←レース参戦記) 

おいおい!砂や岩だらけのトレイルにこのシューズかよ!?

ってお声はあるでしょうけど、まぁ50kmだったし、こういうシビアコンディションで履いてこそのインプレッションだしね。

(それに3年前にはレーサーでZionの100マイル走ったし)

 

その結果

残念なモニュメントバレー色に。。。

 

耐久性、もちろん問題なし。

走り方によるだろうけど、ソールの減りも問題なし。

(レースまでにロードを140kmほどゆっくり走っています)

 

発見!不思議な種。発芽するかな?やってみよう。

 

とゆーわけで、いーですよ〜!

レースにもジョグにもファンランにもね。

で、那覇での試し履きイベント、明日このブログで発表しますが、平日夜に2〜3日間、土曜に朝〜夕方まで、という形で新都心のアールビーズオフィスで行います(多分4月17日から始まる週です)。

メンズ、レディース、全サイズサンプルを揃えましたので好きに履いてみてください。

もちろん隣接する新都心公園を走って下さっても結構。

ずっと岩本がいますので説明やアドバイスもできます。

気に入ればその場でご注文をお受けし、Onから直接皆さんの元に商品が届く形です。

明日のブログまでお待ちくださいね。

(あと、近くにOn取り扱いショップがないよ!という地方の方でぜひ試し履きイベントを!という声があればやっちゃいますので。。。それも明日ね)

 



4月1日 そのウソ、ほんと?

 

エイプリルフールだから本当にウソだとおもわれそうね(笑)。

 

まず、侍ジャパンの中核、中田翔選手がオルガニックに乗った!

あ、オルガニックが中田選手に乗ったのか(笑)。

 

認めてもらったわけですから売り切れ必至!

さぁ!皆さんお店に急げ!

公式通販サイトはこちら

(色メガネでこの画像を見るとまんま合成にしか見えないから不思議)

 

そして2個目・・・、

本州の人には関係ないと思うのだけど、那覇にOnジャパンが割烹をオープン(4月15日)させます。

ランナー向けのヘルシーメニューで皆さんをお迎え。

この看板、↑悩んだ結果4月6日発売のクラウドフラッシュのカラーリングをヒントにしました。

 

メニュー&食材監修は岩本ですが、

店長は人材が確保できるまでしばらくはOnジャパンの↓前原靖子です。

 

4月中にご来店の方には当店オリジナル、Onクッキーを差し上げます。

 

場所は↓こちら。

 

(詳細は後日。岩本はお店にいません)



Monument valley ultraレースを軽くリポート

モニュメントバレーウルトラトレイルに参加してきました。

もしかしたら日本からのツアーを、ということでの視察的な仕事なんだけどね。

道中スッタモンダがありましたが、一応無事に帰って来ました。

(スッタモンダについては後日テキトーに振り返りましょう)

どんなレースについては→過去記事で。

人気レースです。

アメリカの国立公園なので、つまりアクセスが激しく悪いのですが、北米のみならず南米や欧州からも参加者があります。

今年はフランスの人たちのグループが集団RUNをしていました。

一緒に行った面々。。。(岩本は写っていない)

パワーが強い地だけに髪も葉加瀬太郎→楳図かずお→リッ◎先生状態の岩本。

ホテルからコース方面。。。

スタート前(スタート地点)

スタート。走りやすいコース。

だんだん曇ってきてしまったのは残念だったけど。。。

お約束の山登り。あの上までね。走れません。

上からはこんな感じ。

ナバホが馬に乗ってたり

道中の何割かはなかなか進まないビーチな感じの砂道。

とてもいいコースでいい運営でした。

何度か書いている通り、このレースはシリーズ戦になっていて年間6本あります。

そのうちの3本はすでに走っているのだけど、とにかく楽しいレースばかり。

ま、そんなわけで今回もとても楽しめました。

おもしろいぞ!と思う点をいくつか・・・、

ゴール後、すぐに完走証(ナバホ族が作ったマグカップ)を受け取り、さらにビーサンもくれる。ちゃんと5サイズ、5カラーから選べるそこそこちゃんとしたもの。

皆さんも経験あると思うけど、レース後ってシューズから脚を解放してあげたくなりますよね。もちろん僕も例外ではなく、この日もちゃんとビーサン持参でした。

でもこーゆーサービスがあると嬉しいですよね。サンダル持っていかなくて済むし。

さて、ゴール後の話が続きます。

ビーサンに履き替えた後、ゼッケンについているミールクーポンで「ピザ」食べられます。

といってもそこらのピザではなく、まずアルミプレートと生地を渡され、その上に自分でオリジナルの「具」を乗せて、スタッフに渡すとすぐさま石窯でこんがりと焦げ目がついた焼きたて状態にして出してくれます。トマトソース、チーズ数種、いろんな葉っぱ系野菜、トマト、マッシュルームなど、自由に乗せてオリジナルを焼いてもらえます。

そして焼きあがると今度はジュース。

ジュースの「具?」とベースを選び、これまたオリジナルを作ります。

「具」は例えばラズベリー、イチゴ、バナナ、リンゴなどの果物、ベースはオレンジジュース、ココナッツミルク、アーモンドミルクなど、それぞれ選びジューサーの容器に。

で、どうやって作るかというと・・・、

具とベースが入ったジューサーの容器を自転車の荷台に取り付けます。

ここからが激しい→→→ゴールして脚ボロボロのランナー本人が必死で自転車を漕ぎます。時間にしておよそ5分、乳酸マックスになるくらい必死に漕いでジュースを作るってやり方。

里奈どん必死。荷台に乗ってるジューサーの容器が高速回転中。

まぁゴール後数分間でこれだけ面白い趣向が凝らされています。

その他、ゼッケンも非常に小さく、スポンサー名やロゴなどはなくてちゃんとオシャレ。

だから持って帰って記念に飾るのにもカッコ悪くない。

このあたりは国内レースでも導入できる点だと思うのでぜひ採り入れてもらえたらもう少しレース自体もオシャレになるのかな、なんて思ったり。

あとは参加賞Tシャツなのだけど、基本参加賞Tシャツって賛否ありますよね?

袋から出さずに溜まる一方、とかよくてパジャマ代わり、ひどいと雑巾代わりになっちゃったりだけど、一応デザイン的にも素材的にもちゃんと着れるレベルです充分に。

参加者の名前で文字ができているのね。

で、コースなんだけどこれはレースの公式サイトで動画や画像を見てもらった方がいいかも、です。

圧巻。その言葉しか出てきませんでした。

基本ひとりで走っているのだけど「すげぇ」とか「マジこれ?」とかね、独り言が勝手に口をつくワケです。

馬に乗ったナバホ族に遭遇したり、野生の馬が草を食んでたり、ウサギやコヨーテなんかとも遭遇できます(岩本はレース中コヨーテには遭遇しなかったけど)。

とても走って上れないような急斜面が1箇所(3kmくらい)、砂浜?ってくらい足が取られて進まない砂地(砂漠)がけっこう長く続いたりするけれど、基本走れるコースです。

まぁそんな感じ。

楽しかったですよ。